FC2ブログ

archive: 2019年10月  1/4

自分の道は自分で決める! (30) 

No image

 信じられない。 警察や刑事で9割方が埋め尽くされている所に単身で来るだなんて。 余程、バレないと自信があるのだろうか。 しかも、私を担いでくれる。  「ちょっと、ショーン」  「それを消毒してやる」  ロビーには大勢の人が集まっている。 その中をショーンは堂々と立ち去ろうとする。 恥ずかしいなあ、もう。 でも堂々と拉致られてたまるものか。  「拉致罪で逮捕だ。被疑者ショーン・コナー捕獲っ」  シ...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (29) ソフトな性描写あります。

No image

 ルノーの口から自分のモノを救い出す。  「喧嘩は嫌いだが、やられたらやり返すほうでね」  ルノーを無理矢理立たせ腕を捕まえ交差させる。 だけど力は少ししか出していない。  「どうするつもりだ」  「ルノーは少林寺と合気道できる?」  「少林寺ならできる」  「空手は?」  「できない」  その言葉にOKと返事をし少林寺の構えを取る。 それを見て、今度は武術だと見て取ったのか、ルノーも少林寺の構えを...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (28) R18! 決闘中に見せびらかし?描写あります。

No image

 こうなると観客はしらけてしまい帰ろうとする。 相手が負けるからだ。 いいところまでいって盛り上がって興奮していたのに興ざめだ。   「そっちこそ出し惜しみしているくせに自分のことは棚上げか? 昇進話を蹴ってヒラにとどまっているのは相手のプライドが傷つくのを観るのが楽しいのだろう」  「なに?」  「誰もなにも言わない。それは自分が万年ヒラに負けたからだ」  「誰が万年ヒラだと」  「誰でも決闘相...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (27) R15! 性描写あります。

No image

 馬から降り、タイマン勝負になる。 ルノーは水を得た魚みたいに生き生きと剣を繰り出してくる。 私は防御に徹していた。 相手の癖、性格などから剣筋を読み取っていく。  今までの態度を考えて素早く計算する。 なるほどデータにアクセスできなかったら私をナメていたのか。 一撃が来た。  「つ……」  「へえ、案外、小さいんだな」  「卑怯者」  「この小さいものでショーンは満足しているのか。信じられないな」...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (26) 

No image

 足を外し倉から腰を浮かす。 中腰の体勢で、足がブラブラと揺れないようにしっかりと”くろちゃん”の脇を挟む。 そのまま助走して二騎が同時にジャンプする。 と、同時に私もジャンプする。  そのまま休憩に入れ。 お疲れ様。 次は、対人間だ。   ルノーの馬が着地して方向転換する。 私の乗っていた馬は勢いを殺すことなく自力で扉の上をジャンプして、どこかに行ってしまった。 ルノーの呆れたような声がする。  ...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (25) 

No image

 二騎が勢いよく駆ける。 奥の手は、まだ出さない。 だから右手で剣を持ち左手で手綱を握る。  キーンッ!  お互いの剣が交わる。  カンカンカンカンッ!  突きが出せないように接近戦にもちこんでいく。 ラリーが続き、こんなのだと埒があかない。それに”くろちゃん”も動きたがっているのでいったん離れるかと思い、左側に強めの一本を打ち込む。  「ツゥ……」  すかさず馬を走らせ落ち着かせる。 先ほどとは反対...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (24) 

No image

 決闘当日  晴れ渡った日の午前、それは開催された。 雲一つない青空で風はあまりない。1月とは思えないほど寒さは感じなかった。  フェンシングスーツに身を包み、面をかぶり剣と盾を手にする。 ルールは傷を負わすのはいいが、殺さない。 相手がギブアップした時点で勝敗が決まる。 審判はフェンシング協会のスタッフという本格的なものだった。  お互いが一礼すると馬に乗りフェンシングを構える。 盾は自分の背に...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (23) 

No image

 馬に乗りフェンシングで決闘する。 最終的には2人とも馬を捨ててフェンシングするんだ。だから擦り傷、切り傷だらけになる。 と、ボスは簡単に説明してくれた。  その相手、ルノーは自分を負かした相手には敬意を払って接するが、自分が勝つと言うことを聞いても上辺だけ。 ボスになったとき決闘を申し込まれ勝ったから言えるんだとも話してくれた。  「彼は、ルノーは、ここに来て、どのぐらいですか?」  「13、いや...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (22) 

No image

 それは、私が下っ端なのに警視になったからと言う理由だった。 日本だと下っ端には下っ端なりの仕事がある。 だけど、ここはフランスだ。上下に関係なくチャンスは平等にある。 刑事になってからの年数は短いが実年齢は30歳を超えている。大学卒業して、すぐ警視庁に入っていれば警部補とかになっていただろう。「親の七光り」という言葉付きで。 そう言われるのも嫌でフランスに来たんだ。 ここでは自分の力が全てを指す。...

  •  0
  •  0

自分の道は自分で決める! (21) R18! 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。

No image

 ショーンの口の中に押し込み我慢していたものを放つ。  「んんっ」  ショーンは私のを舐め取るとモノをしゃぶっている。 ああ、気持ちいい。  「ショーン……」  ショーンは口を離すと言ってくる。  「お前にも、俺がしたのと同様にしてもらうからな」  「いいよ」  嫌でない。 だからできたことだ。 ショーンのモノを口に含む。 デカくて喉につっかえる。 嘔吐きながらも根元まで含むことができた。 と同時に...

  •  0
  •  0