FC2ブログ

クルーザーで太平洋巡り! (9)

 しばらくすると博人さんはショーンを連れて来た。
  「もっと音量を下げて言ってくれるかな」
  「早く食べよ」
 
 ダイニングの丸テーブルに5人分をセッティングする。
 博人さんを中心に、左側は私。右側は徹君とポケット。
 そのポケットの右隣はショーンだ。
  「なんか多すぎない?」
  「食後に運動すれば大丈夫」
 
 ショーンは黙って食べている。
  「ん。このスープ上手い。シェフはどこだ。一言、言いたい気分だ」
  「シェフはトモだよ」
  「え?」
 
 ショーンに対し、サンキュと言うと付け足してやる。
  「でもサンドイッチは徹君だよ」
  「そうなんだ。え、今、名前……」
  「話が盛り上がって仲良くなった」
  「それはよかった」
 
  「サンドイッチも美味しい」
  
 そう言われ徹君は照れている。
 しかし食べ過ぎたかも。
 食後は運動することなく、まったりと過ごしていた。
 だけど、やはり動かないと夕食が入らない。
 夕方近く、板の間に向かう。
 なにやら声が漏れてくる。
 博人さんかなと思い覗くと徹君だった。
 しばらく見てると、この子は壁を相手に空手をしている。
 ポケットは観てるだけだ。
 んー……、空手かあ。
 
 タイミングを見計らい声を掛けてやる。
  「格好いいね。空手は、どこかで習ってるの?」
  「あ、ありがとうございます。師匠の、あ、と」
 
 代わりにポケットが答える。
  「悟の所だ」
  「なるほど。空手だけ?」
  「他は合気道です」
  「それなら合気道の相手をして」
  「誰と?」
  「私と」
  「え、いいんですか?」
  「うん。昼飯が多くて運動しようと、こっちに来たんだ。それに壁を相手にするよりいいと思うよ」
  
 徹君は嬉しそうな表情をしている。
  「お願いします」
 
 
 そんなにも時間が掛からず、徹君はギブアップした。
  「もう?」
  「つ、強い。強すぎ」
  「得意なのは、空手?」
  「そうです」
  「んー……。空手は苦手だからなあ」
 
 
 博人さんの声が聞こえてくる。
  「あれ、3人ともここにいたんだ」
  「博人さん、どこに」
 
 博人さんは徹君に声を掛けている。
  「徹君は、そこで寝てるの?」
  「合気道をしてて、負けたので。そのまま立ち上がれないのです」
  「合気道の師匠を相手に無謀な」
  「合気道の師匠?」
 
 博人さんにスルーされたのが悔しくて、言ってやる。
  「徹君は空手が得意だって」
  「空手かあ……。あ、ショーンがいる」
  「え、ショーンって」
 
 またスルーされる。
  「ショーン、先に空手だ。いいかな?」
 
 博人さんの後ろに居たらしいショーンは渋々と声を出す。
  「OK」
 
 
 見てると分かる。
 ショーンは格闘家だ。
 徹君は空手が得意なだけあり、連発を見舞っている。
 
 ショーンは呟くように声を掛けている。
  「さすがのものだな」
  「サンキュ」
  「ラストだ」
  「こいっ」
 
 
 ショーンの攻撃を躱しガードしながら拳を繰り出している徹君に、ショーンは五連発を放った。
  「うー……。疲れた-」
  「アップさせてもらったよ。ありがとう」
  「こちらこそ、ありがとうございました」
  
 
 
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




やっぱり運動は必要ですよね。

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment