BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP鞭と目隠し(俊平&治) ≫ R18! 鞭と目隠し (最終話)18歳未満&抵抗のある方はご遠慮ください

R18! 鞭と目隠し (最終話)18歳未満&抵抗のある方はご遠慮ください

※R18※


約束を信じた治は鞭を縛られたまま、再度エッチ2回戦目に突入した。
目を瞑っては俊平の息遣いを、温もりを感じている。
 「ふ…、ふ…」

なにやら自分の感覚が研ぎ澄まされてるのか、そんな感じがする。
 「ん、ん…」

俊平の唇が、俺の胸筋に沿ってる鞭の辺りを舐めてくる。
 「はぅ…」

腹にも足にも、腕にも脇にも、俊平の息が掛かる。
 「ん、んぁっ…」


俊平が動くたびに、鞭はギシギシと治の裸に纏わりつく様な感じだ。
 「しゅ、ん…」
 「治…」

俊平の息遣いが荒くなる。
あ、もう駄目。俺、イク。

 「んんんっ…」

治の白濁が、俊平の身体にも飛び散る。
だが、俊平のも同時に治の中を潤してくれる。
 「しゅんぺ…」
 「治、俺の治…」

俊平は治の身体に覆い被さる。
だが、まだ鞭を解いてくれないので抱きしめる事は出来ない。
余韻に浸るのだろうか、良いけど、俺も抱きしめたいな。

その時に、何か違和感を感じた。
俺、目をまだ瞑ってたっけ?
何か暗い感じだ。
もしかして電気消してるのか?
点けてやるよりは恥ずかしくないから良いけど…。
でも、何か変…。


俊平に抱きしめられてるので、まだ良しとしていた。
俊平の声がする。
 「治、本当にイイ反応だな。俺は嬉しいよ」
 「え、そう?」
 「ああ、本当に嬉しい。待ってろ、解いてやる」
あ、鞭を解いてくれるのか嬉しいな。


きつく縛られた鞭は解け、俺は俊平に抱き付いた。
んー、でも違和感がまだあるんだけどな。
目の辺り、何かなってるのかな?
 「本当にイイ反応だ。治、分かるか。お前、感覚が研ぎ澄んでるだろう?」
ほら、と言って、俊平は俺の尻に手を当ててくる。
それだけで、俺は感じてしまう。
 「アッ…」

俊平の手は、尻から太腿に這わせてる。
 「ぅ、うん…」

外してやる、と言ってくるが何の事か分からなかった。
だが、何かが外れたのだろう、俺の目の前は明るくなった。
俊平は言ってくる。
 「良いね、その目。ほら、これだよ」
と言って、見せてくれる、その物。
まさか、それは……。

 「俊…、平。まさかとは思うが、それ…」
 「凄くイイ反応だったぞ」
 「う、嘘つきっ!俺、言っただろ。それは嫌だって…」
 「でも、お前はこうも言ってきたぞ。もっと俺を見て、って」
 「そ、それは…、それは言ったけど…」
俊平はニヤつきながら言ってきた。
 「だから、見させて貰った」

俺は睨み付けてやるが、俊平には効かないみたいだ。
 「もっと、色んな治が見たくて付けたんだ。でも、お前は抵抗しなかった。それに泣きもしなかったからな。去年の正月旅行の時は泣いて、その泣き顔に負けて俺は断念した。
でも、今回は抵抗も泣きも無かった。だから付けたんだよ。
そう見つめてくるなよ、照れるだろ…」
そう言いながら、俊平は俺の鼻の頭を小突いてくる。

ったく、この野郎…。
せめてもの意趣返しとして、治は自分を小突いてくる俊平の指を持ち挟んで噛み付いてやる。
 「いっ…」

ふんっ、だ。
痛がれ、もっと痛がれ。
人の嫌がる事をしてくれて、今度は俺の番だ。
俊平、覚悟しろよ。

そう心の中で言い、治は俊平の頭を抱きしめ唇にふれた。
最初の内は驚いていた俊平だが、そのうち俊平の腕は治を抱きしめてくれる。
 「ん…、ん…」

息が出来ない。
顔を少しだが横に避けると、俊平の顔も唇もくっ付いてくる。
今度は反対方向に唇を避けるが、俊平の顔も唇もくっ付いてくる。
息がしたい。
 「ふ…、んふぅ…」


何度目かの避けをした後、ゆっくりと唇が離れる。
やっと息が出来ると思い、思わず口を大きく開けてパクパクとさせる。
 「治からのキスなんて初めてだな」
 「俺は、舌なんて挿してません。ったく、息が出来なくて困ってたんだからな」

俊平は蕩け顔で言ってくる。
 「キスされたら、キスを返すもんだろう。今度は、俺からだ。受け取れ」


俊平からキスされる。
遠慮なく、口内に舌が挿し込まれる。その舌は俺の舌を探し当てると絡め取る。
 「ん、ん…」



俊平からキスを受けて治は決意を新たにした。

俊平、俺の事を見て。
もっと、俺を見てね。
もう、二度と目隠しなんてさせないからな。
何処かに隠してやる。


















- 番外編 (終) -





☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
二話と言うショート・ショートですが、番外編を書きたくなって、書いてしまいました。


俊平と治の2人を、これからもよろしくお願いします<(_ _)>



ポチッと押してね⇓⇓⇓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ