FC2ブログ

新作!! 自分の道は自分で決める!

お待たせいたしました。

新作開始です。


~あらすじ
父母が道しるべとして警察へ、警視庁へと尽力を注いでいた。
だが、一人息子の正孝は医学部へと進んだ。
 「医学部では人体について詳しく教えてくれる。被疑者や犯人を捕まえるには、もってこいな学部だと思うよ」と。

それが反抗期の始まりだった。
そのマサは、医学部に入ったがために普通の学生として過ごすようになった。

だけど、その行いを両親は目を瞑っていた。
後々は両親と同じ警察関係の仕事に就かせるためだ。

自分が親の言うとおりに進むということに反抗を覚えたのは大学在学中だった。
だけど、その抵抗に対抗する力がなく卒業後は父の言うとおりに監察医から初め、やがて警視庁へと入庁した。

その警視庁には、幼なじみのヨシが先に入庁して先輩風を吹かし、課全員からいじめを受けることになった。

 「親の七光り」
そう呼ばれていたマサは、夏休みにフランスへと観光に行った。
警察関係者なら誰もが羨むインターポール・フランス本部。
そこで知り合ったのはショーンだった。

そこから人生が狂うことになるが、まだ自覚の無いマサだった。

自分たちの思い通りにさせようと画策する両親(毒親)VS無自覚の一人息子(マサ)
そんなマサの物語。

【出会い】
1(R)2(R)3(R)7(R)8(R)9(R)10(R)11
【帰国】
12131415(R)16(R)
【フランスへ】
17
【シンガポールにて】
181920(R)21(R)
【決闘】
222324252627(R)28(R)29(R)3031(R)
【オーストラリアにて】
32(R)33(R)343536(R)37・・3839(R)
【警視総監の死の真相とは?】
40414243444546




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ






登場人物

ショーン・コナー
 銃を持たせれば超A級の腕前を持つホモ・スナイパー。
 ある事件でマサの存在を知ると、拉致って身体を奪ってしまう。
 本人曰く、「女も抱く両刀(バイ)」だそう。

マサ(小早川正孝)
 警視総監の一人息子で、将来は警察官僚になることを強制され、それを夢見ていた。
 大学では医学部に進み、卒業後は監察医として働く。
 その後、刑事として警視庁に入庁。

ヨシ(義隆)
 マサと幼馴染みで、マサと刑事になることを夢見ていた純粋な人間。
 マサが医学部入学したことを知ると裏切られた感を持ったまま某私立大学へ進み、卒業後は一発合格して警視庁に入庁する。
 マサが刑事課に所属したとき、ヨシは上司として虐めの標的にする。

その他諸々

 





関連記事

0 Comments

Leave a comment