FC2ブログ

archive: 2019年03月  1/4

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (11) 

No image

まだ帰ってきてない。帰り道が分からないのか。広すぎて迷子になっているのか。18時過ぎても帰ってこない。もしかして誰かに拉致られたとか。それとも言葉が通じなくて困っているとか。 「治……」その頃、治はセントラルパークに住み着いてる人物に抱かれていた。 「くそったれっ」 「口が悪くなったな」 「なんで、あんたがいるんだよっ」 「お前が一人でここに居るはずないよな。俊平と一緒か?」だが、治は何も言わない。 ...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (10) 

No image

頼られているのが分かり、ユウゴは現実に目を向ける。 『休憩が終わるので19階に移動します』 『19階ってマット運動ですよね?』 『トランポリン、平行棒、鉄棒、他にもあります』治が声をあげた。 「おお、やってみたい」 「今の、分かったのか?」 「うん。トランポリンって聞こえた」 「段違い平行棒もあるって」 「うへぇ……」 『オサムは苦手なものがたくさんありそうだな』 『一つでも克服できればいいが……』そんな...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (9) 

No image

水泳が終わると30分の休憩になる。俊平もそうだが、俺も疲れていた。なぜかユウゴも。清水さんは、なにか紙の束を手にしている。 「うー……、アサミィ-」 「ま、40点かな」 「40ね。へいへい」 「ボスから水泳のレベルアップを図ってくれって言われて来たのだけど」 「嘘だろ。何も聞いてない」 「当たり前だろ。何も言わずに来たのだから」 「抜き打ちかよ。ひでぇなー」 「4ヶ月居るから、その間に本店並みにレベルアッ...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (8) 特別出演part2 登場 

No image

 22階に着くと、誰かが泳いでいるみたいだ。 「凄い……」 「速いなあ」 「誰が泳いでるんだろう」その人は泳ぎ切ったのか、プールサイドに上がると、こっちに歩いてくる。こちらに気がついたのか声を掛けてくる。 「ユウゴ、元気そうだな」 「え……、あ、アサミ? いつ来たんだ」 「30分ぐらい前かな」 「一人で?」 「そうだよ」 「ボスを殴ってクビになったとか」 「それは誰のことだ」 「ってぇ。叩くなよ」 「で、...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (7) さあ、これから本格的だ!

No image

 『よし、準備OK!お二人さん、移動するよ』俊平が声を掛けてくる。 「治、返事しろよ」 「うえ?あー、い、イエス」 「understand ? 」 「え、何が?」俊平は溜息をついている。 「あー、ワ、ワンスモア!」 「OK. Let’s Go 」 「あ、yes」 『ゆっくりと手を離して自分でベルトを外して』 「治、いちいちこっちを見るな」 「だって」 「誰のためにゆっくり喋ってくれてると思ってるんだ」 「そうだけど……」意味が分...

  •  2
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (6) ソフトな性描写あります。注禁ではありません。

No image

17階にあるトレーニングルーム。 「先にウエイトルームで計ります」 「はい」体重と筋力、握力と計っていく。思わず口笛を吹いていた。ヒューッ。 『Wow!!』 『ユーゴ、どうした』 『おい、見てみろよ』 『どれどれ……。Oh… 』 『こっちも。この2人、凄いや』 『次に走行距離計るので、こちらに』そう言うと2人は付いてくる。ランニングマシンに一人ずつ乗るように指示をだす。意味が分からなくても雰囲気で分かるのかオサ...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (5) 

No image

雄吾視点ふっふっふっ……。美味しそうな男子学生、キター!セキュリティカメラで見ているのだけど、可愛いなあ。少しぽっちゃり気味だけど可愛い。好み、ドストライク!俺を呼んでくれないかなあ。彼らを案内していたスタッフが声を掛けてくる。 「日本人スタッフ希望してるけど、どっちが行く?」その声にもろてをあげる。 「俺が行く。マモルはボス仕事あるからな」 「よろしく」 「はーい」日本語で話しかけると安心したみた...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (4) 

No image

俊平の独り言が聞こえてくる。 「最初からこれだと、先が思いやられる」 「なんだよ。俊平なら、どう言うんだよ」 「俺なら、素直に初めてですと言う」 「初めてって、なにが」 「ない頭で必死に考えたのは分かるが」 「ちょっとお」 「マシンジムは初めてですかと聞かれて、9時前にニューヨークに着きましたなんて、チンプンカンプンな受け答えはないだろ」 「え、マシンジム……?うわぁ、恥ずかしい」雄吾さんの声だろう...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (3) 特別出演者 part1 

No image

俊平は溜息をついていた。 「なんで日本人スタッフなんだ」 「だって」 「だってじゃない。語学力アップできないだろ」 「俊平が通訳だけで終わるじゃない。それが嫌なの」 「どういう」 「俺は、俊平と一緒にジムで身体を鍛えたいの。通訳で始まり終わるのは俊平も嫌だろ」すると俊平は考え込んだ。 「それもそうだな……」 「でしょ?」 「帰ったら復習させるという手があるか」 「復讐って……」 「勉強するために必要だ...

  •  0
  •  0

春休みは恋人とニューヨーク旅行 (2) 

No image

初めての海外。ツアーでなくフリーだから自分で何もかも手配する。タクシーでコテージに行ってもらうのだが、俊平がしゃしゃりでてくる。 「ちょっと、しゅ」 「お前の英語力で値段の交渉はできないだろ」 「値段の交渉って、なにそれ?」少し経つと、おいでと声を掛けてくれる。 「コテージまで連れて行ってくれる。荷物は脚でしっかり押さえとけよ」 「うん」車窓から外を見ていた。ケネディ国際空港。マンハッタンには、ク...

  •  0
  •  0