FC2ブログ

俺様ボスと私の恋物語(57)友明視点※R18有り!でも夕食に間に合うのか(-_-;)※

※R18です。18歳未満の方&抵抗のある方は、ご遠慮ください。※

胸を触られ、乳首を執拗に弄り回されては簡単にイってしまった私。
今度は、孔の中に指が入ってくる。
 「ふ… ぅ… っ…  」

 「くぅ…、 あっ…ん、ん…」

 あぁ…
 気持ち良い…

 蕩けそうだ…

 ひろ… と… っ…

気持ちが良くて頭も体も心もトロトロになってきてた。
そのうち、指が熱棒になっていた。
その熱棒が、入ってくる。
 「いっ、 っ… う、ううっ…」

 「大丈夫だ。 ふ…、うぅ…」
徐々に入ってきてた熱棒は、いきなり奥まで突っ込んできた。
と同時に、仰け反っていた。
 「あ!……っ ああ…  」

 「 ん…、ん…」
私の体の中に入り、そこが定位置みたいな感じで収まる。
 「ぅ…」
 はあ、はあ、はあ…

お互いの汗が混じっては、それまでもが気持ちのいいものになっていく。
 「ひっ… ひろ、と…」

身体が燃える。
勝手に腰が、身体が動く。

何も考えられない。

大きなスライドが早くなり、音が変わっていた。
ズンッ、ズンッ、ズンッ、ズンッ・・・
 「んっ、んっ、んっ…」


 んぅ…
んーーーーー!!

 はあ、はあ、はあ…

眠い…。


ねぇ、博人先生。
私は、あなたが好きなんだよ。
だから抱かれてるの。
あなたは、私のことをどう思ってるの?

最近は、こういう事をよく考えてる自分がいる。
言いたくても言えない。


私の身体に覆いかぶさってくるように、ひろちゃんも寝る体制に入ったのが分かった。
汗臭い男の身体。
いつの間にか、この人のことを好きになっていた。


 昔、まだ虐められてた頃。
お母ちゃんから、よく言われてた言葉があった。
 『トモ。
泣きたいときは、家の中で泣きなさい。
布団に潜って泣いてもいい。
大きくなって、好きな人が出来たら、その人にギューッと抱かれて泣きなさい。』
その言葉に対して、誰がお母ちゃんを離すものかと抱きしめては即答したものだ。
 『好きな人は、お母ちゃんだけだよ。他にはイラナイッ!』
 『トモ・・・』
 『お母ちゃんは?』
 『もちろん、トモのことが大好きだよ。』
嬉しそうに幸せそうに、そう言ってくれてた。
その表情に、その言葉に安心感を貰えては、ずっと抱っこを要求してはされてた。

 お母ちゃん。
今でも好きだよ。
でも、博人先生に対しての好きとは、違う意味の好きなんだ。


その後、叩き起こされて目が覚めたのは夕方も17時半!
え、17時半?
ヤバイッ!!

「仕方ないねぇ」と言われながら送ってもらった。
しかも、バイクで。
 「落ちるなよ。しっかり捕まっとけよ。落ちたら、それこそ直ぐに霊柩車だからな。」
そう言われると、是が非でも捕まっとくよ。
 「救急車ではなく、霊柩車かよ…」と小声でツッコんでやった。
ってか、バイク運転出来るのね?


かくして…
夕食の時間の5分前に、病室に入ることができホッと一安心したのは言うまでもない。



※※ あさみからの、一言コメント ※※
友明視点の話になります。

R18です!
抵抗のある方は、ご遠慮ください。

そして、友明。
そんなことして、夕食に間に合うのか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  



関連記事

0 Comments

Leave a comment