FC2ブログ

category: うちの子達  1/75

男子は夢見る少年 (6) 

No image

 一方、こちらはコースケ。 逃げまくっていると、途中でビッグと会ったので背中に乗せてもらい逃げ回っていた。  「このクソガキ。犬は人間を背に乗せて走り回るものじゃない」  「お前らが俺たちを拉致るからだろ」   「捕まえろー。本物はこっちだ」  「あっちは無視して構わん。こっちに集中しろっ」   いや、お前らが”あっち”と言ってる奴は2人をノシて逃げているのだけど。 まあ、いいや。  「ビッグ。思い...

  •  0
  •  0

男子は夢見る少年 (5) 性描写(?)あります。

No image

 チョコレートを食べながらポケットの中身を見ていく。 コースケは輪ゴムを指に絡ませていく。 今度は輪ゴムを使うのか。 僕は何にしようかな。  縄って何に使えるかなあと考えていると、玄関に行くには階段を下りないと行けない。ということに気が付き、縄を手すりにグルグル巻きにしていく。 短いのは階段近くの手すりに付け、段々と長いのを巻いていくが、5本目は短いのにする。  コースケが持っている縄は階段の上り...

  •  0
  •  0

男子は夢見る少年 (4) 

No image

 ビッグと呼ばれた犬は、コースケの言葉に忠実に動いていく。 まずは自分の部屋へ。 そこは屋敷の玄関近くにあるのだが、大広間を渡り、廊下を3本ほど渡らないと行けれない。  その途中で誰かと鉢合わせてしまうことがあり、気が気ではない。 押しピンのピンを上にして階段の上り口に7列にして並べ置いていく。 少し間をあけて、今度はバナナの皮を敷くように置いていく。  すると、誰かが走りながら、どこかの部屋に向...

  •  0
  •  0

男子は夢見る少年 (3) 

No image

コースケと一緒に、その部屋から出る。 思わず声が出ていた。  「ひろっ」  「お城みたい」  僕の言葉でコースケは、ここがどこなのか分かったみたいだ。  「お城か……。なるほど、あそこか」  でも、今更だよなと言いながら歩き始めた。 何のことか分からない僕は、キョロキョロとしていたら、ある物を見つけたので勝手にそこに向かった。 で、コースケのとこに戻ると持っていた物を差し出した。 いじめっ子の表情を...

  •  0
  •  0

男子は夢見る少年 (2) 

No image

 どこかに連れていかれ、そのまま置き去りにされてしまった。 ここはどこなのだろう。 思いが口に出ていた。  「ねえ」  「どこだろう。何のにおいもしねえ」  目隠しもされているので何も見えないし、どうすればいいのだろう。とりあえず頭を振ると目隠しは解けるかな。そう思い何度も頭を振る。 ゴツンと音がした。 痛みも同時にきた。  「ったーい」  「なにやってんだよ」  「頭振ったら、これ解けるかなと思...

  •  0
  •  0