FC2ブログ

好きになったのは年上で意地悪な人 (18) R18! 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。

 何かがお尻に当たってくる。
 それは、もしかして常務のか。
 嘘だろ、マジでされるのか。
 指が俺の中から抜け出る。
 それと同時に下から何かが押し込まれてくる。
 まさか……。
  「あ、あ……」
  「逃げない」
  
 腰を捕まれ押さえつけられる。
  「う……」
  「もっと奥に押し込むから力抜いて」
  「はっ、ふ、う……」
  
  「おかざ」
 その人は言い直した。
  「徹」
  
 驚いた。
 名前なんて教えてないのに、どうやって知ったんだろう。
  「徹、受け止めて」
  「な、なん、で、名前……」
  
 尻を強く押さえつけられる。
  「ふ、ぅ……」
  「徹」
  
 ず……、ず……と身体が下に押し込まれていく。
  「あ……」
  「徹、イイ顔だ」
  「ふ、ふか……」
  「もっと感じて」
  「あ……」
  
 もう一度、グイッと強く押される。
  「あ、ああー……」
  
 何かが横に逸れたのか、変な声が出た。
  「やんっ……」
  「ああ、ここか」
  
 今度は、そこを擦ってくる。
  「はぁ」  
  「徹、君の中で私を感じて」
  「あ、あ、あ」
  
  
 いきなり動きが激しくなった。
  「くぅ」
  
 力強く。
  「あ、あうっ」
  
 下から突き上げられる。
  「も、だ、め……」
  「まだだ」
  
 力が入らない。
  「あ……」
  「ここは風呂場だ。思いっきり声を出せばいい。誰も見てないからな」
  「あ、あ、あ……。めえっ」
  
  
  
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


関連記事

0 Comments

Leave a comment