BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP俺の隣は。。。(利根川×高瀬) ≫ 俺の隣は。。。 番外編

俺の隣は。。。 番外編

※番外編※利根川視点


 「なあ、利根川」
 「なんだ?」
 「なんで、ここにしたんだよ」
 「なんだ…、引っ越したばかりで、もう不満か…」
 「だって、ここって…」

もちろん、俺は分かっていた。
 「だって、義昭は坊ちゃんが好きなんだろ」
 「……」

その微笑が怖い。
利根川が何を考えているのか、読み取れない高瀬は黙るしかない。
そういう高瀬の気持ちを正確に読み取った俺は、ビンゴになるだろう言葉を言い当ててやる。
 「ここに居れば、常務に何があっても直ぐに駆けつける事が出来るだろ。
それに、俺も居る事だし。
二人揃っていれば、社長も安心な筈だ。違うか?」
 「そ、それはそうだが…」

 「まさか、坊ちゃんとヤリたいと思ってる、とか?」
 「いや、それはもう無い」
 「ふーん…、即答ね」
 「だって、あいつは俺らを兄貴だと思ってるんだ。俺にとっては、守るべき大切な奴だと思っていたのに。でも、俺はあいつではなく、五右衛門を選んだんだ」
 
その言葉に、思わずニヤついていた。
 「それは嬉しいね。だけど、俺はチャンスがあれば、あいつをヤリたいと思ってる。」
 「なっ…」
 「あいつの身体は忘れられない…」
 「五右衛門……」

 「俺達二人で回す、というのも有りだぞ」
 「え……、さ・さんぴー……」
 

義昭の、その言葉に笑いながら言ってやる。
 「はははっ…、楽しいだろうなぁ……」


利根川は想像してるのだろうか、本当に楽しそうな表情になっている。
あ、それでも政行の側に居れて、あいつを守れる位置にいるって事は、ここに引っ越してきて正解なのか。もしかして、五右衛門はそこまで考えての行動だったのか。
さすが専務、侮れない。
社長秘書してた頃とは違う、平和的な刺激だ。
なにしろ、社長秘書だった頃は出張する度に、現地での暴走君たちを食い止め、睨まれ殴る蹴るの繰り返しだったからな。
強くなければ、殺される。

そういえば政行を怪我させた、あの偽物警備員。
あの3人に報復したいな。

社長秘書でなくなったので、長期な休みを取りにくくなった。
それに俺が居ないと、政行は寝て過ごすだろう。
それだと五右衛門に狙われる。




 「義昭っ!」
何を考えてるのか、押し黙ってしまった高瀬の身体を揺らす。
 「あ、ああ、何だ?」
 「何を考えてるんだ?」
 「政行に怪我をさせた3人に報復したいって」
 「また、あいつの事か…」

溜息もんだな…と、思っていた。
 「でも会社を壊してくれたんだ。お礼参りはしたいよな」
 「そうだよ。あいつ等の居場所は分かってるんだ。あっちは俺の事も知ってる」
 「社長秘書でなくなっても、あっちにとっては社長秘書イコール高瀬だからな」
 「五右衛門…、俺」

五右衛門はとんでもない事を言ってきた。
 「俺も加わる」
 「は?」

 「俺も加わって退治してやる。」
 「五右衛門……」
 「お前だけにはさせない」
 
 「俺…、俺……」
 「義昭、お前の気持ちは分かるよ。お前にとっては大事な物を両方傷つけられたんだ。
黙って素通り出来ない事柄だ。」
 「五右衛門…、ありがとう」
 

俺は高瀬を抱きしめキスして、少し顔を離し高瀬の顔を窺い見る。
真っ赤になった高瀬は可愛い。
なので、今度は深く高瀬の口の中にねじ込んでいく。
 「ん…」


高瀬。
今度は二人一緒だよ。
俺は、ずっと見てきた。
お前だけを。



これからは、ずっと一緒だ。
次に狙うのは、公私の公だな。
そりゃ、坊ちゃんも狙いの的に入ってるけどな。


見てろよ、古狸の重役連中め。
お前等から義昭を守って、堂々と俺のモノにしてやる。

















番外編(終)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ありがとうございました。
明日からリアルで忙しくなりますので、3日ほど更新お休みします。
来週は、リクエストで頂いてる新作を公開させて頂きます。

それまで、お待ちくださいね(*´∇`*)




関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ