BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(115)※ in 道場※

恋人は副会長(115)※ in 道場※

3階の談話室に行き、声を掛ける。
 「おはようございます。」
 「おはよー」 「おはようっ」…と、声が返ってくる。
昌平さんも、声を掛ける。
 「おっはよー」
 「あー、昌平さんだっ」 「昌平、生きてたか」 「今度は、どこ行ってたんだ?」とか、返ってくる。

俺は店長の姿を見つけ、副会長の手を引っ張って行った。
 「店長、おはようございます。こちらが、先程電話で話した人です。」
 「おはよう、弘毅君。そう、名前を教えてもらえるかな?」
 「宮田文雄です。」
 「宮田君ね。今日は見学、体験どちらでも良いよ。」
すると、違う声が割って入って来た。
 「店長、おはようございます。ねえ、見学でなく、俺と一勝負してよ。俺、君に1回も勝った試しがないんだ。でも、今はあの頃とは違う。体力も腕力も付いた。どう?文雄君。」

(え、誰?)
先に店長が返した。
 「知り合いか?」
 「はい。小学生の時、少年剣士でした。何回か試合で当たったのですが…。恥ずかしながら一度も勝ったことが無かったんです。それとも、俺の事忘れた?チビ剣士…」
(チビ剣士?)
副会長は、と見ると…。
目を瞠ってる。
 「もう剣道はしてないから…」
 「それは残念。」

俺は、店長に言っていた。
 「あ、そうだ。店長と同じ大学だったんですね、あの理事長。昨日、聞いて驚きました。」
 「理事…、ああ、基典か。あいつも災難だよな。私たち10人の代わりに目を付けられて…。
弘毅、今日はスリー・ポイントの復習からだ。」
 「はい、分かりました。」

 「君は…」
 「弘毅のを見てみたいです。」
 「どうぞ。」

皆の恰好を見てると、どうやら胴着の必要なのは剣道だけで、他は私服でやっている。
弘毅は、荷物を持ったまま4階に向かってる。
コンコンッとノックをしては「おはようございます」と挨拶しながら入って行く。
弘毅の後を付いて、俺も入った。

・・・・・!

横に跳んでかわした。
かわさなかったら、俺は縄で張り倒されていただろう。
 「へえ…。運動神経良いねえ。ルックスは今一だけど…」
その声に、弘毅が応じてる。
 「いきなりは止めてっ。見学者なんだからっ。」
 「弘毅を目掛けていたんだけどねー」
 「おや、そう?残念だったね、ドモン君。」
 「ツチカドだって、言ってるだろっ!わざと間違えるなっ」

 「おい、健(タケル)。高校生相手に本気出すなよな」

 「ツチカド、タケル?ツチカドって…、あの健かっ?」
 「うん…。あんた誰?」
 「ふみ・・、宮田文雄」
 「えっ…。二刀・・」
シーシー・・・。
 「なるほど、運動神経が良いのは納得した。で、片割れは?」
 「居ない。今日は、弘毅のを見に来ただけだ。」
 「弘毅と、どういう関係?」
 「恋人だ。」
 「こっ・・・」
 「副会長ーーーーーーー!!!
まったく、この人は…。学習能力無いんですかっ?人前で、そういう事は言わないで下さいっ。
人前での言動は控えて、謹んでっ!と、あれほど言ってるのに…。」

なのに、副会長はズケズケと言ってくる。
 「言わないと、虫が寄ってくる。」
 「はあ?意味、分からないんですけど…」

違う声が割り込んできた。
 「なるほどね。だから、あの時、助けに入ったのか…」
昌平さんだ。

 「昌平さん、お帰りなさい。何か知ってるの?」
と、健は知りたがってるみたいだ。
昌平さんは、俺に伺いを立ててくる。
 「言っても良い?」
 「はい」と返すと、昌平さんは文化祭での事を話した。


健なんて、笑い乍ら言ってくる。
 「まあ、文ちゃんって男らしーっ」

文ちゃんって…。
でも、副会長は言い張っていた。
 「目の前で、自分の恋人を7階の上から突き落とされるのを見てみろ。どう思う?」
健は、即答していた。
 「まあ、知らされていなかったらパニクるよな」
だけど、他の皆も同じことを言っていた。
 「いや、知らされていてもパニクるだろう。」


はいはい、どうせ俺のせいですよ…。





☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、道場でのやり取り。
はい、弘毅のバイト先である店長が道場主です。

そして、文雄は・・・。
ここ、道場でもカミングしてしまった。



※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ



 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

いつでもどこでも。
編集
だって宣言しておかないとー。
蓼(たで)食う虫も 好きずき、って言うじゃありませんか(ププッ)。

いや別に弘毅が’蓼’じゃないんですけど。

防虫対策はしておくに限る!
あり? その為に付いて来たの?? けど文雄さん、メタボ解消にはイイかもー(あ、聞こえたらヤバ)。
2015年08月19日(Wed) 16:17
Re: いつでもどこでも。
編集
 「ますみさん。
防虫対策もそうだけど、恋人としては色々とあるんですよ。
自分の事は喋ろうとはしない恋人。
しかも、誰彼と抱きしめられてはキスまでされてもキョトンとしてたし…。
挙句の果てには、あのインテリ理事に体調不調を知られても、俺には教えてくれなかった…。

えーえー、本当に思うところがたくさんあるのですよ。
だから、道場へ付いて行ったの。お分かりですか?」


はは・・・(;´∀`)
文雄に先に言われてしまいました(-_-;)
いわゆる、嫉妬とヤキモチですね・・……(-。-) ボソッ

文雄に怒られる前に、逃げとこう((((((^_^;)ニゲヨッ


2015年08月21日(Fri) 09:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ