FC2ブログ

クルーザーで太平洋巡り! (6) 

 ま、相容れなさそうな奴だけど害はなさそうだ。
 
 そのショーンは博人さんに声を掛ける。
  「ところで、いつまでぷかぷかしてるんだ? 国境隊に見つかったらどうなることやら」
  「大丈夫だよ。寄港先には既に連絡済みだ」
 
 いつもなら指示だけで誰かにやらせるのに、今回は自分で何もかも手配したのだ。
 だから言ってやる。
  「珍しいことがあるものだな」
  「失礼な。私だって自分のことは自分でする」
  「ほお……」
  「でないと、あの連中に居場所を知らせることになるからな」
  「そこに繋がるのか」
  「知られたいか?」
  「ごめんこうむる」
  「なら、良し」
 
 ポケットの笑い声が聞こえてくる。
  「あはは。ヒロとボスは漫才仲間でもあるのか」
  「違う」
  「いつ、どのようにして知り合ったのかは夕べ聞いたけど、ショーンは知らないから」
  「そうだね」
 
 そう返すと、博人さんはショーンのほうへ向き直す。
  「ショーン、私が友と」
  
 話しかけようとしているのに、ショーンは遮ってくれる。
  「部屋はどこ?」
  「案内するよ。こっちだよ」
  
 
 
 その様子を見て気が付いた。
  「もしかして、ショーンは博人さんのこと気に入ってるのか」
  「ショーンの好み、ど真ん中」
  「なるほどねえ。そういうことですか」
 
 
 金持ちでルックスがいい。
 女は放っとかない。
 そう言っていたのを思い出す。
 で、今度は男に目覚めたから、もしかしてモノにしようと思っているのか。
 あの犬で私を蹴散らすつもりか。
 
 あの野郎!
 断固、邪魔してやる。
 
 うちにだって、同じ犬種が5匹居るんだ。
 その5匹を手玉に取っている犬使いのトモをなめるなよ。
 
 
 
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




ショーンのことを知り得た友明は、どう反応するのか?

関連記事

0 Comments

Leave a comment