FC2ブログ

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (5) 

雄吾視点


ふっふっふっ……。
美味しそうな男子学生、キター!

セキュリティカメラで見ているのだけど、可愛いなあ。
少しぽっちゃり気味だけど可愛い。
好み、ドストライク!
俺を呼んでくれないかなあ。

彼らを案内していたスタッフが声を掛けてくる。
 「日本人スタッフ希望してるけど、どっちが行く?」
その声にもろてをあげる。
 「俺が行く。マモルはボス仕事あるからな」
 「よろしく」
 「はーい」

日本語で話しかけると安心したみたいで笑顔を向けてくれた。
オサムね。
で、睨んでくる人はシュンペイで大学教授。
どういう関係なんだろう。

日本語で聞き取り、学力を見極めるために英語に切り替えて話しかける。
ネイティブは無理みたいなので、二度目はゆっくりと話す。
聞き取れたみたいだ。
だけど日本語を英語にするのが苦手みたいだ。
だから日本語でも大丈夫と言ったんだ。
すると、返ってきたのはこれだった。
 「9時前にニューヨークに着きました」

なるほど、英語力はからっきしか。
でも相手が俺でよかったね。
マモルだとキレてヒスをおこしていただろうな。

後ろから2人の話し声が耳に飛び込んでくる。
だから声を掛けたんだ。
 「何事もやってみないと分からない」って。

嬉しそうに話しかけてくれる。
だけど、あの言葉には笑ったな。

 「I … … have … …from Japan in New Yorker,」

天然キャラは久しぶりだ。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

0 Comments

Leave a comment