FC2ブログ

好きになったのは年上で意地悪な人 (49) 

 翌日の日曜も17時前に行くと、いきなり声を掛けられた。
  「初めまして、田辺です。今日は優介君が来るまでにレジに慣れてもらうからね」
  「岡崎です。よろしくお願いします」
 
 田辺さんからレジを教えてもらう。
 元々、企業の専務をしていて、ここには週に2日バイトできてるんだと教えてくれた。
 あっちのバイク屋も手伝ってるそうで、忙しくて大変ですねと返すと、別にと言ってくれる。
 
 そう、そんな事も言えるようにレジに慣れたのだ。
 レジが楽しいことに気が付いたのだ。
 現金とカードの切り替えさえ覚えていればいいので、商品の名前のキーを押すだけ。
 商品を袋に割れないように入れて「あありがとうございます」と声を掛ける。
 
 一番大変なのは、おでんのタネ作り。
 俺はよく買ってるけど、独自の割り下を作って煮こんでいく。
  「これは明日の分ね」と教えてくれた。
 それもそうだな、煮詰めた方が味もしみて美味いからな。
 
 
 優介が来ると品出し前出しをする。
 しかも、今日は配達希望のお客さんがいた。
 レジを打つのはいい。
 配達料を配達表を見ながら説明し、書いてもらった伝票から控えを渡して、お釣りを渡すのもいい。
 
 配達用にチョコレート10箱を一箱ずつ丁寧に包装していく。
 10家に配達するので、明日の朝一で運送会社に来てもらうように包装しないといけない。
 だから、俺も包装する。
 包む……。
 
  「岡崎君は店長と同じ才能の持ち主なんだな」
  「練習すれば上手くなるよ。こういうのは昨日の絵とは違うから」
  「絵ってなに?」
  「昌平さんがクリスマ」
 
 優介の言葉を遮るように大声を出していた。
  「わー! 言うなっ」
  「言われたくないなら練習すること。それに包装紙はタダでないから、失敗は許されないよ」
  「タオルで練習する」
  「楽譜でしたら?」
  「何故に楽譜?」
 
 すると、優介はこう言ってきた。
  「折り目が綺麗なのとぐちゃぐちゃになったのとでは、楽譜の読み方って違うでしょ」
  「俺にとって楽譜は神聖なる物だ」
  「なら、練習するんだね」
  「そっか、新聞紙でやればいいんだな」
  「折り紙は?」
  「小さすぎ」
  「まあ、徹は目標が決まると頑張るからねえ。来週、楽しみにしてるよ」
 
 
 その言葉に、ビシバシ指導が含まれていることに気が付いた。
 だから言っていた。
  「その前に、お手本を動画で撮らせて?」
 
 二人に笑われた。
  「何がおかしいんですか?」
  「前向きな台詞も同じだなと……」
 
  「優介も」
  「徹らしい言葉だなと思って」
 
 
 ここは素の自分で居られる。
 それがとっても嬉しい。
 よし、1ヶ月後には本採用の言葉が貰えるように頑張るぞ。
 その前に、包装だ。
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村




 
関連記事

2 Comments

ますみ  

包装。ラッピングとも言いますね。 その道のプロもいる世界なんですよ。
基本を覚えればバリエーションは無限大。 そのうち、一升瓶も包装できるようになりますよ、岡崎サン。
覚えると楽しいのは完成できた! の達成感もあるからでしょうか。

私も気持ちを込めて包むときは緊張します。 頑張れー。

2019/06/09 (Sun) 23:49 | REPLY |   
福山ともゑ

福山ともゑ  

Re: タイトルなし

ますみさん

> 包装。ラッピングとも言いますね。 その道のプロもいる世界なんですよ。

 「プロがいるのですか?凄いなー」
なにやら感心しているみたいですが、岡崎さんの苦手なものが暴露されましたね(笑)

> 基本を覚えればバリエーションは無限大。 そのうち、一升瓶も包装できるようになりますよ、岡崎サン。

 「物がね、動くのですよ。このやろう動くなと思っているのですが、一升瓶ですか? あ、一升瓶なら動かないから大丈夫かも」
動かさないように固定して包装するものですが、割らないようにして欲しいものです。

> 覚えると楽しいのは完成できた! の達成感もあるからでしょうか。

 「それは分かります!リサイタルを聴きに来てくれているお客様の表情を見ると、楽しんでくれているんだ。嬉しいな!と思いますよ!」
いやいや、岡崎さん。基準が違う(汗

>
> 私も気持ちを込めて包むときは緊張します。 頑張れー。

2019/06/10 (Mon) 22:24 | REPLY |   

Leave a comment