FC2ブログ

好きになったのは年上で意地悪な人 (17) R18? 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。

 あれ、ここは何処だ。
 目が覚めると風呂の湯に浸かっていた。
 声が聞こえてくる。
  「目が覚めたか」
  「え……」
  
 覗き込んでくる人は誰だっけと思っていたら苦笑された。
  「もう忘れたみたいだな。まあ、でもこれからが本番だ」
  「本番とは……」
  
 その人は俺の背中に腕を回し横抱きしている。
 しかも、もう片方の腕はどこにあるのか。
 頭が回らないので、パッと浮かんだ言葉を口にする。
  「あの、これはどういう」
  「口止めだよ」
  「どんな事に対してですか?」
  
 だけど俺の問いはスルーされた。
  「自分の身体の中に何が入ってるか分かる?」
  「何の事を言ってるのか」
  「これだよ」
 そう言うと、その人は何かを動かした。
  
 ビクッと身体が揺れる。
 え、何が……。
  
  「私の指が入ってる。今は3本」
  「口止めって何ですか?」
  「終わったら話してあげる」
  「終わるって、いったい何がはじ」
 始まるのですかと聞きたかったのに、その人は指を動かしながら遮ってくれる。
 しかも、こう言ってきた。
  「あの専務にもされたのだから分かってるよな」
  
 俺の意識は、その人の指の動きに意識を持っていかれるので、何も言えないでいた。
  「くぅ……」
  
 あの専務って誰の事……と思っていたら思い出した。
 そうだ、利根川専務に、いや、それを知ってるのは……、もしかしてこの人って。
  
 宮田常務?
  
  
 宮田常務の指の動きは激しくなっている。
  「あ……、め……」
  
  
  
  

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


関連記事

0 Comments

Leave a comment