FC2ブログ

続・年上攻め×年下攻めカップル(14)※店名、決定!※

明が言ってきたんだ。
 「一緒に暮らしたい」と。
憶えてる筈だ…。


お父ちゃんは、手伝うって言ってた。
でも、あんな事を言われた後で「手伝って」とは言えなかった。
だけど、お父ちゃんは進んで手伝おうとしてくる。

俺の気持ちが分かるって、どういう意味だよ。
それに、息子の恋路を邪魔するな。


そして、店の名前の候補として2つ。
 『Astre』(アストレ)
 『Galaxie』(ギャラクシ)
宇宙に関する言葉だけど、あんまり強すぎるとお客さんが限られてくるかもしれないと思い、優しい雰囲気をもつ言葉の方に決めたのだ。

 『Astre』(アストレ)

日本語では天体という意味だ。
「a」から始まるので、検索でも最初に出てくる。
俺にはピッタリかも。
という事で、プラネタリウムのミニチュアを作った。
それを作ってる間は、何も考えなくて良い。
お父ちゃんは午後から仕事に行くので、昼飯も一緒に食べる事になる。
 「うん。やっぱり料理は、お前のが一番だな。」
弁当がないので、昼の楽しみが無いんだ…。
と、言ってくれる。

複雑な心境だ。
俺は、日本には帰らないつもりでいるのに。
なんで、俺をフランスで生んだ?
なんで、俺だけがフランス人なんだ?
俺の、何が分かるって言うんだ?
俺、見かけはこうだけど、中身は繊細なんだよ。


それに、お父ちゃんが悪いわけではない。
俺が男を好きになった。
その俺が悪いんだ、とは微塵も思ってなかった。
でも、諦めない。
明の気持ちはどうなんだろう。
声が聞きたい。
顔が見たい。
姿を見たい。


その女性の保高さんは、結局どうするのか。
直接には聞かない。
会社経由して話がきてるのだから、会社に聞いてやる。

それに、その女性の父親は1ヶ月間滞在する、と言ってたから、後3週間弱は居る。
それに、ここをホテル代わりにするんじゃないっ。
穂高さん父子は、ホテルに宿泊してる。
お父ちゃんとか、明の父親なら分かるが…。

なに、あの女。
滞在費を払って貰おう。
1ヶ月分の家賃を払って貰うぞ。

お父ちゃんにも、それとなく聞いた。
 「それも、そうだよな。」
と、言ってくれた。

力強い言葉を貰い、一安心した。


しかし、その前に…。
開店だ。




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
明の婚約者が現れて、イライラが募るツトム。

そして、店の名前も決まった。
あとは、開店の日を待つだけ!

※※※※※
ランキングに参加してます。押してくださると、嬉しいです♪
ポチッと押してね↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


↓↓携帯用のランキングです。クリックしてくれると、嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ
にほんブログ村 BL小説
 
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment