FC2ブログ

恋人は副会長(135)※大学祭 於: 東大※


あれから1年経った今でも、俺は5人に犯された事をしっかりと覚えてる。簡単に忘れられる事ではない。
大学生になった文雄さんは、酒や女に溺れることは無く、合コンに誘われても断ってるらしい。
俺の頭では、到底叶わないトップレベルの大学、東大。
それでも、東京大学ではなく、同じ国立の東興大学だ。
今日は、その東大の大学祭。
文雄さんは1時間ほど早くに大学に行った。
待ち合わせの時間まで、まだある。
賢い人が山ほど居るんだなあ…と、人の群れを見ていた。

小中学生の姿も見える。
 「お父さん。僕は、ここを目指して勉強頑張るからねっ」
 「楽しみにしてるよ。もう一つの東大でも良いよ」
父子の会話が、耳に飛び込んできた。
俺の小学生の頃は、アメリカに居た。
ピアノで生計を、と思ってた時もあったっけ。
今の自分には、この父子の会話は耳の痛い言葉だ。

いきなり、風が強くなり髪がボサボサになってしまう。そう思うと、手櫛で撫で付けた。
すると、ピタッ!と、人の群れは止まり、人々の目は、ある一点に注がれていた。

俺は気付いてなかった。
誰かが呼んでる。

 「松井君。松井君、久しぶりだね」
 「卒業以来だね」
 「今日は、引き抜きの為の打診かい?」

その人達は、俺に言ってくる。
 「人間、年を取ると背は縮む、と言うけれど、君も例外ではなさそうだな」
 「ほんと、安心したよ」

え、この人達、誰の事を言ってるんだ?
 「松井君、何とか言って欲しいな」
 「それとも、久しぶりに会えて、感動のあまり声が出ないって事かな?」
 「こんな所に1人で居るだなんて、不用心だな」

視界に、文雄さんの姿が入って来た。
思わず叫んでいた。
 「副会長、助けてっ!」
声が届いたのだろう、走ってくる。
 「この声って・・・」

俺は文雄さんに腕を引っ張られて、抱きとめられた。
 「こいつに、何か用ですか?」
怪訝そうな声が聞こえてくる。
 「松井君?」
 「松井君の声って、もっと低かったような…」
 「失礼。人違いしたみたいだ」


文雄さんが、俺を上向かせる。
 「弘毅、お前…って、なに、こっちの髪型になってんだっ」
その言葉に、4人は反応してきた。
 「弘毅?もしかして、松井君の息子さん?」
 「ああ、なるほどね。だから似てるのか」
 「人違いだったけれど、松井君の息子さんだとは思いもしなかったよ」
 「先程は失礼したね」

文雄さんは、俺の髪型をくしゃくしゃにしてくれてる。
その様子を見ていた先程の4人は、さっきの髪型にして、とリクエストをしてくれる。
理由が分からず、撫で付けると…。その4人は納得したのか、声が重なる。
 「昔の松井君だ。」
その内の一人が、こう言ってきた。
 「その髪型で学内を歩いてごらん。皆が道を空けてくれるよ」
 「振り返ってもくれる」
 「今、この場に居る人達がそうである様に、凝視されるよ」
 「学長や理事も飛んで来るだろうな」

何のことか分からず、俺は黙っていたかったが、思わず口から出ていた。
 「あ、あの…?」
 「松井弘毅君。松井グループの総帥である松井孝之の一人息子でしょ?」
文雄さんが、驚いてる。
 「えっ…?弘毅、お前の父親って…・・」
 「ごめんなさいっ。言うと引かれる、と思って言わなかったの」


違う声が聞こえた。
 「おや、松井君だ…と、思ったが、松井君のそっくりさんか」
先程の4人の内の一人が応じた。
 「あ…、メガネ理事、ご無沙汰しております。新田です。」
 「おおっ。松井君にくっ付いていた、あの金魚の糞の新田君か」
 「よく覚えていらっしゃる…。理事、彼は松井君の息子さんですよ」
 「ああ、君が松井君の息子さんね。同じ髪型で驚いたよ。」

俺はパニクッていた。
なにしろ、目の前に居るのは、大学の理事長だから。
その理事長は、俺の隣に立っている文雄さんに目を向けた。
 「これは、宮田の…。どちらかな?兄かな、それとも弟の方かな…」
 「弟の文雄です。今年度、こちらの教育学部に入学しました。」
 「文雄君と、松井君の息子さんね。今日は学祭だ、楽しんでくれ。それでは。」

文雄さんは俺の頭を押さえ込んでは一緒にお辞儀をさせては、理事長に言っていた。
 「ありがとうございます。」




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、大学の学祭。
はい、何を隠そう。

この大学こそ、あのイケメンコンテストを催してる大学です。
覚えてますか?
『君と一緒に~』シリーズの俊平が堂々と優勝をかっさらったコンテストですよ~
そして、『俺様ボス~』シリーズの主人公10人+αの入学した大学ですよ~


そして、いよいよ・・・。
次回は最終話。
 (ちなみに、リアルの世界でも、明日&明後日は、私の子供の高校の文化祭です)



※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ


関連記事

4 Comments

ますみ  

No title

覚えてますよ―!
私がこちらにコメし始めるきっかけになったのは友朋でしたから。
懐かしいですネ・・。

そうそう、友朋さん、リハビリのお誘い、ありがとうございました(ペコ)。
明日からびょーいん行くのでなかなかここにも来られないかもしれませんが、まとめ読みも楽しそうなのでうずうずしながら再会を待ちます♡(こんなとこでついでに・・なご挨拶、スミマセン)

弘毅くん。
思わぬ親の七光り。ばれちゃったらココに入学はしにくいね。 そして文雄さん、「副会長」呼びで飛んでくるなんて~!(ぷぷっ)
あ、そうか、今弘毅の両親、居ないから知らなかったんだ。 って、どんだけ似てるんだろ?

2015/09/12 (Sat) 11:28 | REPLY |   

ますみ  

No title

きゃー!  間違えたっっ。

行くのは月曜日/14日からでした~~! 恥ずかしー

2015/09/12 (Sat) 11:31 | REPLY |   

あさみ  

Re: No title

ますみさんへ

明日からは忙しくなるので、今日中にお返事書かせて貰います。
なにかと友明のファンが多いのですが、それよりも博人様の方がファン数が多いのには私もびっくりです。
これ、友明には内緒です( ̄¬ ̄) クチチャック♪

そうですよね、ますみさんのコメントから友明や博人目当てで来られる方々が多くなったのです。
ますみさんのお蔭です。
ありがとうございます。
あと、友明の出しゃばりもあるでしょうねo(*^▽^*)oあはっ♪


いや、ばれる以前の問題でして、弘毅の頭の中身の問題ですよ。
国立大学には入れないという(ばらしてどうする私w
そして、文雄さんは・・・。
慣れ親しんだ呼び名なので、飛んできたかもですよ
(*≧m≦*)ププッ


弘毅の父親譲りの顔。
絵描きが下手な私にとっては、一番難解なものです(-_-;)
伝えられないのが、悔しい。
だけど、そっくりさんですので(これだけ書いとくw


2015/09/12 (Sat) 21:23 | REPLY |   

あさみ  

Re: No title

ますみさん

大丈夫ですよ。
恥ずかしい事は無いです。
人間、誰でも間違える事はしますので。それに、生きてる限り誰でも間違いはあります。

早めですが、
行ってらっしゃい、そして無事の退院を祈ってます。

from 友明



最初に書かれてしまいました。
気障な事を書いてますが、大丈夫ですよ~
慌てず、急がず、ゆっくりと、ね(^_-)-☆

ちなみに、今日は昼間、子供の文化祭へ行ってきました。
明日が当番なのですが、今日は忘れ物を届けに行くついでに、男子高校生の萌を探しに。
広い敷地内の校舎で迷ったのですが・・・。
そのお蔭で探し物が見つかりました♪

体育館裏では、ハートマークが飛び交ってました。
しかも、第一体育館裏では男女カップル。
第二体育館裏では男2人のカップル。

じーーーーーーっと、見てました。
そしたら、おもむろにkissing time・・・

(///ω///)&・・・(-_-)ジィー

(*´σー`)(。・ρ・)ジュルものでした。

生は、本当に衝撃でしたぁ





2015/09/12 (Sat) 21:34 | REPLY |   

Leave a comment