BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長 ※最終話※

恋人は副会長 ※最終話※

※ソフトR有ります。抵抗ある方はスルーして下さい※


学祭を楽しんで帰宅したそうそう、これだ。
 「弘毅ー…。お前はっ!何百回言わせれば気が済むんだっ。副会長と呼ぶなって…」
 「ごめんなさいっ…」
 「っとにもう…」
 「しかし、驚いたよ。お父ちゃんって、そんなに有名人だったとはね…」
 「俺も驚いたよ。でも納得いった。お父ちゃんが即決で許してくれた理由が分かったよ…」
 「そうなの?」
 「文化祭の処分が無かった理由もな!」
 「処分は、生徒会長になる事だったよっ!」
生徒会メンバーだったのに、会長になるなんて…。


あの後、俺と文雄さんは4人にランチを奢って貰っては名刺も頂いた。
新田敏夫さん、桑田耕平さん、宮田敦さん、元宗裕二さん。
彼等の名刺を写メして送ったら、そんなにも時間が置かずに返信が着た。
お父ちゃんからだ。
 『懐かしい名前が4つ揃ってるな。あいつ等と会ったのか。
医学10人に、経済5人。あと教育5人が居たな…。
メガネも健在みたいだし。次に会う時があれば、よろしく伝えてくれ。』

しかも、追伸にはとんでもない文字が打ってある。
これだ。
 『来年の1月には、お前の弟か妹のどちらかが生まれる。生まれたら、また連絡する。』

えー…、なに17歳も年下の弟か妹?
しかも、アメリカ人?
お父ちゃんとお母ちゃんのばかっ!
グレテやるっ。
まだ一人っ子の方が良い。日本とアメリカだなんて、気軽に行き来出来ない。
弘毅は、まだ生まれてもない弟か妹に腹を立てていた。
両親を取られた、と。

その心情が態度に出ないわけがない。
文雄は、弘毅の一変した態度の理由を知りたくて、色々としていた。
だが、弘毅は親からのメールを見せただけだった。
文雄は、それを見て呟いてる。
 「弟か妹か、どちらかでも生まれるのは良いが…。こう年が離れすぎるのは嫌だよな。
しかも、あっちはアメリカ人か…」
その的確な言葉を言い当てられて、弘毅は悔しかった。
なので、文雄の上に乗っかっては、文雄のスラックスのジッパーを外していく。

 「え…、こ、弘毅?」

焦る文雄を無視して、弘毅は文雄の少し硬くなった塊を、力を込めてギュッと握った。

うっ…。
 「お、俺が何をしたっ…」
 「煩いっ。もう、副会長と呼ぶっ。呼び直さないからねっ」

そう言うと、弘毅は、自分から恋人の身体を求めていた。
日本に戻ってきてから、自分は色々な経験をしてきた。
もう、あっちに戻る事は無いだろう。
俺には、大事な人が居る。

去年の誕生日は、バイクに乗せて貰っては、海で抱かれた。
1年前の今頃は副会長に決別の言葉を言ったのに、言い負かされては、泣かされてしまった。
クリスマスは、副会長は受験生だったし、俺はバイトだった。

そこで、気が付いた。
 「副会長。今年のクリスマ」
 「お前、重いっ」
 「副会長よりは軽いっ」

そう言うと、尻を押さえつけられた。
 「あ、あ、あ、あああっ・・・・」
いつの間にかスラックスを脱がされては、太腿の上に乗っかったままの体勢で突っ込まれていた。
 「ふ、ふか・・、ん・・・」
 「副会長と呼ぶ、と言うのなら、ずっとこのままだからな。動かない」
きっぱりと言われてしまった。
俺は、副会長の背に腕を回しては、その胸に顔を埋めていた。
 「動かなくて良い。このまま抱いていて…、抱きしめて…」



違和感ありありの、副会長呼び。
でも、俺は気にしない。
副会長と呼ぶと、ずっと、このままで居られる。
この温もりを離したくない。
だから、俺はこれからも呼ぶだろう。

 「恋人は、副会長だよ」と。







- 完 -







☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
学祭から帰宅後。
弘毅は文雄からメッ!と、お叱りを受けてますが。

自分から求めていたのに、いつの間にか攻防がいつも通りに。



136話という長い間、お付き合い下さりありがとうございました。
丸々5ヶ月です。

長かった・・・。



※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ