BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP4人の幼き戦士(2周年記念) ≫ 4人の幼き戦士 (9)

4人の幼き戦士 (9)

※殺人描写有り※



 「貴様等、誰に何をしてるのか分かってるのか…」
睨み付け乍らグズは言葉を放つ。

 「はっ。貴様にだよ、このイタリア坊ちゃん」
 「カピターノは独房だけど、警備が付いてるしな」
 「恨むのなら王を恨めよ」
 「俺達はイタリアが大っ嫌いなんだよ」
 「今迄の鬱憤、晴らしてくれるっ」
 「おい、外に居る奴等も入って来い」

だが、グズは直ぐに行動を取った。

中に居る6人を先に殺り、入ってこようとする奴等に投げ飛ばしてやる。
だが、相手は大人だ。
子供隊の連中なら、ここまではしないだろう。
覗かれる事はあったが、手は一切出してこなかったからだ。

だが、大人は違う。
それに、この連中はグズだけを狙ってくる。
近付こうとする大人が自分の半径30㎝以内に入ると、すぐ殺る。

ナイフだ。
2本持ってる内の1本で喉を切り裂いてるのだ。
もう1本は、牽制の為に使ってる。


暗く冷たい房には、夜は一切の明かりは点けない。
その真っ暗闇の中、銀髪碧眼だけが煌びやかに浮かんでいる。
だから、相手にとっては好都合な的なのだ。
しかし、グズにはアレがある為、相手の位置が分かるのだ。
グズの房があるエリアから廊下に出ると、明かりが点されている。
大人だけでなく、子供達まで、そのグズの姿に見入っていた。

なにしろ、一糸纏わぬ全裸だからだ。
美し過ぎる銀髪碧眼だけでなく、適度に付いた筋肉に、薄くだが腹割れに、男のシンボル。
グズが動くと、そのシンボルも微かだが揺れている。
滅多に見る事の無いグズの殺人の表情と、その裸体には赤いマークが付いてる。
分かる奴には分かる。
その赤いマークとは、キスマークだ。

喉から手が出るほど、見事な身体だ。

だけど、大人隊の隊員達は、先に殺された6人以外は、グズの身体に触れる事は出来なかった。


大人隊95人の内カピターノを覗いた94人は、あっという間にグズの手によって殺された。
7歳の男児に。

あっという間だったので、騒ぎには至らなかったのだ。



息を切らす事も無く、二本のナイフで殺したグズは、そのままシャワールームに進む。
シャワーを浴び、気持ちが落ち着くと房に戻る。
その為、シャワールームを出ようとすると、声が聞こえてきた。
 
ウォルターの声だ。
 「お前ねえ…」
慌てたリンの声も聞こえてきた。
 「はい、これ」と、タオルで拭いてくれて、そのタオルに包まれ抱き上げられる。

グズの房に戻りながら二人は言ってくる。
 「グズ。何があったのかは、お前の身体を見ると分かるが…」
 「グズ、やり過ぎだよ」

バーンズの慌てた声が微かに聞こえてくる。
 「グズッ!グズ、何処だっ?」

ウォルターが、それに応じる。
 「バーンズ、ここだ」
 「グズッ…」

バーンズは、ウォルターの声に反応して駆け寄ってきた。
グズの身を案じていたバーンズは、心配気な表情から安心した表情に変わったが、その後、グズは叩かれた。

パンッ!

 「グズ、お前はっ」
だが、バーンズの声を遮り、グズは言う。
 「嫌だった…。あ、あんなの……、あんな事っ!」


だが、そこまでしか言えなかった。
直ぐに倒れたからだ。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


7歳ですもの。
一人で殺すには、無我夢中で疲れるでしょうよ…
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
アレの助けがあったとはいえ。。

手加減は出来ませんもんね。
力の差は歴然だし、数の差も。やらないとこっちが危ない。
こんなに大勢で7歳児にナニさせる気だったんでしょう(判ってますけど)。組織も、大人と子供を隔離するくらいの知恵は持ってほしいゾ。

男ばっかり、なんだから。

で、起きたら忘れてる。 ってことになったらグズには有利?
2016年07月14日(Thu) 10:45
Re: No title
編集
ますみさんへ

ほんと、手加減は出来ませんよね

大人の方は、おそらくグズは大人、という目で見てるでしょうから
グズは長身で、それなりに体格も良い方ですからね


> で、起きたら忘れてる。 ってことになったらグズには有利?
忘れてるのかどうか・・・
でも、忘れられないのではないでしょうかね?

大人数でヤラレルなんて事、滅多にない事でしょう



2016年07月15日(Fri) 09:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ