FC2ブログ

俺の気持ちはブレない 番外編 弐


 「いっやー、本当に盛大な人数だったねえ…」
 「何がだ?」
 「学長の葬式だよ。参列者」
 「ああ、そうだったな」
 「ボスも健在だったし」
 「あの顔には驚いたけどな…」
 「学長の葬式で、また俺達5人が一緒に顔合わせて、この飲みが設定出来たからな」
 「学長様々だな」
 「そうだな」

大学を卒業して33年後。
招集が掛かったのは、学長の訃報の知らせだった。
教育学部に入学して一年後、5人の男が頭脳明晰とルックスの良さで選ばれた。
医学部の10人と経済学部の5人。
それに倣ったのか、人気学部である教育学部も選出したらしい。
お調子者で明るい高橋冬吾(たかはし とうご)。
60歳近くになっても、明るくお調子者は健在だ。
その高橋の言葉に応じてる人物は、海堂響(かいどう ひびき)。


 「悪い、悪い。遅れた」と言いながら入ってきたのは、4年生の時、教育学部ではトップだった人物、田宮壮一郎(たみや そういちろう)だ。
その田宮から数歩ほど遅れて入ったきたのは、小林則夫(こばやし のりお)と福田雄飛(ふくだ ゆうひ)の二人だ。


 「まずは学長お疲れ様でした、と乾杯しようや」
 「ほんとに、高橋は相変わらずの調子者だな」と、田宮が呆れた口調で返す。
 「そこが良いんだよ」
と、ウインクしながら高橋は返してやる。

 「子供は二人だっけ、三人だっけ?」
 「三人だよ。まあ、取り敢えず飲み物渡すぞ」
高橋が、そう言うとタイミング良く声が掛かる。
 「お食事、お持ち致しました。」
その声に、高橋は先に応じる。
 「あ、はい。お願いします」


食事を並べ終え「ごゆっくりどうぞ」と声を掛け退出する。
その豪勢な食事を見て、5人が5人共嬉しそうな顔だ。
 「へぇ、御馳走だな」と、高橋が。
 「久しぶりに会うからかな」と、海堂が。
 「それに四捨五入すると60歳になるからな」と、田宮が。
 「え…、もしかして、これって…、そういう意味も含まれてる?」と聞いたのは高橋だ。
その言葉に応じたのは、小林だった。
 「赤い奴、着たいか?」
 「いや、結構です」


各自、飲み物を手に取る。
卒業時トップだった田宮が声を掛ける。
 「それでは・・・。学長、長い間お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします」

 「そして、還暦おめでとー!!乾杯ー!」
4人の声が重なる。
 「還暦、言うなー!」と、小林が。
 「まだ、なってないぞっ」と、海堂が。
 「一浪したけど、まだ56歳だっ」と、高橋が。
 「田宮だけ60歳なんだろっ」と喚いている福田に、田宮は答える。
 「俺は三浪したからな。も少しで59歳だよ」


酒も進み、食も進んできた。
その時に、一人が立ち上がる。
 「なあなあ、近況報告しようぜ。高橋でっす♪
息子一人と娘が二人いて、孫が、この冬に誕生する。爺ちゃん予備軍だよ」

高橋が椅子に座ると、左隣の人物が立ち上がる。
 「海堂だ。息子が一人だが、この春俺達と同じ東響大学に入学した。体育学部の一年生だ」

海堂が座ると、左斜めの人物が立ち上がる。
 「田宮だ。まだフリーだが、息子が一人居る。でも、息子とは離れて暮らしているので、一人を楽しんでる」

田宮が座ると、左隣の人物が立ち上がる。
 「福田だ。隣に居る小林と一緒に事業を興している」

福田が座ると、左隣の人物が立ち上がる。
 「小林だ。福田とは同棲中だ」

小林の言葉に三人は驚いてるが、福田は顔を真っ赤にしている。
誰の声なのかは分からないが、聞こえてくる。
 「もしかして…、その、ホモ・・・。ゲイ、なのか?」

その問いに小林が応じた。
 「福田は婿養子で、俺の姉貴と結婚したんだが…、子宝に恵まれず、その内、倒産したんだ」

その場が静かになり、無言になってしまった。


その無言を壊す様な明るい声が聞こえてくる。高橋だ。
 「お前等、二人とも仲良かったからな。今は福田に戻ったという事は、フリーなんだろ?
で、事業を興したって、どんな職種なの?」
高橋の言葉に小林は答える。
 「出版社だよ」
 「へー、このご時世に出版社って、大変じゃない?」
 「電子と紙の両方なんだ」
 「やっていけてるのか?」
福田が、その問いに応じた。
 「実は…。この7月に興したばかりなんだ」

海堂が身を乗り出してくる。
 「スポンサーとかは?」
 「今のところは大学と、小林が定年前退職した所だ」
 「大学って何処?」
 「俺達のだよ」
 「へ?東響大学?」
 「そう。教育学部だよ」
田宮が乗っかってくる。
 「まあ、卒業した所だからな」

 「そうそう。で、これ持って来たんだ」
そう言って、福田は三人に渡した。

 「何、何?」
 「俺達に?」
 「還暦祝いか?」
田宮の、その言葉に高橋と海堂は睨んでやる。
くすくすっと笑いながら、福田は言ってやる。
 「あ、分かった?」
苦笑しながら小林は、「福田、お前ね・・・」と呆れ乍ら、三人に言ってやる。
 「出来たばかりなんだ」
そう言うと、三人は袋から取り出した。


それは、1冊の本だった。
蒼い表紙に『4人の幼き戦士』とタイトルが書かれてある。

小林と福田は説明せずに、反応を見ている。
高橋が先に声を掛けてきた。
 「あれ、この訳者の名前、どこかで・・・。と、この手記って…」
 「その手記は、ドイツ人だよ」
海堂が声を掛けてくる。
 「あさみって、誰?」
 「このブログのブロガーだよ」
 「ほー…、そいつが書いたのね」

福田が言ってやる。
 「それは、出血特大サービスとしてプレゼントしてやるよ」
小林も言ってやる。
 「還暦祝いとしてな。んで、帰ってから読めよ」

田宮が言う。
 「この宣伝の為に来たのか」
小林が先に口を開いた。
 「違う。この宣伝の為にも、だ。お分かり?」

わはははっ…。

 「小林は、口が達者だねー」

5人は、飲み食いして盛り上がり、一夜を過ごしたのであった。
翌日、5人共が二日酔いになったのは言うまでもない。
















 ~Fin.~





気になってると思いますので、簡単に自己紹介させます。
高橋冬吾
 息子は、高橋一比古。政行の担当リハビリ医です。

海堂響 
 息子は、海堂伸一。この春、3PのSSでデビューした人物です。

田宮壮一郎
 子供は、宗一。政行の義弟として桑田家に居た人物の実の父親です。

福田雄飛
 バツイチだが、子無し。

小林則夫
 大学時代から福田一筋の、ホモな人。





 ⇓次作です⇓
banner00.jpg


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

関連記事

0 Comments

Leave a comment