FC2ブログ

俺様ボスと私の恋物語(62)友明視点※R18!抵抗のある方はご遠慮ください※

※性描写有ります。18歳未満の方&抵抗のある方は、ご遠慮ください。※

 ・・・ん、なんか持ち上がった?
すると、目の前には脚の太もも?
え、まさか…

 「ぁ…、ぅ…、 ん、んぅ……」
私の尻に指を突っ込んでは掻き回しながら、舐めてくる。
 「は、はぅっ…」
ひろ棒をギュッと掴んでは、身を捩りながら喘いでしまう。
 「あぅ…、…っ……」

た、たまらんっ・・・

ひろ棒を口に含み、強く吸う。
 「うぅ…、 と、もぉ… だ… だ、め…」
聞こえない振りして、もっと強く吸ってやる。
すると、「ぅあ!」
身体が跳ねた。と同時にひろ棒から蜜が飛び出てきた。
その蜜を誰が零すものかと思いながら、飲んでいく。
 (なにコレ。すっごく甘いぞ。)
甘いモノが好きな私には、どんなに甘く美味しいケーキよりも、美味に感じられた。

 この人は、こういった事まで…
自分でコントロールできるんだなと感心してしまった。


飲みきることはせずに、口の中に残しては余韻を楽しんでいた。
すると、キスされては舌が入ってくる。
その舌に、自分の舌を絡め捕られては強く吸い取られる。
 「あ…、ふぅ… ん…」

すると、口の中にあった蜜がどこかに行ったみたいだ。
と、思うと隣で「ゲェ…」と声が・・・
ん、どしたの?
 「お前、なにコレ?」
へ?
 「何、口の中に入れてたんだ?」
 「何って…?あー、もしかして・・・
私の口の中身を、ごっそりと持って行ったな。返してよ。」
口の中に含んでは余韻を楽しんでいたのに。

 「まさかとは思うが、さっきの私の・・・?」
 「そうだよ。」
あ、まさか飲み込んだのか?

 すると、「マズッ!」と言いながら、水飲みに行くと言い放ちながらキッチンに走って行った。
不味いのか?
甘かったけど、不味いとは思わなかったよ?

口直しに水を飲んでは、ホッと一息ついたのか。
寝室に入ってきては「ほら」と手渡されたのは、水のペットボトル。
・・・ん?
まあ、喉は乾いてるので飲んだけど。
自分家みたいに寛いでませんか?
まあいいけど。

不味さに顔を顰めたのを思い出しては、笑いながら言ってやり寝室を出ようとした。
 「博人先生も、可愛いところあるのですね。」
 「何言って… どこに行くんだ?」 
 「風呂です。シャワーを浴びに行ってきます。お先です。」
 「ま、待て。私も行く。」
二人でシャワーを浴びては、風呂場でもエッチをする羽目になり・・・
 「あぅ!」
 「ん、解れてるからスムーズに挿れられるな。」
指が孔の中に入っては抜き差しをしてくる。
その痛みが快感に変わってくる。
シャワーフックを握りながら喘いでると…
 「もう、さっきの様なマネはするなよ。」
 「ぁ… はぅ……」
 「不味いのは御免だ。」
すると、いきなり下から突き上げられた。
 「はっ!」
ズンッ、ズンッ、ズンッ、ズンッ……
 「あっ… あっ、あっ、あっ…」
(立てれない… 博人…さ、ん・・・)
上半身が前屈みになるが、下半身は押さえられてるのでまだ立つことはできる。
いきなり目の前が真っ白になり、意識がどこかに飛んだ。
 「っ!!」


目が覚めると、ベッドに横たわり腕枕をされている。
もうしばらく、このままでいさせて。
幸福感と満足感を味わいたい。
隣で寝ているひろちゃんの温もりを感じながら、これからの事を思いつつ目を閉じた。



※※ あさみからの、一言コメント ※※
友明視点の話になります。

幸せ絶頂な2人。
さて、何をプレゼントしてもらったのかな?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  






 
関連記事

0 Comments

Leave a comment