FC2ブログ

俺の気持ちはブレない 第二部(22)

ガチャガチャーンッ…!


え、何の音だろう。もしかして誰かが割った?
そう思うと、音がした方に駆け寄った。

 「あ、ごめんなさ…、お皿が落ちて…」
(落ちて?落としたのではないのか?)

 「ねえ、グラス足りないんだけど」
 「申し訳ございません。すぐ出します」
そう言って自動洗浄乾燥機からグラス立てを出す。
横からグラスを一つ取られ、思わず言っていた。
 「ちょっとっ、飲み口に指紋を付けないで」
グラス立てをお冷の下にセットして、お客様にこちらからどうぞ、と指し示す。

注文を受けて、それを皿に盛りつけていく。
支払いを済ませて、お客が座りたい席に座るのだけど、支払う前にテーブルに持って行こうとするのを見て、他の皿に盛り付けて支払いを済ませて貰う。
 「どうぞ、こちらの方をお召し上がりください」
 「はい」


 「ちょっと、勝手な事をしないでっ」
 「でも」
 「でも、じゃないっ!」と言って、その皿を奪い取り破棄する。

その数分間で、俺の怒りはマックスになっていた。
 「いい加減にしてよねっ!帰って、二度と来るなっ!」
 「でも…」
 「自分が何をしたか分かってるのか?お皿8枚とお椀を1セット割ったから、弁償してもらう。
合計1万円を持って来て」
 「あ、買ってきます」
 「買うのは俺。お前は金を持ってくるだけ」
 「お兄」
 「俺は一人っ子だ。弟なんて居ない。とっとと1万円を持ってくるんだな」
 「でも」
 「これ以上、俺を怒らせる気かっ」
 「ご、ごめんなさっ…」

そいつは財布から万札を1枚渡してくれるので、領収を切ってやる。
 「良いか、二度と来るなっ!」


その後、店先で塩を撒いたのは言うまでもない。


高瀬と利根川は、そんな政行を見て話している。
 「ふ…、今のあいつなら継がせても誰も文句は言わんと思うぞ」
 「止めてやれよ。あいつは継ぐ気は無いと言ってたぞ」
 「何時の話だ?」
 「2週間ほど前だ」
 「まあ、頑固な所は親子そっくりだな」
 「そこは否定しないけどな…」
その苦笑気味に言った高瀬に、利根川は痛い事を突いてきた。
 「何シケてんだよ。まさか告って振られたとか?」
 「何の事だ?」
 「お前はあいつにベタ惚れだったからな。誰が見ても、お前の片思いだと分かるぞ」

ぶっ…。
思わず噴いてしまった。
 「そんなに分かるか…?」
 「俺は、お前をずっと見てきてるからな。それに、こんな所まで食べに来るなんて、未練を引きずってる証拠だな」
 「煩いっ」

それでも、俺は政行を抱いたんだ。
政行は覚えてないみたいだけど。
政行、お前は俺に強請ってきたんだよ、「欲しい」って。
まあ、何年も放ったからしにしてたからな…。

高瀬は思い返していた。
頬を紅潮させて乱れていた政行は、俺に言ってきた。
 「よ…、し…、欲しい」と…。

政行、俺の政行。



チリリンッ♪

 「いらっしゃいませ。あ、あれ?」
 「花見弁当3個」
 「3個ですか?」
 「うん」
 「ごめんなさい、1個しか残ってません」
 「じゃあ、カレーライスを持ち帰りで」
 「メニューに無い事を言わないで下さい」
っとに、無理な事を言ってくるんだから。
そう思ってたら、嘉男さんは言ってくる。
 「俺は食べて行けば良いけど、アサミとサガミが腹空かしてるからな」
 「お握りなら出来るけど…」
 「それなら、二人に聞いとく。俺は食べるから」
 「賄いでも良いですか?」
良いよ、と嘉男さんは言いながら店から隣室へと移動している。
堂々と、表から隣室へ移動しないで欲しいな。


賄いを作り、隣室の方へ持って行く。
 「昼食ですよ」
 「サンキュ。あの二人は食べに出るって言ってた」
 「そう。あのね…」
キスされた。
 「っ……」


今朝は早出で仕事に行ったので昨夜も求めてこなかった。
それを思い出すと、身体の中が疼く。
 「ふ…」

暫らくすると、唇は離れていく。
 「政行、顔が真っ赤だ」
 「もう…、意地悪っ」

俺は嘉男さんに抱きしめられ、先程まで感じていたイライラ感が薄れていくのが分かる。
 「あのね」
 「何?」
 「博人先生とクリニック・ボスが食べに来てくれたの」
 「二人とも食いっぷりが良いからなあ」
 「で、明後日あっちに戻るって」
 「そうか…、会いたかったな」
 「恋人によろしく、って言われたので伝えとく」
 「ありがと。あの先生は飲み助だからな。また来てくれるかな」
 「クリニック・ボスは日本酒と濁酒しか呑まないみたいだしね」
 「ウィスキーも飲みそうな感じだけどな」
 「洋酒は苦手だって言われてた」
 「へえ、意外な…」



高瀬はシンクの中で聞き耳を立てていた。
政行、そいつの名前は何て言うんだ。
新田…、新田…。
新田、なんだろう…。





Hiroto_2_22.jpg

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

関連記事

2 Comments

きよ  

No title

前から思っていたんですけど、高瀬って、可哀想ですよねェ?

2016/06/23 (Thu) 17:32 | REPLY |   

あさみ  

Re: No title

きよさん

初めまして、ようこそお越しくださいました<(_ _)>

高瀬ですよね~
ほんと、可哀相ですよね
他の方も高瀬に対しては同様の言葉を頂いて・・・

 「そうだよ!俺も幸せになりたいんだ。俺が可哀想なら、作者!なんとかしろっ」(by高瀬)


怒られちゃいました(;・∀・)




2016/06/24 (Fri) 09:59 | REPLY |   

Leave a comment