BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(130)※先輩&ユウ登場 part1 ※

恋人は副会長(130)※先輩&ユウ登場 part1 ※

その日、バイトから帰ると、弘毅は文雄に言っていた。
文雄は驚いてる。
 「えっ…。あのふさふさ髪の理事が学園を辞めて、研究所を始めた?」
 「俺も驚いたよ。『性に合ってるんだ』と、言われてたよ。」
 「へー…、そうなんだ」
 「店長もだけど、理事・・、じゃない、所長も白衣姿カッコ良かったな…」

その姿を思い出したのか、弘毅はうっとりとしていた。
その言葉と表情に反応した文雄は詰め寄った。
 「弘毅…」
 「なに?」
 「俺と、その2人。どっちがカッコ良いって?」
 「へ?」
 「どっち?」

ぷっ、あははっ・・・と、笑いながら弘毅は言ってた。
 「もちろん、決まってるでしょ。副会長の」
 「ストップ!」
 「え、なにが?」
 「いい加減に、それやめろっ」
 「それって…」
 「俺は高校卒業して大学生になっては、生徒会も卒業したんだ。いつまでも俺を副会長と言ってると、怒るぞっ」

うーん…、と弘毅は考えていると、俺の鼻の頭をつんつんと突きながら副会長は言ってくる。
 「エッチしてる時だけ名前で呼んでくるんだからな…。これからは、副会長と言う度に無視するからな。覚えとけよ」
 「ええっ。それは嫌だ」
 「なら、名前呼びしろ」
 「が、頑張りますっ」

ふと、思いついた。
 「そうだ、これはどうかな?」
 「何が?」
 「『副会長』という名前にするの」
 「はあ?」
 「名前は?と聞かれると『宮田文雄副会長です』と、答えるんだ。文雄はミドルネームで、ファーストネームは副会長!」
うん、我ながらグッドアイディア!

パンッ! 
 
 「いっ…」
俺の両頬をパチンと叩くと同時に、グリグリとしてくる。
 「今、なんて言った?」
 「ミホルネームファルトファッホヒーフォ」
頬っぺた痛いー。

 「人の名前を勝手に変えるなっ」

やっと、頬っぺたから手を離してくれた。
その頬を擦りながら俺は言ってた。
 「俺の恋人は副会長ですっ」
 「ほー、お前の恋人はマサか?」
 「違うっ!」
即答したせいか、副会長は嬉しそうだ。
 「意地悪なんだから…」

分かってるくせに、でも俺も分かってるんだよな。いつまでも副会長呼びは駄目だと。
名前呼びね、名前呼び。



そうこうしてると、期末テストも終わり七夕祭になった。
今年は西高が主催校だ。
軽音部と吹奏楽部が、時間を貰ってライブをした。
俺は、一生徒として、ゆっくりと見て回っていた。
実行委員会の打ち上げも無事に終わり、もう少しで家に着く。という時に、声を掛けられた。
 「コウキ、お帰り」
 「え、先輩?」
 「帰ってくるのが遅いんだな」
 「七夕祭の片付けとか、打ち上げがあったから」
 「生徒会長ともなると、大変だな」

今頃、何の用事なんだろう。
 「労ってあげるよ。おいで」
 「先輩、俺は好きでもない人に抱かれたくないです」
 「何言ってるの?俺は労ってあげようと思ってるだけだよ」
 「要らないです」
 「コウ・・」
元気な声が聞こえてきた。
 「コウキー。遊びに来たよっ!」
え・・・。

その元気な声の持ち主はユウだった。
 「ユウ?その荷物、なに…」
 「だって、2年生になっても同じクラスではないし、軽音辞めちゃうし…。会うことが無くなって、寂しかったんだよ…。」
 「生徒会長を代わりにやってくれるのなら、軽音は辞めない」
 「それやだっ!兄ちゃん帰ってきたから、コウキも帰ったかな、と思って来たんだ」

今日は、文雄さんは家庭教師のバイトで、帰ってくるのはもう少し遅い。


先輩が、ユウに声を掛けてるのが聞こえてくる。
 「ほー…。誰かと思えば、おチビちゃんか…」
 「うん?ああ、ノッポのヤリチンか…」
 「プレイボーイと、言って欲しいねっ!くそチビッ!」
 「クソを付けるなっ!ヤリチン野郎!」


俺は、この二人のやり取りの間に家に入っては鍵を掛けると、文雄さんにメールをした。
セキュリティカメラから覗き込んでると、まだ言い合ってるみたいだ。

 「俺は、お洒落に生きたいだけだっ!」
 「ヤリチンの、どこがお洒落だ?」
 「だ・か・ら!プレイボーイと言えっ!!」





☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
この1ページで、5月から7月に入りました(はやっw
そして、ここから数話はヤリチン(失礼)の松岡先輩と文雄の弟のユウを交えた話になります。
いわゆる、エピローグ的な第2話目です。

はい!(←なにw
あ、最終話に向けてまっしぐらになります(暴露する



※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ