FC2ブログ

俺様ボスと私の恋物語(60)友明視点※そして、恋人に…※

何度もしつこく電話が鳴ってきては、鳴りっぱなしにさせてた。

 「博人先生。私は来月には福岡へ帰ります。親にも言ってます。」
 「友明の一人ぐらい、養っていけるぞ。」
ん・・・?
 「博人先生?」
 「なんなら、恋人ではなく婚約者として一緒に暮らそう。」
 「なっ…!」
もしかして、この人…
婚約者と称してる人から逃げてる?
 「博人先生、私はその婚約者だと称してる人に言ったことを、貴方にも言います。
私が入院していた病院は、貴方の病院だから入院したわけではない。
救急車のスタッフが手配したのが、貴方の病院だったんです。」
 「それは分かってるよ。脳外科のある病院は、ここら一帯は私の病院だけだからな。」
 「そうですよ。私は、それも言ったんです。でも、彼女は私に・・・」
 「その彼女っていうのは、もしかしてド派手な化粧をして金髪に染めてる奴か?」
思い出そうとして考えてると、もっと続けてくる。
 「それでいて、親の威光を盾にして『私は美人よ。私を誰だと思ってるの。』とか言っては、鼻持ちならない奴か?」
 その言葉で思い出した。
たしかに金髪でド派手な化粧した、鼻持ちならない奴だった。
二言目には「私の言う事が聞けないの?私を誰だと思ってるの?」と言ってきてた。
今までは女性と話しをする機会など無かったので、よく覚えてる。
 「そうです。その人です。」
そういうと、「やっぱり…」と、ため息をつきながら言ってくれた言葉に驚いた。
 「彼女とは一度、見合いをしたことがある。何年か前の話だ。
その時に、見合いをした。ああ、でも見合いをすっぽかしてお前を抱いたんだっけ。
その夜に見合いをしたんだ。思い出した…」

 そういえば、そんなことがあったな。
と、私も思い出した。
 たしか、あの時は置いてあった服をマンションに持って行ったが、ひろちゃん本人が、また持って来たんだ。そして言い合いをして…。
見合いがあるから、服が邪魔だとかなんとか言って…。
その時に、抱かれたんだ。


 「まあ、今はそれは置いとこう。友明、返事が欲しい。」
え、置いとくの…
まあ、いいけど。

 「えっと…」
苦笑しながら、何か言おうとしたんだけど何を言われたのか忘れてしまった。
その様子で察したのだろう、もう一度言ってきた。
 「友明。私と恋人になり、付き合って欲しい。」

 「ありがとうございます。でも、私は大学を卒業したばかりで、付き合いというのは出来ないかもしれないです。それに、これから仕事をどうするのか考えないといけないし。」
 「それなら、私の所に来ればいい。」
 「え、でも新卒は採らないのでしょう。」
 「病院は、な。でも、私のマンションに移り住めば…」
 「待ってください。それは、もしかして同棲という事ですか?」
 「そうだ。」
 「エッチし放題…」
思ったことが口に出てしまったのだろう。

ひろちゃんは笑顔になり、あろうことか「まあ、エッチし放題がお好みなら、し放題にしてもいいぞ」と言ってきたのには、思わず焦ってしまった。
 「あ、あの…」
クスッと微笑んでくれた顔は、魅力的で見惚れてしまっていた。
 「これだけは聞いておきたい。友明は私のことをどう思っている?」
 「…好きです。」
 「え、聞こえなかった。Wie...  once more 」
ドイツ語で言おうとした博人先生は英語に切り替えたが、私はドイツ語で言ってやった。
まだ、ドイツ語の方が英語より言いやすい。
 『好きです!好きだから、貴方に抱かれるのが…触られるのが嬉しかったし、こうやって会って話もしたり、料理も作ったりしてるんです。
誰が、嫌いな人にそんな事をしますかっ。』
博人先生は、その私の言葉に対し、こう言ってきた。
 「今の、日本語で言ってくれないか。」
(誰が二度も言うかっ)と思いながら…、そっぽを向いて言い放ってやった。
 「嫌です。貴方はドイツ語分かるでしょっ。」

その私の言葉に対し、博人先生は日本語で言ってくれた。
 「それなら、私と恋人になって欲しい。」
 「博人先生…」
 「ん、即答ではないのか?って、また泣いてるしっ… とっ…とも…」
 「私で良いなら…私を選んでくれるのなら、喜んで。」
 「もちろんだよ。」
本当に、色んな表情を見せてくれるねえ。
そう言いながら、ひろちゃんは安心した表情を見せてくれては抱きしめてくれた。
今夜は、このまま抱かれたい。

この広い胸に顔を埋めて眠りにつきたい。
シーツを替えないと…と思ったら、お母ちゃんが掃除も洗い物もしてくれた事を思い出した。
 「泊まって行きますか?」
 「もちろん。」
ひろちゃん、声が嬉しそうに飛び跳ねてるよ。
すると、ひろちゃんが何かをドクターバッグから取り出した。
その何かは、着替え一式。
え・・・

 「急に遠方でのオペが入る時があるからね。その時用の着替えだ。」
と言いながら、バッグの中身を見せてくれた。
 「さすが、ボスですね。」 
 「あ、それ良いね。これからは、スタッフ皆からボスと呼ばせようかな。」
フッと、思わず鼻で笑ってしまった。
 「私は、大学在学中は皆からボス呼ばわりされてましたよ。」
 「何それ。嫌味か。」
この私に、そんな嫌味を言うのなら…
言わせないように、ハードに抱くからな。

 ねえ、忘れてませんか?
私、運動全般にドクターストップ掛かってますよ。

すると、博人先生は断言してきた。
 「セックスは運動ではないだろう。コミュニケーションの一つだ。違うか?」



※※ あさみからの、一言コメント ※※
友明視点の話になります。

思いが通じ、やっと恋人と言える関係になった博人と友明。
日本語で告白されたのに、ドイツ語で返事するなw
と、書きながら自分でツッコんでしまった私ですo(*^▽^*)oあはっ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  





関連記事

2 Comments

ますみ  

No title

そりゃあ母国語より自分も相手も知ってる外国語の方が恥ずかしくないですもん!
咥えて・・あ、いえ、加えて外国語ってストレートだから間違えようがない(笑)!

でも、勘違い女王サマの自称・婚約者さんの呼び出しCallのなか告白&オッケーなんて、なかなか出来ない経験です♪
さあ、これからベッドのスプリング耐久時間(?!)の始まり~~? 腐腐。

2014/10/01 (Wed) 10:30 | REPLY |   

あさみ  

No title

ますみさんへ >>
そう、日本語だとなんか恥ずかしさがあるので、ドイツ語で言うのよね…

鳴りっぱなしの電話の相手は、まだ暴露できません(・・;)
明日を、お楽しみに~

2014/10/01 (Wed) 20:26 | REPLY |   

Leave a comment