BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPヴィオレ・パルルの男前二人(アキ&コウタ) ≫ 『ヴィオレ・パルル』の男前二人 (13)

『ヴィオレ・パルル』の男前二人 (13)

ライブ間近の最終練習日。

 「さあ、いよいよ数日後には本番だ。
今日は衣装着てするぞ」

OK!!

衣装を先に着てヘアメイクにフェイスメイクをする。
アキは元々紫が入ってるのでフェイスメイクをするだけだ。
他の3人はヘアメイクに時間がかかりそうだが、先にケンをやる。
なにしろ、こいつには骸骨模様の衣装のメイクがあるんだからな。

マサが丁寧に骨を描いていく。
 「ここは胸椎で腰椎、そして骨盤に尾骶骨……」
と、嬉しそうに描いていってる。
さすが医者だな。
俺には背骨やあばら骨ぐらいしか分からないや…。

挙句の果てには、黒Gパンの前部分のポケットには『心臓』、後ろポケットには『髑髏』と『リボンを掛けた骨2本』をそれぞれに描いてる。

髑髏模様がされているマスクを頭から被り、ヘアメイクをする。
ケンの骸骨が出来上がりだ。

当の本人は鏡を見て、ガックリと項垂れている。
お似合いですよ、ケン様。
ふんっだ、ざまあみろっ。
まあ、こいつは在宅ワーカーだから仕事に支障は無い。


マサは紫シャツの襟もとには紫をベースにしたグラデーションのスカーフを巻き、黒のマントを羽織っている。マントの裾は金銀で縁を彩り、カボチャや骨がぶら下がっている。
そして、カボチャマークをトップに付けてのペンダントを首に掛けている。
本当に、こいつはカッコ良いよな。


コウタはドラムという楽器のせいで見えにくいが前髪を立てたトップに十字架をくっ付けている。
紫シャツの襟もとには蝙蝠がぶら下がっているペンダントと紫色のチョーカー。
思わず笑ってしまった。


リーダーはボーカルというのもあり、前髪を立て、紫に金を挿しこんでいる。
可愛い系のルックスが凛々しく見える。
紫シャツに黒マントを羽織り、マントの裾はマサと同じく金銀で縁を彩り、数ヶ所に蝙蝠や骨がぶら下がっている。
襟元には十字架のペンダント。


え、俺?
俺は前髪をあげれば紫なので、そのまま撫で付ける。
紫シャツの襟もとには何もつける気は無かったのだけど、マスターがマントを羽織らせてくれる。
マサとリーダーと同じく、マントの裾は金銀で縁を彩り、ぶら下がりの物は拒否した。
そのせいで、チェーンネックレスを付ける羽目になった。


マスターも着替えていた。
オーソドックスなタキシードを身に付けたドラキュラ姿だ。
上質な上下に、マントも上質そうだ。
口角には牙を付けてる。
コンタクトを外したのか、紫なのか菫なのか、どちらにもとれる瞳の色。
ハットを被ると、ドラキュラの出来上がりだ。


集合写真と、個別に写真を撮り、それらを壁に貼り付けるらしい。

さあ、気分も新たにリハだ。



そんな日。
音が漏れることは無いのに、8人の人間が『violet perle』のドアの前に居た。
 「本当に、ここに居るのか?」
 「ああ、あいつの紫は絶対に間違えん」

 「5年か…」
 「約6年だな…」


だが、この連中は知らなかった。
ここのライブメンバーは、皆が皆、紫になっている事を。
そして、似たり寄ったりな体型とルックスの持ち主が3人居るという事も。












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

今日は、メンバーが衣装着てのゲネなのね。
ふふっ、楽しみ~
でも、絵が描けないので想像するしかない( p_q)エ-ン
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ