FC2ブログ

~男の花園~ (31)※最終話※

そして…。
ヨウイチのラーメン屋には、ドイツから帰郷してきた2人のシェフが入り、3人に。
マサの警備警護会社には、ドイツから帰郷してきた3人のガードマンが入り、18人に。
ユタカのコンピュータ会社には、フィルを含め4人が入り、7人に。
ユウマの病院は、2年半後には完成する。
タカは、エドからオファーを掛けて貰い、新しくできるユウマの病院のオペリーダーとしての実績を作ろうとしている。
ジュンヤは、モデルの経験を活かしては、服飾ブランドを興す。
ここ、パースで…。
カズキは、「ユウマの病院が出来ると、ヘルプ先が増える」と、楽しみにしている。
ワンは、クリニックとGPの両方で勤務しながら、エドから経営者としてのノウハウを教えて貰う。

博人さんは、自分には何も言ってこないので、自由に動き回ってる。
もっぱらオペだけど…。

でも、エドは言ったみたいだ。
 「私はバトラーだが、ヒロにも、ちゃんとあるぞ。」
何も聞いてないヒロトは、素直にそれを言った。
 「それは何だ?私は、何も聞いてないぞ。」

ニヤつきながら、エドはヒロに言った。
 「ヴァレットだよ。お前には、うってつけの役だろ。」
ヒロトは絶句した。
 「なっ・・・。」

エドは、呟いてる。
俺様なドンに仕える、ヴァレット。
いいじゃないか、この言葉。
…あ、いいこと考え付いたぞ、この場所の名称だ。
 『~男の花園~』

どうだ、良いネーミングだろう。


その後、エドはヒロトに追いかけられていた。
エドの言い分は、こうだった。
 「お前もそうだが、私も結婚はしないんだ。男だらけにして、何が悪いっ。」

女性ナースだって、女医だって居るのに。
エドのバカッ!
と、ヒロトから言われながら…。
追いかけられては、中庭からヘリポートのある裏庭までを含め、敷地内を追いかけっこしてる。

しかし、そう言われるとエドも黙ってない。
 「彼女らの居る所は、GPであり、クリニックだ。私が言ってるのは、本宅の方だ。」

その追いかけっこを横目で見ながら、番犬である5匹のドーベルマンは寝ていた。


しまいには、こうも言ってくれる。
 「ああ、そうだ。バトラーは本宅では私室が貰える位置の人間なんだ。私も、本宅でっ…。」
そこまで言ってると、ヒロトが本気でダッシュを掛けてきた。
 「それだけは許さんっ!」

ダッシュを掛けて追いついたヒロトは、エドにタックルを掛けては…。
得意の内払いで勝ち取った。
倒れては寝転んだエドは、笑いながら言っていた。
痛いなぁ……。
 「参った、参った…。降参。」
ほんとにヒロは、トモが好きなんだねぇ…。


ヒロは、ポカポカの陽気に包まれたエドの腹上に寝っころがっては、昔の事を思い出していた。
 「エドー。一緒に演奏しようよ。」
 「おお♪それじゃ、私のバスとデュエットしようか。」
 「うん。」
~~~♪♪♪
 「エドのバスって、凄く安心できるね。まるで、大地みたいだ。」
 「そうか…」
 「うん。大地が無いと人間って、歩けないでしょ。」
 「ありがとう。それじゃ、ヒロのバイオリンは人間ではなくて、空だな。」
その言葉に対して嬉しくなり、こう返していた。
 「それなら、他の楽器が人間であり、動物だね。」
 「そうだな。」
 「エド…。」
 「なに?」
 「いつになるか分からないけど、その時は一緒に演ろうよ。他の楽器と一緒に。」
 「そうだな。その日が楽しみだな。」


ヒロトは、エドに言っていた。
 「エド…。」
 「ん?」
 「昔、エドに言った事があったよね。」
 「たくさん、あるけど…どれだ?」
 「『いつになるか分からないけど、その時は、他の楽器と一緒に演ろうよ。』って、私が言ったのを覚えてる?」
 「・・・あの時ね。うん、覚えてるよ。」

 「形に、なったね。」
 「そうだな。」

ああ、こんな言葉も思い出したぞ。
そう言っては、エドは言ってきた。
 「マルクが言ってきた言葉だ。覚えてるか?
『音楽だけで生きてけるものか…。お前等は、お気楽でいいよな。能天気野郎。』って。」

その言葉に対して、ヒロトはこう返していた。
 「マルクは、楽器が下手だからな。」
エドは、こう返してきた。
 「まだ仲良しで、くっ付いていた時期だったんだけどな…。」
ふふっ、と含み笑いをしながらエドは呟いた。
これからが楽しみだ。
しかし、ヒロ…。お前、重いな・・・。

それを聞いたヒロトは、寝っころがっていた態勢から下腹部に移り・・・。
そして、全体重を掛ける様に座り直した。
その重みで、エドは思わず声を出していた。
 「ぐぇ……。」

その時、エドは気が付いた。
トモの両親の墓の前に、新しい墓があるのを。
ここから文字が見える。
その墓には『アラン・デイモス』と、名が刻まれていた。
 (ごめん、忘れてたよ。トモが、建ててくれたんだな。良かったな、アラン。)


そして・・・。
5月のオーストラリアは、今日もポカポカで良い天気だ。
絶好の昼寝日和だ。
 














ー 完 ー



※※ あさみからの、裏話コメント※※
シリーズも、最終話となりました。
長い期間、お読み頂きありがとうございました<(_ _)>

私の感想というか・・・、なんか感無量の極地です(^^ゞ
あとがきをご覧ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
   

↓↓携帯からでも、反応されるみたいです。
携帯で、お読みの際はこちらでよろしくお願いします。
にほんブログ村 BL小説
関連記事

0 Comments

Leave a comment