FC2ブログ

category: クリスマスに芽生えた友情(2018年度)  1/4

クリスマスに芽生えた友情 ~あとがき&次作と書籍のお知らせ

 いつも読みに来ていただきありがとうございます。『クリスマスに芽生えた友情』は、如何でしたでしょうか?  福山博人と山口昌平の出会いの話でした。  なんか、二人の性格というか馬鹿さかげんと仲の良さが窺える理由が分かりました。 ノホホンほのぼの系で天然御曹司の二人の坊ちゃん。 友は類を呼ぶ。と、いうことでしょうかね。  クリスマスにかこつけた作品でした。    そして、年を越えました。 本年も、よろ...

  •  0
  •  0

クリスマスに芽生えた友情 ~最終話は、サンタからのプレゼントだよ!

No image

 無事に免許証が手元に届いたショウはヒロトにメールしていた。 ツーリングしようと日にちを合わせると、たまたま12月24日になった。 「なんやかんやとあったけど、ヒロトといると楽しいな」 「そう言われたのは初めてだ」 「仲間から友だちに昇格な」 「嬉しい」 この時、ショウは生まれて初めて自分から手を差し出した。 本来なら嫌がって手を握らないヒロトだが、この時は違っていた。  お互いの手が温かい。 「これ...

  •  0
  •  0

クリスマスに芽生えた友情 (13) 

No image

 その言葉を聞き、ヒロトは呟いていた。 「日本人のくせに日本語の読み書きができないなんて」 「ヒロト、1週間で教えてくれ-」 「日本人は高校を卒業するまでの18年間で日本語を学ぶんだぞ。1週間でできると思ってるのか」 「難しいのはいらんから、日常会話のなら1週間でできるはず」 そう言い切ったので、日常会話の日本語を教えてあげようと思ったヒロトは外に出た。 雪を指し示し、「黒板です」と言ってやる。 その...

  •  0
  •  0

クリスマスに芽生えた友情 (12) 

No image

 鏡に映った自分の顔は、涙顔にはなってないが半泣きの顔になっていたのでちょうど良かったかもと思い、思いっきり顔を洗ってすっきりして戻ってくる。 「ヒロトは変わらないんだな」 「なにが?」 「そうやって私のことを知っても媚びることもなく何かを要求することもない」 「友だちになって欲しくて」 「それは媚びでも要求でもない」 「なにが言いたいの?」  その問いに即座に返していた。 「見返りはなんだ?」 ...

  •  0
  •  0

クリスマスに芽生えた友情 (11) 

No image

 7月中旬になるとヒロトはロヴァニエミ空港に着くと、そのままサンタクロース村へと向かった。 土産店は閉まっているので裏へ向かう。 その時、かまくらが溶けてないのを見ると、なんだか嬉しくなった。 トントンッと裏口をノックする。 少し待つとドアが開いた。  「ショウ、元気?」 「元気だよ。ヒロトも元気そうだな」 中に入るとスーツケースが無造作に置かれている。 思わず言っていた。 「荷作りしてるの?」 ...

  •  0
  •  0