FC2ブログ

俺様ボスと私の恋物語(53)友明視点※カミングアウトする※

 数日後、お父ちゃんが1人で見舞いに来てくれた。
なんとなく、話がしづらい。
お母ちゃんに貰った本のことを言うと、渋っていたが「読むつもりはない。」と毛嫌いしてた。
 「でも、面白かったよ」と言うと、読んだのかと驚いていた。
 「これが40歳代なら読んでたんだが…70歳も超えると」とボヤイテいたが・・・
自分の年齢って、関係あるのか?
でも、それで話は終わった。

すると、いきなり話を振ってきた。
 「好きな人いるのか?」
 「いるよ。それが?」
 「いや、この間の…本当のっていうか、ああいう話題をするってことは、その結婚とかあるのかなと
思ってて…」
 「結婚というのは考えてない。ただ、自分の生い立ちが知りたいだけだ。」
 「それは、付き合ってる人にも話したいという気持ちか?」
 「それは分からない。」
しばらく無言だったが、ポツリと話してくれた。
その当時のことを。

聞いてると、段々と腹が立ってきた。
 「なんで、そういう事言うんだよ!人権無視してるのと同じじゃないかっ!」
 「友明、それは…」
 「違わない!そんな事を言われて、『はい、そうします』なんて言えるわけないだろ。違うか?」
 「今は、そう思う。だけど、あの時は必死だったんだ。」
 「それなら、どうして籍を入れたんだ?入れてなかったはずだ。」
 「それは、お前たちが居るからだ。」
 「は?」
 「それに、一緒に居ると癒される。そのオアシスを手放したくない。そう思ったからだ。」
腹が立ち、息をするのも苦痛だ。

 はあ、はあ…と喘いでるのが自分でも分かる。
こいつと同じ部屋に居たくない、新鮮な空気が欲しい、自由に息をしたい。
なにかが変だと思ったのだろう、「大丈夫か?ナースを呼ぼう。」と言ってくる。
 「要らん。」
声が低くなってるのが、自分でも分かる。
 「あんたは、本当に最低な奴だな。別々に暮らしてて良かったよ。」
 「ともあっ・・・ ぶっ」
枕を投げつけていた。
 「最後に、これだけ聞いとく。俺たちの3人の名前は誰が付けた?」
 「お母さんだ。」
 「どっちの?」
 「お前達がお母ちゃんと言ってる方のだ。」
 「生みの方では、無いんだな。」
 「ああ、そうだ。」
 「…分かった。」

 「お前の好きな人っていうのは・・・」
 「誰だろうが別にいいだろ。」
 「いや、それでも…」
 「ただの好奇心からだろ。」
 「もしかして、男か?」

……。

 「アノ本を読んだというのなら、好きな人は女ではなく男だろ。」
腹は決まった。
 「…うざい。本当にうざいな、あんたは。」
 「相手が、どんな男なのか知らんが…やめとけ。」
 「うるさい。」
 「ともっ・・・」

蹴りッ!

 当然、蹲るだろうな。
息を吸って、大声で言ってやる。
 「誰が誰を好きになろうと、それは俺の勝手だろう。あんたの子供は3人のうち2人は結婚した。
優人は子供も生まれ、あんたには自分の血を引く孫が出来た。
それに、俺は結婚なんてまだ考えてもないし、相手もそうは思ってない。」
 「なるほど、相手はノンケか。」
 「なにしろ、この3月には大学を卒業したばかりだからな。」
 「あ、それもそうか。それなら結婚なんて、まだまだ先かぁ・・・」
 「当たり前だろ。」
ギロッと睨んでやる。

そして、付け加えるように言ってやる。
 「私は、男であるあの人を好きになったわけではない。
ただ、好きになった人が男だった。
それだけだ。」


お父ちゃんは、それを聞き驚いていた。


その病室の壁一枚を隔てた廊下側には、院長が…。
ひろちゃんが聞いていたなんて、思いもしなかった。



※※ あさみからの、一言コメント ※※
友明視点の話になります。

父との話し合いが、今回のお話し。
その父が、自ら腹の内を割って友明にカミングアウトした。
その告白に、友明は激情するが…

友明も、また・・・
父にカミングアウトした。

 「男を好きになったわけではない。
ただ、好きになった人が、男だった。」

そう、この父親はその言葉を聞いてドキッとしたのですね。
何を隠そう、この父親。
入籍したのは、
 「子供の為ではなく、自分の為なのです。」
自分が人間らしくなれる時、癒されたい時は、妻である女性と一緒に居るためなんですね。
なので、手放したくないんです。
実際、妄想ではそういう構成だったんです(暴露する

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡
ポチッ、としてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ  



関連記事

0 Comments

Leave a comment