FC2ブログ

クルーザーで太平洋巡り! (23) 

 そしてクルーザーは赤道沿いに、日本へと向かう。
 ポケットと徹君を降ろすためだ。
 
 ポケットが操縦して沖縄へと向かう。
 ヨットで飛行場のある沖縄本島へ向かい、見送る。
  「ボスに会えて嬉しかったよ」
  「ありがとう。悟に渡して貰いたいのだが、いいか?」
  「いいよ」
 
 今度は徹君だ。
  「徹君、これを優介に渡して貰えるかな」
  「はい、渡しておきます」
  「言っておくが、私の空手は無視していいからね」
  「かっこよかったので真似したいです」
  「無理だよ。悟も言うと思うが、誰にも真似できないから」
  「そんなことを言われると、俄然やる気になってきました」
  「ま、痛い目を見ることも勉強かな」
  「痛い目とは、どういうことでしょうか?」
  「そのときに分かるよ。それじゃ元気で」
  「友明さんも、お元気で。とっても楽しかったです。ありがとうございました」
 
 その態度を見て、思わず呟いてしまった。
  「優介は、本当にいい親友と巡り会えたんだな」
 
 その言葉が聞こえたのだろう。
 徹君は照れている。
 
 
 クルーザーに戻ると博人さんはショーンに声を掛ける。
  「ショーンは何処で降りる?」
  「中国大陸なら、どこでもいい」
  「私たちはシンガポールに行くんだ。そこでもいいかな?」
  「ああ、いいよ」
  「了解」
 
 クルーザーの操縦士が博人さんに代わる。
 シンガポールのハーバーに着く。
 そこからフェリー乗り場まで徒歩で向かう。
 ショーンが博人さんの名を呼ぶ。
  「ヒロ」
  「ショーン。私たちは、あの頃の関係には戻れない」
  「分かってる。だけど」
  「アドバイスをあげる。ショーンも固定を持てば分かるよ」
  「俺は」
  「第一、理想とするタイプが高過ぎだよ」
  「自分で言うのか」
  「私だって考えて迷って色々な経験をして決めたんだ。特別な相手でなくてもいい。お気に入りの人が現われるまでアンテナを張り巡らすといいよ」
  「俺は」
  「ショーンと会うのは、これが最後だ」
 
 あまりにも強い口調ではっきりと告げた、その言葉にショーンだけでなく私も固まる。
  「元気で。Good Luck」
  「ヒロ……」
   
 
 
 どれぐらい、そこに立っていただろうか。
 既にヒロの姿は見えない。
  「ヒロ。それでも俺は忘れない」
 
 届かないだろうが、呟いてしまう。
  「ヒロ。俺は、君が好きだ。君は女にしか興味を持たなかったから諦めていたのだが、男に目覚めたのなら俺にも分がある。そう思っていたのだが違ったみたいだな」
 
 
 シンガポールの人のざわめきが俺の呟きを消してくれる。
 あの銃撃戦が暴発したとき、ここら一体は惨状と化していた。
 現在では、名残は一欠片も残ってない。
 ハットを深く被り目を瞑る。
 少し経つとパートナーに声を掛けてやる。
  「イヨン、帰るぞ」
 
 
 


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




関連記事

0 Comments

Leave a comment