BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月

可愛いと言わないで (38) ~俺を信じて!

『御』のバースディパーティーが終わり、「優介の学ラン姿にもっていかれた」と言う『御』の言葉に照れて返していた。
 「そんな事無いですよ。やっぱり息抜きは必要ですね」と言うと、皆して笑ってくれた。

離れに戻る時、悟さんに言われた。
 「学ラン姿、カッコイイよなあ」
 「ありがとう。でも、スーツの方が素敵だよ。早くスーツの似合う大人になりたいな」
 「ゆっくりで良いからな」
そう言われたが、早くなりたい。だから、こう返していた。
 「悟さんや友兄の様に、ビシッとスーツを決めたいんだ」
すると悟さんは複雑そうな表情になった。
 「悟さん、どうしたの?」
 「40年掛かるかもな」
 「ひっどー」

離れに入ると学ランを脱いでいたら悟さんは聞いてきた。
 「この袖口どうしたんだ?」
 「袖口…」
悟さんは俺の脱いだ学ランの袖口を見ている。
 「ああ、そこはね、友兄が”ギリギリまで出して縫う”って教えてくれたの」
 「友兄って…」
 「友兄。で、この襟止めを直してくれたんだ。あとね、前立ての部分も縫い代を少なくして縫ってくれたんだ。少しブカブカだけど、大丈夫だよって言ってくれたんだ」
嬉しくて喋っていたので悟さんの表情なんて見てなかった。
調子に乗っていた。
 「あとズボンも丈を長めにしてくれたの。さすが友兄だよね。それに、ウエストのゴムを切って緩々にしてベルトを締めると、ずる事も無くOKだって。もう、神様って感じ。
で、一緒にパーティー会場へ行ったんだ」
そこまで言うと、悟さんの異変に気が付いた。
 「悟さん、どうしたの?顔色が悪いよ。寝てて」
 「ゆう、す、け…」
 「ゆっくり寝てて。俺は勉強するから。朝まで頑張るから、ね」

 「ゆ…、すけ、ボスは」
 「何?」
 「ボスは、お前の言ってる友兄は…」
 「友兄は、って何?」

悟さんの声が小さくなった。
 「死んだんだ…」

俺は叫んでいた。
 「嘘だっ!死んでない、友兄は生きてるよっ」
 「死んだ、んだ…」
 「そんな事言わないでっ!友兄は死んでないっ」
悟さんが泣きだしたので、驚いたほどだ。
 「嘘なら、嘘なら、どんなに良いか…」
 「悟さん…」
 「でも、私は信じてない。生きてるって思いたい…」
即答していた。
 「だって、友兄はここに来たんだよ。俺の学ランを直してくれた」
 「それが本物なら嬉しいよな」
 「悟さ」
 「優介。私はね、ボスが死んだって事も信じられないんだよ…」

俺は言いきってやった。
 「友兄は生きてるよ」
 「優介…」
 「生きてる。だって一緒に話をして、この制服を直してくれて、お茶も飲んだんた」
その「お茶」という言葉でテーブルに置いたままにしていた湯呑を思い出した。
 「やばっ、湯呑を片付けてない。ごめんなさい、お客さん用のが無かったので、悟さんの湯呑を借りました。すぐに洗いますね」
 「待って」
 「何ですか?」

悟さんはテーブルに近付くと湯呑を持ち上げた。
 「2つとも空だ」
 「だって、友兄も一緒に飲んだんだ」
そう、一緒に座ったんだよ。
 「悟さん、友兄は生きてるよ。死んだなんて信じない。もし死んだのなら連絡くるし、あ、双子の弟だっけ…、その人なら分かるんじゃないかな」

その言葉で双子の姉がいる事に気がついた。
それに、弟も都内で暮らしてる。
気持ちが楽になったのか、悟さんは言ってきた。
 「優介の言葉を信じるよ」
 「うん、信じて」


何の根拠もない、その言葉に気が付いた。
ボスにとって優介は大事な存在だ。
たった一人の、親友の忘れ形見だ。
そんな人に、ボスは何も言わない事はしない。
そう思うと、気が楽になった悟だった。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

何の根拠もない言葉。
 「俺を信じて!」
うん、信じるよ。


可愛いと言わないで (37) ~バースディパーティーへ

友兄は口を開いてきた。
 「優介、背伸びた?」
 「うん。この1年間で10㎝」
 「へえ、ならもう少し伸びるかもな」
 「理想は悟さんを追い越す事」
そうかと言いながら友兄はポンポンと優しく叩いてくれる。
 「友兄、学生服って縫える?」
 「どんなの?」
 「学ラン」
 「おおっ、見てみたい」

いや、見るのではなく縫えるのかと聞いたのだけど、まあ良いや。
部屋から学ランを持ってきたら、まだ着もしない内に友兄は言ってきた。
 「きつくないか?」
 「え…」
 「新しいのに買い換えるか、ギリギリまで出して…」
友兄は袖口に手を突っ込んでいる。
 「器用な奴だなあ…、ちょっと切るぞ」
 「うん」

裁縫道具を持ってきたら、友兄は手早くしてくれる。
 「4㎝出せるな。んで、8㎜分を、他の生地でこのテロンテロンと合わせて縫う」
 「さすが友様っ」
 「任せなさいっ。あー、首回りか。先に袖を縫ったら着て見せて」
 「はいっ」
 「その前に、前立ての部分を…。ふんふん、チャックでなくボタンか、ならばひっくり返して裏地との境をチョチョチョンッと切りまして…、4㎝出せるな」

 「両袖、出来ました」
 「うん、こっちも前立て出来たぞ。着て見ろ」
 「はい」

友兄は首回りの襟止めを直してくれた。
 「あ、首が楽だ」
 「学ラン、カッコいいなあ。で、腹の具合はどうだ」
 「少し緩々かも…」
 「少しなら良いだろ。ズボン穿いて」
と言われ、ズボンを穿くとチョチョチョンッと切った友兄は、そのままで両方の裾を直してくれた。
 「カッコいいなあ。よし、その学ランでパーティーに殴り込みだっ」
 「いやいや、違うでしょ」
写メられたが、なんか照れくさい。
でも、友兄と2人だけの時間を楽しみたいので、お茶を出して近況報告みたいな話をした。
 「へえ、悟と2人暮らしか」
 「うん、楽しいよ」
 「そっかあ、優介は悟が好きなのか」
その言葉に真っ赤になってしまった。
 「だめ、かなあ…」
 「悪いとは言ってないぞ。ただ、悟の方は、どう思ってるかだな」
 「好きだよって、言ってくれた」
ふふっと微笑んでくれる友兄は、こんな事を言ってくれた。
 「良かったな」
 「本当に、そう思ってくれてる?」
 「思ってるよ。お互いが、そういう気持ちを持って向き合っていると、周りの人間も何も言わないからな。それよりも、食事作りが一番大変だろ」
 「何か簡単に作れるメニューを知ってたら教えて」
そう言うと、いくつかのレシピを書いてくれた。
 「ありがと、友兄」
 「今度来た時は、優介の手料理を食べさせてくれ」
 「うん、それまでに頑張って自分のモノにしとく」
 「いっちょ前に言う様になったなあ」
えへへ、と照れていた。
誰よりも友兄に言われるのが、とっても嬉しいんだ。

友兄と一緒にパーティー会場に入ると、始まる少し前だった。
さすが友兄だよな、間に合った。
隣には友兄が居る。
ありがとう。
すぐに会場が暗くなり、パーティーが始まった。



2時間ほどすると、友兄の声が聞こえてきた。
 「さて、何を貰って帰るかな」
 「何の事?」
 「料理だよ。2食分は浮くぞ」
 「持って帰って良いの?」
 「パーティーの料理って、持ち帰りOKだよ」
 「へえ、じゃあ俺も貰って帰ろう」
 
友兄は6パックを貰い、俺は悟さんの分も含めて8パック分を貰った。
レンジで温めると良いと教えてくれた友兄は、門限だからと言って帰って行った。






  



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

友兄にお直しして貰った優介。
友明、優介の学ラン姿はカッコ良かったですか?

可愛いと言わないで (36) ~一番かけがえのない人と。。。

1ヶ月後の12月はクリスマスだが、『御』のバースディパーティーがある。
昨年までは毎年のように参加していた。
友兄に会えるからだ。
でも、今年は無理だ。
なにしろ、学校の模擬試験の最中だから。
でも『御』には誕生日当日である昨日、プレゼントを渡し、お祝いの言葉を掛け参加出来ないと断った。
 「息抜きに30分でもいいから、お出で」
と言われた。

分かっている。離れで暮らす様になって顔を見せないから、そう言ってくれるって事を。
きちんとご飯を食べてるのかどうかも気にしてくれてるのだろう。
なによりも着る服が無い。
昨年とは違い背も伸びサイズが2サイズ大きくなったのだ。
制服の学ランもピチピチでギリギリなのだ。
あと1年もってくれるかな。
ただ、カーテンを縫う時に色んな生地を反物で、あれもこれもと何も見ずに買ってくれたので、縫えば服はある。それに毛糸も入っていたので、今はセーターを編み中だ。こういう器用さが自分にあるので、大いに助かっている。だが、制服だけはどうにもならない。スーツを着てビシッ!となっている所に着ていけるのは制服しかない。

寝室に置いてある悟さんのクローゼットを開けて見る。
色んなスーツが掛かっている。
その内の1着を手に取り、上着に袖を通す。
着心地が良いが、袖が長い。
ズボンを穿いてみたが、これまた丈が長い。
駄目だな。
やはり今年はパスだな。
縫えばいいのだが、さすがにこの生地は持ってない。
勉強もしないといけないし、既に不参加だと伝えてる。

ふいにチャイムが鳴った。

ピンポーン…。

誰だろう。
チャイムを鳴らして声を掛けてくる人は昌平さんだけど、チャイムだけを鳴らす人って、隆星さんしか思い浮かばない。
もしかして、やっぱり行こうよと迎えに来てくれたのだろうか。

ピンポーン…。

また鳴った。
玄関口まで行くと、思い切って声を掛けた。
 「だ、誰ですか?」
 「お、当たりだ。優介、今年は参加しないのか?」

その声は…と思うと、ドアを開けていた。
 「友兄っ」
 「今年は不参加か?」
 「試験で勉強中なんだ。あ、でも『御』には昨日のうちに言ったよ」
 「勉強も良いが、息抜きも必要だぞ」
 「皆して同じ事を言ってくれるねえ」

わははっと友兄は笑ってくれる、その笑顔が見れて嬉しかった。
 「友兄、入って」
 「お邪魔します」
 「どうぞ」





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

優介にとって、一番かけがえのない人。
その人と再会して良かったね(*´∇`*)

可愛いと言わないで (35) ~一日遅れの誕生日

学校から帰宅すると、何を着ようかとクローゼットの中身と格闘していた。
だって、悟さんの事だからラフな服装と言っても、それなりの服装をして行った方が良いだろう。
だから、ジーパンではなくチノパンにして、上はセーターにした。仕上げにジャケットを羽織る。
鏡の前でくるっと一回りして、自分の服装をチェックしていく。
靴は登校用の靴かスニーカーしかない。
完璧になれないのは仕方ないかあ。

病院には10分前に着いた。
 「優介、こっち」
 「お待たせしてすみません」
 「まだ10分あるよ」

やっぱり、スーツ姿の悟さんはカッコ良いな。
その悟さんは近くのレストランに入っていこうとしている。
え、ファミリーレストランで食事なのか。
どうしたのだろう、レストランでも最低でも三ツ星に行く筈なのに。あ、でもファミリーレストランだと気持ち的に違うものがある。もしかして、そういう事まで考えての選択先なのかもしれないな。


悟さんはウェイターに声を掛けると、個室に案内された。
 「それじゃ、よろしく」
 「畏まりました」

食事が運ばれるまで何を話そうと身構えていたら悟さんから声が掛かった。
 「一日遅れで悪いが、誕生日おめでとう」
 「え、あ、ありがとうございます」
 「で、これは誕生日プレゼントだよ」
 「え、プレゼントは、昨日貰ったのに」
 「贈りたいんだ。受け取って」
 「ありがとうございます」
 「それに、お前は何もせずに人の身体に乗っかって寝てただけだろ」
 「あー、そうでした。ごめんなさい。開けて見ても良いですか?」
 「どうぞ」

ガサガサと包みを開けると、箱入りに驚いた。
蓋を開けると、中は腕時計とボールペンとシャープペンシルが入っていた。
 「悟さん、これ」
 「誕生日プレゼントだよ。おめでとう」
 「ありがとうございます。あ、あの」
 「これから必要になるよ。身に付けて欲しい」
 「嬉しい、ありがとうございます」

すると、ノックが聞こえ食事が運ばれて来た。
 「失礼致します」

並べられた食事は、どれも美味しそうだ。
しかも、本宅の食事には出ないメニューばかりだ。
温野菜スープをはじめ、ハンバーグや唐揚げ、ポテトサラダに煮しめ、スパゲッティはミートソースとシーフードの2種類だ。
ウェイターから「主食はどちらにされますか?」と聞かれ、悟さんは白米2号炊きと焼きお握りをお願いした。
食べきれるのだろうか。
しかも、『11歳の誕生日おめでとう!』とロゴ入りのケーキもある。
 「ケーキまである」
 「遠慮せずに、食べて」
 「嬉しい。悟さん、ありがとうございます。アメリカから戻ってくるまでには食事のレパートリー増やしておきますね」
 「行くのは来年だ」
 「来年…」
 「夏に行く。3年間居ないが、私が居なくても昌平や皆が居る。
優介。お前は一人では無いんだよ」
 「ありがとう」

涙が出た。
その涙を拭き取るかのように目の下を舐められキスされた。
うわ、恥ずかしい。
これ、個室だから出来る事だよね。
悟さんって、大胆なとこあるよなあ。

全部は食べきれずに、ケーキは持ち帰った。
美味しかった。
ご馳走様でした。









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

美味しそう~(。・ρ・)ジュル


可愛いと言わないで (34) ~誕生日プレゼントの中身

※R15!!※


すると、腹部より下に掌を感じた。
 「あ、さと」
 「ん、そのまま」

俺の大事な所をやんわりと包んでくれる。
 「はっ、う…」

悟さんの声が耳元で聞こえる。
 「元気に主張してきてるね。それじゃ、忘れない様に丁寧に洗わないとね」
 「ふ…」

揉み込んでるのか、優しかったり激しかったりと動かしていく。
 「あ、あ、ん…」

するとお湯を掛けられた。
 「見てご覧、自分のを」
そう言われ、悟さんの手元を見ていた。
 「あ…」
 「この先端から、飛び出てくるんだよ」
そう言うと、先端に指をあてがい突っ込まれてるのか、そんな感覚が来た。
 「ああっ」
 「でも、まだ固い」
 「悟さん…」
 「お湯に浸かって温まろう」
 「うん」


追い炊きをして身体を温めると、脱兎のごとく風呂場から出る。悟さんの笑い声が聞こえてくるが恥ずかしいんだからね。脱衣所で水滴を拭ってると、悟さんが出てきた。
バスロープの前をギュッと縛る。
悟さんの身体には、先程ケーキを食べる前に見せた、ある物をグルグルと巻き付け、その上からバスローブを羽織ってもらう。
 「何をされるのか楽しみだな」
 「あはっ」


2人してベッドに横になると、俺は悟さんのバスロープを解き、小声で「頂きます」と言うと悟さんの身体に巻き付けた物を解いていく。
悟さんの身体は武闘家みたいに筋肉が盛り上がり、とても逞しい。
そんな身体に触れてると、幸福感を感じられる。
それは、とても贅沢な時間だ。

いつかは、ここを出る。
でも、それは今ではない。
だから、思い出を作っておくんだ。


だが、優介は何も動かないので、悟は我慢の尾が切れかかってきそうだ。
 「優介、何もしないのか?」
だが、何も返ってこない。
 「重いぞ。まさか寝てるのか」


何の動きも無ければ、返答もない。
こいつは人をプレゼント扱いしておいて、自分は寝るのかよ。
まあ、風呂場でやったからな。
お休み、優介。

下着とパジャマに着替えさせると自分の方に引き寄せる。
誕生日、おめでとう。


一夜明けた翌朝、悟さんは言ってきた。
 「優介、今日の夕食は外食しよう」
 「え、外食って」
 「たまには良いだろ。私服に着替えて、19時に私の勤務先の病院に来て」
 「悟さんの病院ですか?」
 「ああ、そこから歩きで、そんなにも掛からない」
 「はい、分かりました」








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

誕生日プレゼントは悟、そのものでしたね。
で、何もせずに悟の身体に覆い被さったまま寝る優介wwww


FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ