FC2ブログ

自分の道は自分で決める! (30) 

 信じられない。
 警察や刑事で9割方が埋め尽くされている所に単身で来るだなんて。
 余程、バレないと自信があるのだろうか。
 しかも、私を担いでくれる。
  「ちょっと、ショーン」
  「それを消毒してやる」
 
 ロビーには大勢の人が集まっている。
 その中をショーンは堂々と立ち去ろうとする。
 恥ずかしいなあ、もう。
 でも堂々と拉致られてたまるものか。
  「拉致罪で逮捕だ。被疑者ショーン・コナー捕獲っ」
 
 ショーンの片腕を上に上げた反動でロビーの床に落ちてしまったが、私は警視なんだ。
 今までみたいにされると困る。
  「何故?」
  「ショーン。私は警視だ。マサタカ・タカセ、インターポールでの警視だ。その人間を拉致できると思うなっ」
  「でも手錠は持ってない」
  「今はね。でも周りの人間は持っている。今日は警察関係者が9割を占めている。数ヶ国もいる約30,000人の警察関係者に対して逃げ切れると思う?」
  「1パーセントでも残っている限り、俺は逃げる」
  「どうやって?」
  「こうやって」
 
 私を抱き上げ方に担ぎ上げようとしているが、そうはさせない。
 蹴ってやる。
  「こら、暴れるな」
  「警視命令だ! こいつを捕まえろっ」
 
 皆が寄ってくる。
 もみくちゃにされる前にショーンから離れる。
 しかし、こんなにも大人数が囲み捕まえようとすると穴が開く。だから、その出口となる玄関で待つ。
 そんなにも経たないうちにショーンは出てきた。
  「ったく、あいつは……」
  「こっちだ」
  「え。どっちって」
 
 今度は5人がショーンの周りを囲む。
 だがショーンは不敵な笑みを浮かべる。
  「俺を撃ってみろ。いろんな奴から睨まれるぞ」
 
 その時、凜としたハスキーな声が割って入ってくる。
  「単身で来る方がどうかしていると思うけどな」
 
 その声に振り向くことなくショーンは応じている。
  「総監になれたのは誰のお陰だ?」
  「もちろん、君のお陰さ。だけど君はいつもスルリと逃げる。一人の人間に固執することなかったのに、どうして?」
  「固執なぞしてない」
  「インターポールにはジンクスがあってね。君に絡まれた奴は昇進するんだ」
  「へえ。なら俺はなくてはならない存在か」
  「だから、今日の決闘は警視になったマサの歓迎会なんだよ」
 
 その言葉に文句を言いたかった。
  「警視総監。私は」
 
 だが、総監は遮ってくる。
  「マサ。今日はお疲れ様。あのルノーと互角だなんて凄いな」
  「お互い本気を出していなかった。それだけです」
  「それでも凄いよ。パネルから目が離せなかった」
 
 いきなり身体が浮いた。
  「ほんとに凄かったよな」
  「わあっ。降ろせっ! てか、パネルってなに?」
  「それじゃ、アデュー」
  「降ろせって言ってるんだ。拉致罪で独房に入れてやる」
  「ははっ。威勢のいい奴だな。観客席から地上でのことが見れると思うな。こういった競技場にパネルは付き物だろう」
  「げ、まさか……。もしかして、皆に、見られた……?」
  「そうだ。それに、今まで何回も、ここの独房に入っているが住み心地いいぞ」
  「くそぉー」
 
 
 フランスの警視総監は、そんな2人を静かに見送っていた。
 そんな時、声が掛かる。
  「いつもは自分だったのに、どうしてマサなんだ」
 
 その声にハッとして後ろを振り向く。
  「固執されいい気分になっていたのに、マサがいなくなれば戻ってくるだろうだなんて思っているのでは?」
  「なんのことだ」
  「総監。いや、マイク。お前は何度ショーンにエッチされた?」
  「だから、なんのことだ」
  「俺は別に構わないが。マサはショーンのペットみたいだな」
 
 その言葉に苦笑していた。
  「ペットね」
  「まあ、安心顔になって」
  「別に」
  「今でも、あいつにエッチされてる夢を見るのだろう。あんなことや、そんなことなど」
  「煩いっ! お前に私のことが分かるものか」
  「俺だって、あいつにエッチされたことあるんだから分かるぞ」
 
 
 そう。
 ショーンに抱かれエッチされた刑事は自分だけではない。
 目の前にいる副総監もだけど、他にも知っているだけで6人がいる。
  「マイク、どこ行くんだ」
  「帰る」
  「お疲れ」
 
 
 
 


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




マサって鈍いわねー…
関連記事

0 Comments

Leave a comment