FC2ブログ

ホワイトディ・スペシャルSS ※テル&マサ編※


ガチャ。

マンションの一室に入り、ここの住人が帰ってくるのを待った。
まだ、戻ってきてない時間だ。

ベッドに横になってると寝てしまうので、ソファに座ってテレビでも見るか。
買ってきた物をサイドテーブルに置き、5分ほどしたら玄関のドアが開いた音がする。
帰って来たのか、早いな。
声が聞こえる。
 「あれ?この靴って、まさか…」

鼻歌が聞こえる。
俺の作曲したタップに乗せての歌だ。

~♪
Oh- wow oh- wow wow…
Oh- wow oh- wow wow…
俺達は、宮田学園付属男子高等学校の生徒!
女子も好きだけど、男子も好き!
恋愛も良いけれど、友情の方を選ぶのさ。
Yeah!

Oh- wow oh- wow wow…
Oh- wow oh- wow wow…
マサ君やぃ、ベッドで寝ているのかな。
覗きに行きますよ、これから。
貴方の恋人が狙ってる。
マサの貞操を頂くぞ!
Yeah!

Oh- wow oh- wow wow…
Oh- wow oh- wow wow… ~♪


まあ、ほんとにご機嫌な奴だな。
しかも、最初だけオリジナルで、残りはアドリブになってるし。
俺もノッてやるよ。
~♪
ソファで転がってる、ベッドではない。
今日は、お前の誕生日。
プレゼントも用意してる。
早く、こっちに来てくれよ。
渡したい、このプレゼント!
Yeah! Yeah!

Oh- wow oh- wow wow…
Oh- wow oh- wow wow…

テルの驚いた声が聞こえる。
 「え?誕生日プレゼントって…」
あ、今日は3月13日。
そっか、俺の誕生日だ。忘れてたよ。

 「マサ、ありがとう~!」
と言いながら、ここの住人のテルは、俺に抱き付いて来た。

~♪
Oh- wow oh- wow wow…
Oh- wow oh- wow wow…
嬉しいな、でも最後まで歌わせて。
宮田学園付属男子高等学校生徒会書記のテル!
恋人は、高校1年生になるマサフミ!
双子の片割れフミオ君は、今日も真面目に仕事してたよ。
あいつは硬派で勉強好きな奴だけど、どこか憎めない。

Oh- wow oh- wow wow…
Oh- wow oh- wow wow…
マサフミの弟だからという理由でもない。
あいつも、マサと同じで、抜けてる所もある。

そのアドリブの歌詞に対してデコピンしてやった。
 「いてっ…、叩くなっ」

俺には、マサとフミオが居れば、それで十分なのさ。
ギタリストとピアニストと、俺のボーカルで、いつも一緒さ!
Yeah! Yeah!

Oh- wow oh- wow wow…
Oh- wow oh- wow wow…

ルルルルルルルルルー ~♪


 「ああ、満足♪」
ほんとに満足気な表情をしているテルを見て、俺は思わず笑ってしまった。
 「テル。」
 「ん」
 「はい、誕生日プレゼント。17歳の誕生日おめでとう。」
 「ありがとう、マサ。」
もう一つも、テルに渡した。
 「で、こっちもな。」
 「なに?」
 「開けてみ。」
なんだろ…と呟きながら、テルは包みを開けている。
mate_whiteday.jpg


ワオッ!!!!!!
 「アイスだっ!しかも三段!」
 「お前、それ好きだろ。」
 「うん、大好きっ!」
 「それ、ホワイトディのプレゼント。」
 「え・・・」
 「お前にはいつも料理作って貰ってるから、そのお返しだよ。
それに…、一緒に食おうと思って三段にしたんだ。」
1人で食おうとするなよ。
そう言いながら睨んでやる。
マサは俺の睨み顔に笑顔を向けてくる。
 「もちろん。アーンして食わしてやるよ。」
で、俺はすかさず言ってやった。
 「その後は、俺がお前を食ってやるから。覚悟しとけ。」


ふふふっ…。
マサのエッチィ~。
そう言いながら、テルは嬉しそうだ。
今夜は、テルを満足させては…。

俺も満足した。
やっぱり、俺にはこいつだけだ。
文雄、お前にも…俺と同じようにパートナーが必要なんだよ。
あの宮田の家は、俺は嫌いだ。
俺は、テルの歌を聴きながら、ギターを掻き鳴らして過ごす方が性に合ってる。
でも、高校だけは卒業する。
大学なんて行かないから、お前は行きたい大学へ行けば良い。
俺の弟は、お前もそうだけど、優も頭良いからな。
お前も、優も、2人とも、俺の自慢の弟だ。



俺の隣りでは、俺の左腕を枕にしてテルがスヤスヤと寝てる。
その満足そうな寝顔にキスを落としては、俺も眠りについた。
その寝顔にそっと呟く。
 「お休み、テル。俺は、自分の為に高校を卒業したい。だから、一緒に居てくれ。」



☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
初出演の2人です。
そして、ホワイトディのスペシャルSSです!
・・・どこがスペシャル?
そう思われる方が多いと思います。
が、スペシャルなんですよ、スペシャル!!

実は、次なる物語の主役級に値する2人なんです。
詳しく書くとネタバレになっちゃうので、書きませんが。
マサの、双子の片割れがメインの物語になります。
もちろん、この2人も出ます♪

次作を、ご期待ください!

まずは、『続・年上攻め×年下攻めカップル』を終わらせないと、次作はアップしません。
7割がたは書き終えたが、肝心の3割がまだで…、しかもタイトルが決まってないとも言う(暴露w
どっちみち、来月になります。
本編は、しばらくお待ちください<(_ _)>

しかも画像…使い古しで、本当に申し訳ないです(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

※※※
ランキングに参加してます。押してくださると、嬉しいです♪
ポチッと押してね↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


↓↓携帯用のランキングです。クリックしてくれると、嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ
にほんブログ村 BL小説
 
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment