BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP君は腐れ縁であり運命の人(ユタカ編) ≫ 君は腐れ縁であり運命の人(35)

君は腐れ縁であり運命の人(35)

ボスがジュンヤに声を掛けてくる。
 「このまま、あいつを突っ込ませろ。合図をしたら右に寄るんだ」
右?
何があるのだろうと思ったが、合図を受けて右に寄った。

すると、視界から竣太が消えては、派手な音が聞こえた。

ダダダダダーーンッ!

あ、なるほど階段ね。
酔っぱらってるので、階段の有無が分かって無かった。
という話が出来上がるな。
それでも、竣太は中々起きてこない。
皆は驚いて音がした方を振り返って見てるが、何処にも被害は無い。
なにしろ階段だからな。

既に1階に降りていたボスの声が聞こえてくる。
 「医者の卵ですが、宜しいでしょうか?」
ボスが、そう伺いを立ててる。
え、ボスが診るの?
ジュンヤの方を見ると、両手を上げ肩をすくめてはお手上げのポーズを取っている。
仕方ないな、と思って1階に降りていく。
すると、何処から出してきたのか、聴診器を耳にしている。
 「えっ…」
 「いつの間に…」

すると、ボスが言ってくる。
 「大丈夫ですよ。死んでは無いです。ただ気を失ってるだけです。酒の飲み過ぎで、階段の上から落ちたみたいですので…。どなたか、控室に連れて行ってあげて下さい」
そう言うと、警備員は竣太を控室に連れて行き、皆は安心してパーティは続けられた。
だが、その聴診器は上着の内ポケットに入れられようとしている。

ジュンヤが聞いていた。
 「いつから…」
 「医者としての嗜みだ」
私も聞いていた。
 「礼服の内ポケットって、小さい筈…」
 「それ用だけどな」


すると、役名ローレンが口を挟んでくる。
 「あの時の撮影で使ったからね」
 「本物の聴診器を持ち運び出来るように大きめな内ポケットを作って貰ったからな」

聞いてみた。
 「あのさ、その撮影って、どんな撮影だったの?」

すると、二人して説明してくれた。
先に友が、
 「ある宮殿を舞台とした話で、3人の若者が居ました。
一人は医者で、一人はモデル、もう一人は王子。」
次いで、役名ローレンが、
 「医者はアラン、モデルはローレン、王子はプリンス。
その3人を巡る恋愛アクション物語だよ」
ジュンヤが聞く。
 「へー。で、相手役の女優は誰だったの?」
 「男同士の恋愛物だよ」
おっ、男同士っ?

私は友に聞いてみた。
 「えっ!という事は、正装だけでなく礼服も略礼も持ってるって事?」
 「そこかよ…。まあ、持ってるけどな」
 「ちなみに、どれぐらい?」
友は、ローレンに聞きながら言ってる。
 「正装が白黒の2種類が2ずつで、礼服と略礼も10ずつ。インシャツは20だっけ?」
聞かれては、ローレンも応じている。
 「そうそう、それにリボンタイとネクタイとカマーバンドは10だったな」
 「靴下は20だっけ?」
 「正装用のも数えて22。で、靴は12」

今度はジュンヤだ。
 「で、それらは貰える物なの?」
 「そうだよ。だって、既存サイズのを自分のサイズでリメイクしてくれるからね」
 「へー…。衣装持ちなんだな」

ボスは言ってくれる。
 「で、体型もサイズもそんなに変わらないから、まだ着れるって事なんだよね」
なんか、ボスの視線が私の腹辺りを見て言ってるみたいで、むかつく。
だから、言ってやった。
 「なるほど、成長が止まってるって事だな」
そう言うと尻を蹴られた。
 「ったいなー…」
 「リメイクした箇所を解けば、既存サイズに戻って着れるのっ。お分かり、ハーフ君?」

するとモデル連中は聞いてくる。
 「へー、ハーフなんだ」
 「だから、綺麗な銀髪なんだね」
 「どことのハーフなの?」
 「目の色が青だ。綺麗なチョイスだね~。モデルでも出来るんじゃない?」


すると主から声を掛けられた。
 「そろそろ始めようと思うのだけど、良いかな?」
 「あ…、はい、宜しいですよ」
そう言って、気が付いた。
 「ミスター、もう一人宜しいでしょうか?」
 「誰?」
友を指し示して言った。
 「この人です。ピアノ弾きです」
すると、主はホクホク顔で応えてきた。
 「ピアノか、良いねぇ~。お願いするよ」
ダメもとで聞いてみる。
 「バスはありますか?」
 「バス?……バスって、オーケストラのコントラバスかな」
 「はい、そうです」
 「あるけど…」
 「それでしたら」
だが、遮られた。
 「ユタカッ!」
すると、主が目を細めて言ってくる。
 「ほう、君は素晴らしい経歴の持ち主だな。医学部だけでなく、バスまでだなんて」
待ってなさい、準備させる。
そう言って、主は何処かに向かった。


友とジュンヤが二人揃って睨んでくるが、無視してやった。
モデル連中は興味津々な表情だ。
ローレンが皆に説明してる。
 「アランはね、ピアノを弾かせると上手いんだよ。楽譜さえあれば何でも弾けるんだよ」
あ、そうだ。十八番のあれ、弾いて。
そう言うと、歌いだした。
 
 「A whole new world」♪
友の十八番のだ。
さすが俳優やってただけあって、歌声は良い。
すると友の歌声も聞こえてくる。
その内、モデル連中の歌声も張り合う様に聞こえてくる。
その中でも、友の声は張り合うことは無く、自然な歌声だ。
こういう時に、歌声が聴けるだなんて嬉しいな。
そういえば、教養では声楽を取っていたな。
彼等の歌声を聴きながらサロンに向かった。

その内に、撮影時の主題歌だと言っては二人揃って歌ってくる。
あ、この歌知ってる。
そうか、この歌の映画に友は出演していたのか。
こいつは、やっぱり父親と同じ芸能界入りするのかな。
ふと、そんな事を思った。











☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
さあ、竣太君を退治したユタカとジュンヤ。

医者の卵として友が診断して、竣太君は控室に。。。



ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ