FC2ブログ

俺の隣は。。。 (19)

昼前に終わり、昼食を外で済ませた政行は、自分の部屋で少しばかりゴロゴロとしていた。
13時少し前になると部屋を出る。
行先は利根川の部屋だ。

利根川、骨皮、利根川、骨皮…と心の中で言いながら歩く。
少し歩くと、会議室と応接室がある。
倉庫もあり、ここまでは昨日来たので分かってる。
すると、廊下の絨毯の色が違うエリアに入った。
もしかして、今迄のエリアは常務エリカか。
昨日、明智が教えてくれた話を思い出していた。
絨毯の色で、常務と専務は分かれている、と。

紫色の絨毯から、赤紫色の絨毯に歩を進める。
なぜか背筋が伸びるのが自分でも分かる。


利根川専務というプレートが立っているのが見えてくる。
深呼吸してノックする。
秘書がガラス窓のスライドを開けて顔を出してきた。
 「はい?」
 「利根川専務はいらっしゃいますか?」
秘書は聞いてくる。
 「どちら様でしょうか?」
 「桑田です」
 「どちらの桑田様ですか?」
 「え、どちらのって…」
 「アポは取られていますか?」
 「社内の人間です」

埒が明かないと思ったのか、秘書はインターホンを慣らし、専務室に声を掛けてる。
 『はい』
 「専務、桑田様と仰られる方が来られてます」
 『くわだ?』
 「社内の人間だと言われてますが、アポは取られてない様です」
そのやり取りを聞いてた政行は思わず言っていた。
(これは、会う事も無く追い出される)
 「利根川、今日の俺の仕事を受け取りに来たんだ」
 「ちょっと、勝手に」
すると、専務室のドアが開いた。
政行の姿を見た途端、利根川は目を見開いて固まった。

 「専務、どうされたのですか?」
秘書が声を掛けるが、利根川は黙ったままだ。
あ、もしかして俺の服装を見て驚いてるのか。
そう思った政行は声を掛ける。
 「もしかして驚いた?俺だって持ってるよ」

その声で利根川は自分を取り戻したみたいだ。
 「持ってるなら、ずっと着とけ。宝の持ち腐れになるぞ」
 「それを言うなら、タンスの肥やし」

それに…、と政行は利根川専務の秘書の居る前で話していた。
今迄の事を。

利根川は溜息を吐いただけだった。
 「就活生に混じっていたのか…。全然、分からなかった」
 「こんなスーツでなく、普通のリクルートスーツ着てたから」
 「そうか…」
 「で、今日の俺の仕事は」
 「ない」
と、きっぱり言われてしまった。
 「え、そんな…。それじゃ、何をしたら」
 「事務処理なんて、誰にでも出来る」
 「え、でも」
 「もし、本格的に腰を据えてやる気なら、他の奴にアピールするんだな」
 「アピール?」
 「そうだ。現時点では、俺だけだ」
その言葉で、政行は分かったみたいだ。
キラッと目が光ったのか。
 「分かった」

そう言うと、深呼吸して利根川専務と秘書に声を掛ける。
 「今日から、常務として働きます、桑田政行です。
よろしくお願いいたします」
思わず専務と専務秘書の3人は返していた。
 「こちらこそ、よろしくお願いします」


よし、まずは社長室からだ。
と言ってる政行の声が聞こえてくる。
そんな政行に、利根川の声が待ったを掛けてくる。
 「社長は居るかどうか分からんぞ」
 「居なければ高瀬に言って調整してもらう」
 「まずは電」

利根川の声を無視して、政行の声がはっきりと聞こえてくる。
 「で、直談判だ」


後ろでは、利根川と秘書の声が聞こえてくる。
 「え、今、直談判って言った?」
 「は、はい。私も、そう聞こえました。」


あ、その前に役員全員に挨拶しとくか。
そう呟くと、紫色の絨毯に戻ると、自分の部屋に一礼した。
そこから、他の常務と専務たちに声を掛け挨拶していく。

さあ、残るは社長室だ。


そんな政行を、挨拶を受けた皆は見守っている。
 「本当に出来るのか?」と、桑田専務が。
 「思わず、こちらこそよろしく、と返してしまったんだが…」と、高橋常務が。
 「なにやらリクルート集団に混じって2週間居たみたいだ」と、利根川専務が。
 「お遊び感覚なら止めてもらいたいな」と、本田専務が。
 「能無しのままなのかな…」と、安藤専務が。
 「もう泳ぎは止めたのか…」と、久和田常務が。
 「社食で十分だと思うが…」と、瀬戸常務が。

それぞれ言っていた。












ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

重役と挨拶を交わし、皆から頂いた言葉。
 「こちらこそ、よろしくお願いします」

さあ、今度は社長と挨拶だね。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
関連記事

0 Comments

Leave a comment