FC2ブログ

合宿、それは自分への挑戦 (8)※夏生の挑戦、其の三※

そして、三日目。
さあ、今日はフリーだ。

朝食後、各グループに分かれてのミーティング。
水が最も多く40人で、次に陸は22人で、空の16人だ。
環先生と碧先生は空だ。
6月に手渡された「9月の合同合宿」の申込書には、フリーの項目にチェック欄があった。
もちろん、英さんにメールして、同じ所に印を付けたのだ。

 「ナツ、お前…」
 「ん?お兄ちゃんは陸なんだね、夕食まで楽しんでね~」

お兄ちゃんが選んだ『陸』。
それは合宿所を真ん中にした大自然だ。
約5000mの平道に、小高い山が聳えては登山。
木の枝で作られたハードルに、同じく木で作られたトンネル道。
そして、木で作られたアスレチック。
昼食は、各自で買って食べる。
合宿所の入り口である坂道を下りきった所には、大型のショッピングセンターがあるからだ。

そして『水』。
それは、自炊とプールの事だ。
昨日は屋外プールで英さんと居たが、屋内プールを挟んだ向かいにはキャンプ地があり、そこで昼食を作っては食べる。何を作って食べるのだろう?

そして、俺と英さんが選んだ『空』。
合宿所から山道を登る事、約1時間。
その頂上から、もう少し行った所には、なだらかな峰が並んでる。
その内の一つに向かってると、一機の航空機が見えてくる。
乗る前に説明を受けては、その間にトイレとか着替えをする。
ダイビングスーツを着るのだが、どう見てもぶかぶか…。
でも、服の上から着ると良いよ、と言われたので、服の上から着る。
そして、ダイビングスーツの上からパラシュートを備えている救難装置を身に付けては、ちゃんと着れてるかどうかをチェックしてもらう。
航空機は40人乗りなので、16人が一斉に乗る。
さ、いよいよだ。

航空機が離陸すると揺れるが、それすらも楽しい。
上昇中、耳がキーン…と鳴るが、配られたジュースや飴玉を口に含んではやり過ごす。
環先生が言ってくる。
 「俺と碧はタンデムだから皆はグループで飛べ。と言っても、空中撮影には一緒に写るからな」

上昇し終わったみたいで、周り一面は雲だらけだ。
それでも、少し下降したらしく、遠くの家や学校やスーパー等の違いが分からない。
小さく見える。
思わず声が出てしまった。
 「ワアッ!凄い…。建物が平面に見えるっ。まるでミニチュアみたいだ…」

声が掛かる。
 「20分後には飛んでくださいね」

はい。
あ、ワクワクしてきた。

最終点検をされてはヘルメットを被る。

20分後。
真っ先に飛んだのは、A校の顧問の碧先生だ。
続いてC校の8人が飛んだ。
今度はA校だ。
さあ、飛ぶぞ~!

そんな俺に声を掛けてくる。
 「ナツ。先に飛べ」
 「もちろんっ」
 「嬉しそうだな…」
 「だって、楽しいっ。じゃ、お先に」

そう言って、俺はハッチまで出てきた。英さんが視界に入ってきた。
 「さあ、俺達も出陣だっ」
ピョンッと、ハッチから飛び出ると、笑い声が聞こえてきた。

ぶわはははっ…。

 「さすがナツだな」と、同じ短距離の則夫が。
 「笑わせてくれたお蔭で、緊張が緩んだわ」と、長距離の慎が。
 「ナツキ先輩が居ないと天然ぶりを発揮する奴だな」と、同じく長距離の祐樹が。
 「いんじゃね、ナツらしくて」と、副部長が。
 「そうだな。それじゃ、俺等も飛ぶか」と、短距離の航が。
全員が飛んでは、最後には環先生だ。


1人のパイロットが声を掛けてくる。
 「隣の人と手を繋いで円になって下さい」
俺の右隣には英さんが居て、左隣には碧先生だ。

 「怖がらないで、下を向いて下さいね。写真撮りますよ」
3,4枚ほど撮ってくれた。

 「絶対に、二人一緒に下降してくださいね」
 「航空機が先に着陸するので、それを目指して下さい」

皆で一緒に下へ向かった。
そして、パラシュートのスイッチを押して広げる。
少しの間、ぷかぷかと浮いては地面を見ていた。
パラシュートの調整は、英さんに教えて貰いながら航空機の近くまで辿り着いた。

そして、ダイビングスーツを脱いでは昼食タイムだ。
トイレ休憩を挟んで、午後も、もう1回飛ぶ。
その休憩時間には、新しい救難装置を配ってくれる。
碧先生が声を掛けてくれる。
 「気分はどうだ?」
俺は即答していた。
 「最高ですっ」
他の5人も応じてる。
 「緊張したけど、楽しいっ」と、則夫。
 「少し浮揚感が残ってるけど、大丈夫」と、祐樹。
 「気分が良いね」と、慎が。
 「そうだな、空から見るなんて事は無いからな」と、航。
 「今度はタンデムで飛びたいな」と、副部長。
環先生が応えてくる。
 「おいおい、タンデムは難しいぞ。経験者と組まないと」
 「C校の人となら大丈夫でしょう?」
 「それは良いけど、十分に気を付けろよ」

副部長は、C校の方に視線を向けると、誰かが顔を赤くさせては俯いた。


さあ、午後も1時半になった。
いよいよ、二度目だ。

英さんが小声で言ってくる。
 「今度はタンデムだ」
 「うん」

タンデムとは、二人一組になって飛ぶ事だ。
環先生と碧先生、副部長とC校の誰か、C校の二人、そして俺と英さんの4組がタンデムに。
残り8人はグループだ。

ハッチから飛ぶ時は少し怖かったけれど、英さんと一緒だったので安心していた。
パイロットが数枚、パシャパシャと写真を撮ってくれた。


英さんのリードで、俺達は、ある窪みに到着した。






☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、今日は三日目のフリーディ♪
そこで、ナツは『空』を選択しては・・・。


ちなみに、今回は『夏生の挑戦、其の三』ですね。
ネタは、『男の花園~』に書いていただいたコメントです。
 今回のネタ=『スカイダイビング』
そのコメントを書いてくれたますみ様、ありがとうございます~
そのますみ様のブログはこちら⇒沈丁花




※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ




関連記事

0 Comments

Leave a comment