FC2ブログ

サドなアイツと俺 (36)※R18!性描写&SM描写有ります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい※

※R18!性描写&SM描写あります。18歳未満&抵抗ある方はスルーして下さい※


ジュンの動きがイイ所を突いてくる。
 「ふ…、ふ…」
 「トニー、痛そうだね…」
 「は、外せ…」
 「待って…」

少し待ってると、下半身の拘束具が解けた、と同時にイキそうになる。
 「う、うぅ…」
だが、ジュンの手が根っこを握ってくる。
 「まだだよ」
 「も…」
自分の一物を握ってるジュンの手の感触が堪らなく嬉しい。
さっきまで自分のを拘束していた物よりは、まだ良い。

 「トニー…」
何か嫌な予感をさせるジュンの口調が、自分の名を呼んでくる。
自分の中に挿しこまれていたモノが抜かれて物寂しく感じたが…。そのモノは、今度は自分の目の前にある。

ジュンは、自分のモノを俺に見せつける気か?いや、でも俺のも誇張してるのだけど…。
なんて事は冷静に考えておられなかった。自分の目の前にきたモノを齧り付いていた。
と、同時に尻に痛みがくる。
 「な…」
 「待って、と言ったでしょ」

ジュンの顔を見上げると、真っ赤になっている。
ああ、さっきの行為でジュンも感じてるのか。

ジュンの声が表情がエロく色っぽくなってるのに気が付いた。
長し目が、凄く色っぽい。
 「そんなに俺のが欲しい?」
 「ああ」
 「なら、あげる」

了承を得た俺は直ぐに齧り付いた。でも、ジュンは鞭を尻に当ててくる。
 「何を…」
 「待って、と言ってるの」
 「早くくれよっ」

自分でも分かってる。余裕がないって事を。


トニーの表情を見て、やはり鞭は解かない方が良いだろうと思い、ジュンはトニーの口をこじ開け自分のを突っ込ませた。
 「っ…」
 「そのままシャクって」

トニーは動かない。
 「欲しいんだろ?早くシャクれよ」

なかなか動かないトニーの尻を目掛けて鞭を揮う。

ヒュンッ!

鞭がしなり、尻と脚に当たる。
 「…ッ」

だが、トニーは動こうとはせず、ただ首を横に振るだけだ。


何を思ったのか、ジュンは、自分のをトニーの口に突っ込んだまま押し倒し、反対向きになった。
トニーの身体に跨ったまま、今度は尻をトニーの顔に向け、トニーの一物を舐めてやる。

ビクッ…とトニーの身体は揺れた。

(手が動かない。目の前にあるのに…。でも、こんなのではなく別のやり方が良い)
思っていたが、口から出るのは喘ぎ声だけだ。
それでも、ジュンのが自分の口の中に在る。

 「ふ…、う……」

感じながらもジュンのを舐めていた。


ジュンのテクは良い。
鞭だけでない。こいつは今迄何人の奴とヤッてきたのだろう。欲しい…。だけど、俺は下僕ではない。こんなのは嫌だ!

でも、トニーの下半身は言う事を聞いてくれそうにもない。
ジュンの与えてくれる刺激で先走りしているのが分かる。
 「ふ…、うっ…」

ジュンの声が聞こえる。
 「トニー、貰うね」


何の事か分からなかった。
でも、イッた感覚は分かった。
自分のが弾け、ジュンのも口の中で弾け出た。




気が付くと、両腕両脚を縛っていたムチは解かれ、ジュンのベッドに横たわっていた。ジュンは居ないみたいだ。何処に行ったんだ?


するとドアが開く音が聞こえてきた。
 「トニー、トニー起きた?もう、いい加減に起きてよねっ!
まったく、これじゃダディと同じ寝坊助じゃないか」


そう言いながらベッドに近付いてくる。
 「あ、目、開いてるじゃん。何時まで寝るつもりなの?」
 「今何時?」
 「朝の9時だよ」
 「昼まで寝る」
溜息を吐いたのか…。

 「ほんとにダディと同じだな…」と呟きが聞こえてくる。
どういう意味なのか分からない。
その思いが顔に出ていたのだろう。
ジュンは俺に言ってきた。 
 「まあ良いか。トニー、テーブルに置いてるからね」
 「何を?」
 「それじゃ行ってきまーす」




答えが無いのだけどと思い、もそもそとベッドから出る。
腕と脚には鞭を縛られた痕が微かにだが残っている。
あんなのは嫌だ。

テーブルに目をやると”トニー用”と書かれたメモが皿の上に置かれている。
メモを退けると三角形になったライスボールが3個、綺麗に並んでいる。しかもキュウリとプチトマトにミネラルウォーター付きで。
もしかして、これ等を食えという事なのか?
まあ、有難く頂くか。
でも、なんでライスボールとキュウリとプチトマトなんだ?

キュウリには器用に何かが掘られている。
見てみると文字だ。
 『Tony』、『Jun』と、二人の名前だ。

それを見て、思わずニヤついていた。












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

事が済み、一夜明けた翌日。
ライスボール(おにぎり)と文字彫りのキュウリとプチトマトですって・・・
博人が教えただけあるわね
(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!
関連記事

0 Comments

Leave a comment