FC2ブログ

合宿、それは自分への挑戦 (7)※R18です!性描写あります。18歳未満&抵抗のある方はスルーして下さい※

※R18!性描写あります。18歳未満及び抵抗のある方はスルーして下さい。※


その夜、英さんは言ってきた。
 「昨夜はしなかったんだ。キスマーク付けての泳ぎは、さすがに駄目だろうなと思ってね。
それに、ぐっすりだったし…。でも、今夜はするから」
 「昨日は疲れてて…」
 「うん。だから、今夜は寝させない」

その言葉に、その表情にドキッとしてしまった。
 「ひ、ひか・・」

キスされた。
ベッド脇にある電気のスイッチをオフにして、スタンドライトを灯しては押し倒される。
 「ん、んふっ・・・」
 「それに、俺が上だからな」
 「ん…。……もしかして、まだ根に持ってる?」
 「あんな思いは、したくない」
そう言って、英さんは俺の首筋に唇を這わせてきた。
 「あ・・・・」
鎖骨から胸へ、腹から脚へとキスをされていく。
 「あ、あ…、ひ、ひか・・、り…」
 「付けてあげよう」
そう言われたが、何の事か分からなかった。
何かを俺のに被せてる感がする。
 「ん・・、な・・に?」
 「ん、これだよ」
と言っては、俺の腰を持ち上げて見せてくれたのは…。

ぶっ・・・・。

 「なっ、なんで」
 「必要だろう。汚したら怒られる」
まあ、それはそうだろうけど…。
うわぁ、恥ずかしい…。

英さんは、くすっと笑って言ってくる。
 「なに、これぐらいで真っ赤になってるの?」
 「そう言ってくれるけどね…」


英さんの手は、俺のを扱いてくる。
 「ん、ん、ん・・・・・」

俺は、自分のにアレが被らされてると思うと、もっと羞恥心が出てきた。
その内に、英さんの指が俺の中に入って来ては動き出す。
 「あ、あ、ああ・・・」

そして、英さんのが挿し込まれてくる。
 「くぅ・・・」

英さんが動く度に、英さんの汗が、俺の身体に落ちてくる。
 「う、うう…、ふぅっ・・・」

 「あっ、あ、あ、そ、そこっ・・・・」
 「なつ…」
 「ひ、ひか・・」

ラストを掛けてるみたいな動きになってきた。
英さんの走りを見る事って無いけど、この腰の動きで分かるような気がする。
体の線は細いが、安定したリズムに鋭さとスピード感。
それに短距離では感じる事の無い、長距離での持久力と耐久力。
なんて、悠長に考える事は出来なかった。
 「あっ・・・、あ、あ、あぅっ・・・」
 「な・・・、っ・・」
 「あ、あ、あ、・・・あああっ」


凄く腰に来た感がある。
でも、俺の中に放たれた英さんのモノは、俺の中に飛び散って無い。
という事は、英さんも被せてるのか。

俺と同じ…、コンドームを。


汗びっしょりの英さんに抱かれて、俺は眠りの縁に居た。
だが、英さんは言ってくる。
 「夏生。もう1回するぞ」
 「眠い…」
 
くすっと笑われてしまった。
 「まあ、良いか。明日は飛ぶからな」
 「そうだよ…。飛ぶんだよ。気持ち良いだろうな…」
 「ああ、最高に気持ちが良いぞ」
 「ん。楽しみ・・・」


眠りに落ちる時、俺の頭にはプールでの言葉が浮かんできた。
 『 俺は来年、あそこへ行く』
 『誰かを好きになる事はない、と思っていた。でも、言わないといけない。そう思って…』
・・・英さん。
長野で生まれ育ったのか。






☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
R18です。
18歳未満&抵抗のある方はスルーして下さい。

そして、合宿二日目の夜。
うん、たしかにキスマークを付けての泳ぎは誰かに何か言われそうね。




※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ




関連記事

0 Comments

Leave a comment