BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPTrick or Treat !!(福山一家&全員集合) ≫ Trick or Treat !! 前半 (3) ※ソフトな性描写あります※

Trick or Treat !! 前半 (3) ※ソフトな性描写あります※

※ソフトな性描写あります※


ダディとヒロの声が遠くで話し合ってるのかな?
小さい声が聞こえてくる。

 「ふう…。なにやら煩いと思ったら、寝言かよ…」
 「ハロウィンの夢か。可愛いよな・・・」
 「可愛いって、博人さんは、私と潤と」
 「そういう事を聞くか?」
 「聞くよ」
 「それよりも、ハロウィンはまだ先だろ」
 「末だよ、今月末。まだ2週間も先の事だ」
 「どうする?」

欲しかったら、自分で言ってくるだろう。
そう思った友明は、博人に言っていた。
 「別にどうもしないよ。ただ、ハロウィンで楽しく美味しい夢を見てるだけの事だ」
 「それもそうだな。寝言が現実になれば嬉しいよな」


全く寝言の煩い事ったら・・・。

バタン…。
と、子供部屋のドアを閉めては友明は博人に食って掛かっていた。
 「言っとくけど、たとえ相手が潤であろうと、可愛いとか」
 「はいはい。そうやって嫉妬されるのは嬉しいが、度を超すと嫌われるぞ」
 「誰に?」
 
ふふっ…。
 「久しぶりにエッチしようか」
そう言いながら、博人は友明の服を脱がしてる。
 「こっちの意見なんて聞こうとは思ってないだろっ」
 「いや、思ってるよ」
 「なら、直ぐにそうやって脱がさないで」

博人は、友を寝室に連れ入っては押し倒してる。
 「ひろっ」
 「静かに」
そう言って、博人は友明の唇に自分のを重ねる。

 「ん、ん、んん……」
 「何日ぶりかな…」
 「ん、分からない…」
 「それなら、今夜は寝させない」
 「うん」

博人の唇は、友の耳元からうなじに、胸元に、腹部にと移っていく。
 「あ、あ、あ、……」


むにゃむにゃ…。
 「Trick or Treat !!」

 「Happy Halloween !」

 「ダディ、僕って最高に幸せだよぉ」
 「良かったな」
 「ダディは?」
 「そんな嬉しそうな表情をしてるジュンを見てるだけで幸せだよ」
 「ありがと~!やっぱり、ダディが一番好きっ!!」


 「あのやろー…。煩くてエッチも出来ないっ」
 「まだ友の呻き声の方が良いな…」
 「ねえ、私の呻き声って、どんな感じなの?」
 「最初は、潤みたいな大声で毎晩だったけれど、最近は大声ではないし毎晩でもないからな」
 「我慢できる代物?」
 「気になるのか?」
 「そりゃ、もちろん」
 「大丈夫だよ。お前は自覚してるから、その分こっちも我慢出来るんだ」
すると、博人さんは布団を頭から被った。
 「だけど、潤のは我慢出来ない。という事で、父親はあいつを起こすか、黙らせるかして静かにさせるんだな」
 「こういう時だけ、私を父親呼びするんだから…」

 「あ、そうだ」
 「なに?」
 「月末のハロウィンするか?」
 「パーティね…。そうだな、仮装して盛り上げるか」

となると、あの連中にも言って参加させるか。
ラーメンとコンピュータとカズキは直ぐに乗ってくるだろうな。
エドも、楽しい事は乗ってくるからな。
で、衣装はジュンヤに任せよう。
あ、でもジュンヤの店ではレンタル出来てたよな。
週末にでも、ジュンヤの店に行ってみよう。
そうだ、マサにも参加させよう。
嫌がるだろうが、そういう時はボス命令とドン命令を併せて命令しようっと。
タカとカズキとワンは、こういう祭りは好きだからな。
ふふっ、楽しみだな~♪

2週間後のハロウィンパーティを想像して、友明は今から楽しみにしていた。
すると、またもや大声が聞こえてくる。

 「Trick or Treat !!! 」

もう我慢出来ないっ。
久しぶりに眠れそうな夜だったしエッチも邪魔された友明は、持ち前の美声を武器に息子に怒鳴っていた。

バタバタバタバタッ・・・。
と廊下を走っては子供部屋のドアを開く。

バンッ!!


 「うるさーい!黙って寝んかっ!」


博人は布団を被っていながらでも、思っていた。
ほんとに潤はお前の子供だな。
テノールの歌い手の子供はハスキーボイスだし、潤も歌わせればイイ線いくだろうな。


今宵も、良い夢を・・・。








☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
あららら・・・。

あの出来事は、ジュンの夢だったのね。
ケーキが潰れたのも夢。

でも、ジュンのダディは楽しい事を考えてるわよ。




※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ