BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(105)※そして、文化祭の〆曲※

恋人は副会長(105)※そして、文化祭の〆曲※

副会長が割り込んでくる。
 「ほら、どけっ」
 「いやだっ」
 「お前に弾けるわけないだろ」
 「人を信じようとしない奴には弾かせないっ」
 「こんな気持ちのままでは弾けないって言ってたのは誰だ?」

高田先輩の呆れ声がマイクを通して聞こえてくる。
 「ほらほら、そこのピアノ2人。いい加減にして欲しいね。
弾きながら文句を言いあうなんて…。ったく、余裕だねぇ」

その言葉に笑いが起きる。
俺も、少し笑ってしまった。
そのおかげで、観客席の方を見てしまった。
とたんに、声が。
 「キャー!コウキと目が合ったっ!」
 「こっち向いた!」
 「コウキー!頑張ってー」
 「明日行くからっ。お休みしないでねっ!」

うわぁ…、あの連中、来てたのね…。
俺は、呟いていた。
副会長も呟いてくる。
ムカつく…。バイト辞めさせてやるっ…。

(誰が辞めるもんか。あそこでバイトする様になって身体能力も開花されていってるんだ。
バイト料もいいし、楽しいのが一番なんだ。)
そう思い、気付いた。
そうだ、昼間も楽しいと思って、この連中と一緒に演ったんだ。
俺が名付けたんだ『ブラック』って。
そう、今、この場で音を出してるのは昼間、俺と一緒に演ってくれた連中だ。
もう1曲、あれを演らせてもらおう。
仕方ないので、この3曲目は副会長に弾かせては、俺は司会に頼みに行った。
司会は、快く「OK」を出してくれた。

3曲目も終わり、今度は〆の曲になる。
司会がマイクを通し、言ってきた。
 「皆様、もう1曲、このメンバーでの演奏をさせて下さい。
『ブラック』としての、初披露の曲です。
それでは、ブラックの皆様、よろしくお願いしますっ!」

オオオォォォー!!

男の太い声が響いてくる。
高田先輩が誰かに聞いてるみたいだ。
 「ブラックって何?」

ダダダダッ・・・・と、残りのメンバーが上がってきた。
俺は、ボーカルの賢司さんに声を掛けた。
 「賢司さん、よろしくっ」
 「オーライッ!皆も、よろしくっ」
 「OK!!」

新しいマイクを手渡してもらっては、賢司さんは嬉しそうだ。
 「文化祭最終日の今日。『ブラック』として発足しました。
その『ブラック』のリーダーは、名付け親でもある、ピアノのコウキ!です。
私、ケンジはボーカルです。
そして、ダンサーもいますよ。皆さん、1曲だけですが、お時間頂戴します。
いくぞっ!」

 「 All right ‼ 」

ドラムのソロから始まった、ロックの曲が。
ダンサーとして踊っている3人は、楽しそうだ。
誰も、彼らが不良だとは知らない。楽しそうに見ては一緒に身体を動かしている。

高田先輩と副会長は睨んでるが、関会長は楽しそうにしている。
向井先輩は驚いてるが、副部長が何かを言ってるようだ。
俺は、この後たっぷりと絞られるだろうな。

賢司さんの声がする。
 「聴いていただき、ありがとうございました。」
続けて、司会の声がする。
 「それでは、生徒会役員の、あの曲で終わりだー!」

オオオォォォー!!


でも、このタップのイントロは向井先輩ではない。泰之さんだ。
 「おら、弘毅、ピアノやれよっ」
 「あ、は・・はい」
 「ギター、掻き鳴らせっ」
ギュギューンッ・・・・・・。

え、このリフって、凄くカッコいい。

え、副会長、何て言ったの?
高田先輩の声がする。
 「なんで・・・、マサ?」
 「一緒に演りたくて」
宮田の声がした。

高田先輩は、その一言で最高に良い表情になり、歌いだした。
 「皆、い・く・ぜー!!!」

 「 オオオオォォォォォォ-!!」


sing_song.jpg


俺の背中に突き刺さってくる視線の持ち主は、何を思ってるのだろう。
もちろん、ソロでの歌も歌った…。
楽器での演奏の方はまだ良いのだけど、歌うのは超恥ずかしかったぁ~…。

そして、5分後。
〆曲も終わった。




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
ピアノを弾きながらの、文雄と弘毅の弾き手交換のやり取り。
結果は文雄の勝利だが・・・。

そこは弘毅。
転んでも直ぐに起きてくるw

そして、弘毅が名付けた『ブラック』が、公にデビューする。
〆曲は、その『ブラック』の連中が演奏をしては、テルが歌う。
恋人であるマサのギターと並んで。


※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ



 
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ