BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP合宿、それは自分への挑戦 ≫ 合宿、それは自分への挑戦 (12)※R18!!抵抗のある方はご遠慮ください※&『夏生の挑戦、其の五』結果は、次回の最終話にて

合宿、それは自分への挑戦 (12)※R18!!抵抗のある方はご遠慮ください※&『夏生の挑戦、其の五』結果は、次回の最終話にて

※R18!!18歳未満&抵抗のある方はご遠慮ください※


翌年の3月中旬。
英さんからメールが着た。
 『長野に戻って来た。一年間は会えないが、受かる事を祈ってるよ』
その文面に思わず、ありがとうと、言っていた。

塾に行くお金なんて無い。
だから、ずっと溜めてきた貯金に手を出しては、受験対策の参考書を数冊買って勉強した。
分からない箇所は、学校の先生に聞きながら。
これは自己投資だ。
そう思いながら、同時に就活もしていく。
もちろん、長野での仕事になる。
3月下旬に開催する二校の合同合宿に参加しながら、俺は午後は会社訪問に会社説明会にと行っていた。
合宿先は、昨年の9月と同じ合宿所だ。
それは、英さんの住んでる家の離れになる。
半年ぶりに英さんとも会え、嬉しかった。

そして、その年のGWにある大会。
それに、俺は賭けていた。
俺は、大会では5本指のソックスを履いている。力の入れ具合が良く、シューズの中では泳がないので、ぴったりとフィットするからだ。
その結果、インハイのシード権を短距離と巾跳びの2種とも取得した。
うしっ!今年もやったぜ!
インハイの結果は、去年より上がった。短距離は6位だったけど、巾跳びは3位。
この成績と来年の1月にあるセンターの成績で、大学が決まる。
留年なんて出来ない。
それよりも、一足早くに入社試験だ。
一社は正社員だが、もう一社はアルバイトから初めて6年後には社員登用となる企業だ。
結果は、アルバイトの方が受かった。
時給1,000円だが、雇用等の保険が付いており、福祉や他の手当ても付く。
これは、就職率の良い我が校にとっては、今後の為にも良かった。
なにしろ、上場企業で、全国にチェーン店を持ってる会社だからだ。
住処は英さんの家だし、家賃は月6万円迄は会社が出してくれる。
アルバイトでも、入社試験を受けて社員登用を希望してる人なら、という限定の人に限るのだが。

これで、心置きなく受験勉強が出来る。
まだ長野に居たので、英さんに一番に言うと喜んでくれた。
 「良かったね。就職おめでとう」
 「でも、アルバイトだよ」
 「うん。でも働き口と住む所は見つかったね。夏生のお蔭で、俺は家賃を決めないといけなくなったじゃないか…」
 「まあ、良いじゃない。元々、俺は月に幾らかを家賃として渡したい、と思っていたんだから」
 「貰おうとは思ってなかったんだけどな…」
俺は、言っていた。
 「あのね、俺はやっと一歩踏み出せたんだ。という気持ちなの」
 「うん」
 「でもね、エッチしたいの…」
 「なつ…」
 「だって、一年振りなんだよ」
 「そうだね。3月の時はキスだけだったからな」


寝室に行き、俺はベッドに横たわった。
 「抱いて」
 「積極的だね」
英さんは、どことなく嬉しそうだ。

英さんの息遣いが聞こえる。
一年振りに温もりを感じる事が出来て、とても嬉しい。
英さんの指が、俺の胸を鷲掴みしては舐めてくる。
 「ん・・、ん・・、ん・・・」

時々、乳首を噛まれる。
 「っ・・・、あ、あ、あ」
 「な・つ、お・・・」

腹や脇腹を吸われては、英さんの手は俺の下半身を触ってる。
 「ん、ん、ん…」

あ、中に入ってくる。
痛みを感じる。
 「あっ…!」
 「ん、一年振りだからな…。力抜いて…」
 「ひ・・、ひか、り・・」
 「うん、ゆっくりで大丈夫だよ」

暫らくすると、英さんの指が中に入ってきては、色々と擦ったり突いてきたりする。
 「っ・・、ぅ、ぅ、ぅ…」

指の本数が増えていく。
 「あぅっ!あ、や・・だ、ぁ、ぁ」
 「ん、ここか」
 「あうっ・!」
その箇所を何度も何度も突かれる。
 「ふ、ふぅ・・」

その内、英さんの塊が俺の中に挿される。
 「あああっ…、ぁ…」
 「ふ、ふぅ…、なつ、お…」
 「んんっ!ん…」
 「はあ、はあ、はあ……」
暫らくすると、定位置に収まったのか英さんの動きは止まった。
 「ひ・・、ひ・か、り」
 「…大丈夫だ、動くぞ」

ベッドが、ぎし、ぎし…っと軋む。
 「んっ、んっ、んっ……」
 「ふ、ふっ、ふっ…」

あ、もう何も考えられない…。
 「アッ・・!あ、あ、あああっ……」
 「ふ、うっ…、 ぐぅっ・・・・・!」

俺の身体に覆い被さってきた英さんの身体は、汗びっしょりだ。
お互いが、お互いの鼓動を聞いてる。
英さんの鼓動は早いが、段々とゆっくりとなっていってる。
 「はあ、はあ、はあ・・・・・」
 「一年振りはキツイな…」
 「うん、せめて3ヶ月に1回はしたいね…」
 「いや、週に1回だろ…」

そう言われ、夏生は恥ずかし気に顔を伏せた。


シャワーを浴びに行くのが面倒なので、そのまま寝る事にした俺は言っていた。
 「英さん…」
 「ん…」
 「俺、頑張るっ」
 「ああ、ラストを掛ける手前だ」
 「いつ掛ければ良い?」
 「12月の期末の成績も大事だ。期末が終わると同時にラストだ。
くれぐれも体調には気を付けて」
 「ありがとう」






☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そうなんですね。
『夏生の挑戦、其の五』
大学受験です。
果たして、その結果はどうなるのか?

その答えは、結果は次回の最終話にて。

そして、今回は1年ぶりのエッチです。
R18!です。
抵抗のある方、ご遠慮ください。





※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ