FC2ブログ

新作!!あの夜の約束 ~プロローグ~

元宗義博(よしひろ)の父親の弟の家に、男の子が生まれた。
その子の名前は、元宗優(すぐる)と名付けられた。
ヨシにとっては可愛く、かけがえのない存在だ。

一方のスグルは、隣家の西條病院の双子の手に育て上げられていた。と言っても過言では無かったほど、手を掛けられていたのだ。


普段は滅多に会わないが、西條病院の双子の弟の方タケシがスグルの事を教えてくれるのが嬉しいのだ。
タケシと遊ぶというのを名目に、何度西條家に行ってはスグルも含めて遊んだ事か。
どうして、こんなに離れてる場所へ住むのか、大人の考える事は分からなかった。

スグルに向ける自分の思いは誰にも分からないし、スグルにも知らせようとは思わない。
そう思っていた。
だけど、見抜かれていたのだ。
タケシと、もう一人。
それが隣家に住んでいるコウジだ。




今日は天気が良く、花見日和。
元宗一家は、兄弟揃って二家だけでの花見をしている。

 「ヨシ兄っ」

トトトトッと走ってくる可愛い従弟は、その小さい身体で抱き付いてくる。
 「ヨシ兄、大ちゅき」
と、嬉しそうな表情と笑顔が堪らないほど可愛い。
俺も、それに倣ってやる。
 「スーちゃん、可愛い。大好きっ」
と言って、抱きしめてやる。
 「可愛いだけ余計だよ」
むくれる2つ年下のスグルは、本当に可愛い。


そんな俺たちを仄々と見守ってる人は、俺たち元宗家の人間。
詳しく言えば、俺の両親と優の両親と妹だ。

スグルの父親が、俺の父親に酒を注いでいる。
 「兄貴は、もう一人欲しくないのか?」
 「一人でたくさんだ」
 「一人っ子は寂しいぞ」
 「そういうお前は手が早いよな」

一方、こちらは女同士。
 「赤ちゃんは、本当に可愛いわねえ」
 「ありがとうございます。お義姉さん、もう一人産んじゃいましょうよ」
 「産むのはいいけど、その後が問題よね」
 「たしかに、そうですよね」

母に、言っていた。
 「おかーちゃん。俺は、スーちゃんさえいれば良いんだからねっ」

溜息吐いて、お母ちゃんはスグルのお母ちゃんに言っていた。
 「ほらね、これだもん。ヨシが弟か妹を可愛がってくれるのか、それが一番気に掛かるのよ」
 「大丈夫ですよ。優だって、妹が産まれたら可愛がってくれてるし。ヨシ君も大丈夫ですよ」
 「そうなの?」
 「そうですよ。あの子も、産まれてくるまでは我関せずだったのですよ」
 「まあ、優ちゃんまで」

お母ちゃんは笑いながらスグルを呼んでる。
その声に、スグルは近寄って行く。
 「ねえ、優ちゃん」
 「なあに?」
 「赤ちゃん、可愛いね」
 「うん。でも、萌ちゃん、寝てばっかりだよ」
 「あはは、そうだね。赤ちゃんは動けないからねえ」
 「でも、可愛いよ」
その声に、ボソッと呟いていた。
 「なら、もう一人頑張るかな」

その呟きが聞こえたのだろう、お父ちゃんがお母ちゃんに言ってるのが聞こえてきた。
 「おいおい、3歳児に煽られてどうするんだよ」
 「あら、良いじゃない。ヨシも、可愛がってくれるわよ」

そのヨシは、スグルと遊んでばかりだ。
 「スーちゃん、今度は滑り台行こうよ」
 「うんっ」


その2年後。
ヨシに弟が出来た。
赤ちゃん誕生の知らせを受けたヨシの父親の弟家族は、家にやって来た。
スグルも一緒に。

従兄の家に遊びに来たスグルは、ヨシに言っていた。
 「あっ、見てみて、ヨシ兄」
 「なに?」
 「チンチンあるよっ」
 「男だからな…」
スグルは、とっても優しそうな顔をしている。
 「赤ちゃん、可愛いねえ」
 「スグルの方が可愛いよ」
 「名前、なんて言うの?」

そんな表情を、俺以外に向けないで。
そういう思いで、スグルの名を呼んでいた。
 「スグル」
すると、スグルはとんでもない事を言ってきた。
 「へえ、僕と同じなんだ?嬉しいな」
 「バッカじゃねえの。こいつはユージ。ほら、スグル。こっち来て遊ぼう」
 「へー。ユーちゃん、こんにちは」


だけど、優はヨシに引きずられていた。
 「…あれ、ヨシ兄、どこ連れてくの?」
 「お前が、俺の事を見ないからだ」
 「見てるよ。だから、そんなに怒らないで。ね」

涙を流しながらウルウルと目を潤ませているスグルは、本当に可愛い。
スグル、お前は俺のだ。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


今回の話は、
優の隣に住んでいる西條病院の双子の弟である健志(タケシ)と、優(スグル)の、お話です。
関連記事

0 Comments

Leave a comment