FC2ブログ

~男の花園~ (29)※男を手玉に取る女性、登場※

トモの声が聞こえてきた。
 「ユタカ、ここに居たのか。お前を捜してる人がいるぞ。」
 「誰?」
 「あそこの赤のドレスを着てる奴。」
…ドレスって女?
指差された方を見ると、ユタカはビックリした。
ボス、私ではなくサトルの間違いでは?
お前だとさ。さっさと行け。
うへぇー…、と呟きながら、ユタカは赤いドレスを着てる女性の方へ行った。


 「トモ、話がある。」
 「フィルか。手短にお願いしたい。私は腹が減ってるんだ。」
まだ食べてないのか?と、思いながらフィルは言った。
 「私は、ドイツを卒業した。王子の会社では雇ってくれそうもない。クリニックで雇って欲しい。」
 「フィル。クリニックでは、ユタカの会社とリンクしている。」
 「分かってる。」
 「それに3人居るんだ。あと3人増えるし…。」
 「トモ…。」
 「シンガポールから出る気か?」
 「だって…、もう、あそこに私は必要ない。」
 「必要されないと、お前はダメなのか?」
え・・・。
 「お前、私に言ってきただろう。『 コンピューターで世界を知りたい。』と。今は違うのか?」
 「あの頃は、そう思ってた。」
 「なるほど。欲が出て来たって事か。」
待ってろ、と言い残して、トモはどこかへ行った。
少し待ってると、トモは片手に数種類のケーキが入ってるトレイを持ち…。
もう片手には、誰かを引きずって来た。

あ、さっき1人でバイオリンを弾いていた人だ。
それに、王子も一緒だ。
そのバイオリンを弾いてた人が話し出した。
 「で、さっきスーザンと話していたのが、この人を日本に、という事か?」
トモが応じてる。
 「候補だ。」
 「なる。候補ね。」
王子が言ってくる。
 「欲が出るのは良いんだが…、結局6人になるんだよな。増えすぎ…。」
 「私は2人でやってるんだ。日本にも要らない。」

その人が言ってきた。
 「私はサトル。日本でコンピュータをしている。恋人と一緒にしてるんだ。君は?」
え、私?
 「フィルです。シンガポールでコンピュータをしてます。」
サトルという人が、聞いてくる。
 「シンガポールで仕事をしたい?」
 「別に、どこでも…」
 「場所は、どこでも良い。仕事はコンピュータが良い?」
 「…はい。」
その人は、後ろを向いては誰かに声を掛けてる。
 スーザン、来て!
なによー、まったくもぅ…。
と、ぶつぶつ言いながら、スーザンと呼ばれた赤のドレスを着た美女が、こっちに向かって来た。

 「スーザン。アジア圏内に、もう1か所どう?」
 「・・・場所位は聞いてあげるわよ。で、どこ?」
 「シンガポール。」
 「…あのね、サトル。私の話を、聞いてた?私は欧州だと言ったのよ。欧州だと!
ユタカがイタリアへ戻ればベリグッドなの。」
王子が、それに応じてる。
 「スーザン。私は戻る気はないと言ってるでしょ。」

話しが見えないフィルは、戸惑っている。
 「あ…あの?」
すると、王子が言ってきた。
 「フィル。お前やっぱり帰郷しろ。」
 「え、なんで?」
すると、王子はスーザンと呼んでる女性に向かって言いだした。
 「スーザン。彼はシンガポールで働いてるが、フランス人だ。」
 「え・・・!」
 「それに、私がコンピュータを教えたんだ。」

スーザンは、フィルを興味深々とした目で、じっ…と見つめてくる。
ユタカは呟くように言ってる。
 「それに、私の所には3人か4人で良いんだ。フランス国籍は2人だったか…。
彼等も帰郷させて、フィルと3人でフランスで開拓すれば良い。」
そうすれば一石三鳥だ。

すると、トモが声を掛けてくる。
 「そうだな、フィルを含め彼等にとっても自国でコンピュータの仕事が出来る。
スーザンにとっても、希望してる欧州にコンピュータ会社が出来る。
ユタカの所も2人減っては4人になる。」
一石三鳥だ。
それに、フランスと同盟リンクを掛けると、色々と良いだろう。

サトルが口を挟んでくる。
 「あ、それは良いね。日本とも同盟結んでくれれば嬉しいな。ユタカ、そうすれば?」
 「……。」
ユタカは無言のままサトルを睨んでる。
なにか、自分にとって嫌な気配がしてならないのだ。

話しが、勝手に進められていく。
トモは、先ほどの女性と話をしている。
 「サトル、トモと話を付けたから。今度は、あなたの番よ。」
へ?

 「行ってらっしゃい」
と、トモとユタカがサトルを送る。



※※ あさみからの、裏話コメント※※
前回同様、エピローグです。
スーザンという女性が、ここで登場してきます。
最初の妄想時点では登場してなかった人物です。
サトルやユタカを困らせてやろうと思い、登場させました。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

このスーザンは、サトルの実の母親です。
18歳でサトルを生んだ、アメリカ女性。
現時点では、60歳。
まだまだ現役でアメリカで女医&病院経営者(ボス)をしてます。
そして、アメリカでは…。
男性を手玉に取る女性として、活躍中です。(←別の物語に登場&執筆中です)
(*≧m≦*)ププッ
今回は、そのスーザンが巻き起こす話です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
   
関連記事

0 Comments

Leave a comment