BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPTrick or Treat !!(福山一家&全員集合) ≫ Trick or Treat !! 後半(1) ~招待状~

Trick or Treat !! 後半(1) ~招待状~

オーストラリア・ドンから招待状が届いた。
封を開けると、こう書かれてあった。

ハロウィンパーティ招待状2015/10/31



 「へー、トモの所でするのか。ジョン、ジョン」
 「何ですか?」
 「ハロウィンパーティをするんだって。だから、この日は行っておいで」
 「ハロウィン?どこで?」
 「トモのクリニックで」
 「え、あそこで?でも、レイ…」
 「ランチを食べに行く。だけど、ジョンは楽しんでおいで」
 「仮装でのファッションショーか・・・」
 「楽しんでおいで。こういうの好きだろ?」
 「ありがとうございます。」
ふふっ…、ハロウィンかぁ~、楽しみ♪
2週間ほどあるから、時間は十分にあるな。


 「ウィル、ウィル」
 「なんだよ」
 「あのな、この招待状を渡しとく」
 「え、なんの招待状?珍しいね、フィルか」
招待状を開けて見ると、ウィルは嬉しそうな表情になった。
 「ワオッ!クリニックって、あの王子の所の?」
 「そうだよ、あそこの1階でするんだ」
 「行く行くっ」
へー、楽しみだぁ♪
仮装ファッションショーもあるのか…、いやショーは見るだけで良いや。

違う声が聞こえる。
 「ハロウィン?」
 「ミハエルも来る?」
 「誰でもいいんだってさ」
 「え?…あ、本当だ。書いてある」
 「どうする?」
 「行くっ」

ミハエルは呟いていた。
 「そういえば、ドイツではハロウィンの行事は無かったけど、皆して真似事をしていたな」
その言葉に、ウィルは返していた。
 「そうだね。本宅でもしてなかったし…」
フランス人のフィルは応じてる。
 「その分、収穫祭でパフォーマンスするからな」

 「ねね、フランスではどうなの?」
 「地域によって違うよ」
 「アメリカでは、皆が皆楽しんでたよ。それにアメリカから派生したらしいな」
 「楽しければ良いんじゃないか?」
 「そうだね。それじゃ、何になるか考えとこっと♪」


ヒロトから手渡しで貰った招待状を見て、エドは嬉しそうだ。
 「ダンケ。ドイツではハロウィンの風習は無いから仮装だなんて直ぐには思い浮かばないな。
で、ヒロは何になるんだ?」
 「まだ決めてないんだ。それに2週間あるからな」
 「そっか、私は何になろうかなぁ…」

ヒロトは提案してくる。
 「カフェのスタッフは仮装とまではいかないが、ユニフォームに色を加えるみたいだよ。トモが言っていたから。だから、パイロットやスペアマンも参加させればいいと思うよ」
 「ああ、そうだな。大勢の方が楽しいだろうな。声掛けてみるか」
 「で、忘れるなよ。ハロウィンなんだから、子供にはお菓子だからな」
 「ああ、そうか。なら、ファッションショーの参加者にも参加賞としてお菓子だな」
 「ここの名物が良いな」
 「一番の名物は無理だから…、最近売り出してきてるキャロットとパンプキンとほうれん草クッキーの詰め合わせだな」
 「紅茶の方は、どうなってる…?」
 「あと2年位で新茶になる予定だ」
 「ん、分かった」
あれは、本当に美味しいからな。
一日に10箱しか作れない限定品だからな、それをあんな風にされて…。
レディ、私は諦めないし忘れたくも無い。
貴方の言葉と同じ事を、貴方の子供は言ってくれる。
 『私は見てくれのような軟な人間ではないわよ』という貴方の言葉。
だが、オーストラリア・ドンとなった貴方の子供の言葉はこうだった。
 『私は、おだてあげられてそれに乗っかるような軽い人間でも、お飾りの人間でもない。』



場所が変わり、ここはジュンヤのお店。
パースに店を持って初のハロウィン。
レンタル衣装のケースには次々とレンタルの契約済カードが貼られていく。

そして、クリニックボスからの招待状も届いた。
それもあってか、忙しいなりにも楽しみにしているのだ。

その他にも、クリスマスパーティの衣装とかもレンタルされては、スーツ等をオーダーメイドしてくれるお客さんも居る。
大学時代の仲間が次々と衣装を借りに来てるが、ボスはまだだ。
平日は色々と忙しいから、休日には一緒に来るのかな。
そう思っていたら、週末3人でやって来た。
 「いらっしゃいませ」
 「ハロウィンの衣装を借りたいのだけど、最初は子供用だな」
 「ハロー、ジュン。どんな衣装が良いかな?一杯あるよ、見てご覧」

子供用のエリアに連れて行かれたジュンは、嬉しそうな声を出してる。
 「ワオッ!カッコイイのが一杯だっ。ねえ、着て見てもいい?」
 「良いよ。着替えるのを手伝ってあげるよ」
 「お願いします」

 「あ、ダディはヒロと向こうに行ってて。自分達のを探せば?」
 「えー、見てみたいんだけどな」
 「当日のお楽しみだよ♪」

 「という事で、大人は大人のエリアで探して下さいね」
くすくすっと笑いながらジュンヤは言ってくる。



ん……。
声がしないし大人しいと思ったら、博人さんの姿が見当たらない。
もしかして、自分で探してるのだろうか。

本当に、当日のお楽しみになるんだな。
まあ良いよ。
しかし、本当に一杯あるんだな。
さすがモデルやってただけあって、種類も豊富だ。

暫らくの間探し回っていたら、あるモノに目が行った。

ぐふふ・・・。








☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
後半、大人の部の始まりですよ~

さあ、今日は招待状が届いた。
封を開けてみると・・・!

ハロウィンパーティ!!!

そして、2週間後の31日にパーティは開かれます。



ごめんなさい(*- -)(*_ _)ペコリ
リアルが忙しくて毎日更新できません。。。
明日から1週間は2回更新出来ればいい方です。
でも、頑張って31日にはパーティを開催しては終わらせます(目標宣言ww



※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Comment

編集
ハロウィン🎃!私も参加したいな〜〜ッと🎵
でも、お誘いもあるし…。

今回は見物に徹します。
楽しみ‼
2015年10月16日(Fri) 19:29
Re: タイトルなし
編集
ますみさんへ

お帰りなさい
退院おめでとうございます!!

入院中は退屈しませんでしたか?
それはそうと、昨年のコメントに書かれていたネタで、書かせて貰いましたよ。
スカイダイビング、覚えてますか?
合宿シリーズで、書かせていただきました。
時間がある時は、ゆっくりと読んでくださいね♪


この季節はハロウィンですよね。
仮装ファッションショーは参加だけでなく見るだけでも良いですよ~

来年は、ぜひご参加を。お待ちしております。


2015年10月17日(Sat) 16:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ