FC2ブログ

合宿、それは自分への挑戦 (9)※R18!性描写有ります。苦手な方はスルーして下さい※

※R18!!性描写有ります。18歳未満&苦手な方はスルーして下さい※

英さんが声を掛けてくれる。
 「夏生…」
 「なに?」
 「楽しかったか?」
 「うん!また来たいな」
 「そう言ってくれると嬉しいな」
 「ひか・・」

キスされた。
 「ん…、ん・・」

ダイビングスーツを脱がされると、暑さから解放された。
外気温が、ひんやりと肌を刺す。
思わず言っていた。
 「んー・・・。風が気持ち良い」
 「もっと気持ち良くさせてやるよ」
 「え・・、あっ………」

ダイビングスーツの上衣を脱がされながら、Tシャツの裾から英さんの手が触れてくる。
 「ふ、ぅ…」

英さんの唇が、俺の肌を吸ってくる。
 「ん、ん、ん…」

ダイビングスーツの上から優しく俺の下半身を擦ってくる。
 「あ・・・」

ダイビングスーツの下衣も脱がされては、短パンになった。
短パンの上から擦られては、良い気持ちになってくる。
 「くぅ・・・」

なにか、がさがさとしてるみたいだ。
あ、まさか昨夜と同じ物を被せてるのか…?
 「ひか・り…」
 「ん、もう少し待ってて」

キュッと少しきつく感じる。
もしかしなくても、被せてくれたんだな。
そう思うと、恥ずかしさがこみ上げてくる。
だが、それは違うと直ぐに分かった。

 「あ、ああああっ・・・・」


俺のが、弾け飛んだからだ。
その俺のを手に取って英さんは、俺の孔を広げるものに使ってる。
 「ひ、ひか・り…、ん・・」
 「ん、ローションなんて持って飛べないからな。もう少しで中に挿すから」

それは、もう少しで英さんの塊が俺の中に入ってくる、という事だ。
英さんの指が、俺の中に入っては動いてる。
 「あ、あ、あ、あ…」

その指が、1本が2本、3本と増えてくる。
そして、塊が。

 「うぅ…」
 「力抜いて」
 「は、は、ふぅ・・・」

力が緩んだのが自分でも分かる。
それが分かったのだろう、英さんは動いてくる。
しっかりとしたスライドで、俺の中を我が物の様に動いてる。
 「あ、あ、あっ…、ああっ」

英さんの汗が、俺の身体にポタ...ポタ...と落ちてくる。
 「ふ、ふ、ひ・ひか、り、さ…」
 「なつ・・・」

 「あっ!あ、あ、あ・・」
 「なつ・・、なつ・お…」

 「あ、あ、そ、そこ・だ…」
 「ん・・・」

 「あっ・・、あああっ!」
 「ふぅ、ふぅ・」

 「あぅっ…、あ、・・ああっ!」
 「ぐっ…」

コンドームを被せていた英さんのは、俺の中に飛び散らなかった。
俺のは、今度は飛び散る事はなかった。


すると、急に声を掛けられた。
 「大きな声を出すんじゃないっ!」
 「…ったく、英が欠伸野郎と、そういう関係だとは思わなかったな」
 「たしか、昨夜もやってたよな」
 「そうだな。聞こえてきたからな」

碧先生と環先生だ。

え、それって、もしかして?
英さんは自分のを抜いては、俺に服を着させてくれた。

英さんは2人に言ってる。
 「そっちの声も聞こえてきましたよ。まさか環先生が受けだとは思わなかったけどね…」
 「環先生…」
 「なんだ、欠伸君?」
 「上に乗っかろうとは思わないのですか?」
 「上?」
 「俺、1回だけ上になって中に出したんですよ。征服感が感じられて、もう最高だった」
痛っ…。
英さんにデコピンされた。
 「言わなくても良い」
 
だが、環先生は言ってきた。
 「ほー。英は攻めと受けの両方か」
 「違うっ。攻めonlyだっ」
 「はいはい。碧、今夜は俺が乗っかる」
 「はあ?」
 「その征服感とやらを味わいたい」
 「乗っからせても良いが、お前は咥える方だからなっ」
 「それだと、征服感は感じられない」






☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、今日は三日目のフリーディ♪
そこで、ナツは『空』を選択しては・・・。

ある窪みに着地して・・・。
はい、やってますねRちゃんを。
初めての外でのエッチ。
しかも、誰かが聞いてるかもしれないだろうに。
物の見事に英&夏生チームのを聞いては、たまらず声をだした碧&環チーム。

そして何やら環ちゃんは碧ちゃんに強請ってますが、どうなるのでしょ(*≧m≦*)



※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ




関連記事

0 Comments

Leave a comment