BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長 (77)※病院で別れ話…※

恋人は副会長 (77)※病院で別れ話…※

それから直ぐに、病院へ連れて行かれた。
背中に付けられたタバコの焦げ跡、顔や口の中や、尻の中に放たれた5人のモノ。
それらを洗われ、胴体に付けられた無数の痣、キスマークは直ぐには消えない。
その夜は、病院で検査入院をすることになった。
先生は、俺の家に電話をすると言ってたが、俺は「自分で言うから、まだ言わないで欲しい」と、お願いした。
翌日の午前中、高田先輩が病院に来た。
ユウはだんまりを通してるので、俺に話を聞きに来たらしい。
警察に話したことと同じ事を高田先輩にも話した。
でも、まだ納得してないみたいだ。

夕食後も、誰かがノックしては入って来た。
俺は、(また刑事かよ。いい加減にしてくれ)と思っては無視していた。
でも、入って来た人物は刑事ではなかった。
 「コウキ…」
え…、この声、副会長?
一番会いたくて、一番声を聞きたくて、今、…一番会いたくない人。

横向きになっていた俺は、背中から抱きしめられている。
久しぶりに感じる、この温もり。
副会長の声が聞こえる。
 「コウキ。テルとマサから聞いて、驚いたよ。でも、俺はコウキから聞きたい。
何があったのか、教えて?」
 「ユウは、どうしてますか?」
 「あいつは何も言わない。」
 「なんで…、なんで俺なのか。それを知りたい…」
 「うん」

刑事や高田先輩に話した事を話した。
でも、これだけは言っておかないと、そう思ってもう一度話し出した。
 「俺は…、5人の男に犯された。麻薬なんて知らない。
俺は媚薬を飲まされたんだって。口の中と尻の中に入れられたモノは、錠剤の媚薬だって。
ごめんなさい。俺は、他の男の身体をも受け入れてしまった。最悪な形で…。
迷惑かけたくないし、邪魔もしたくない。だから…、別れましょう」

 「コウキ。俺の顔を見て言ってくれる?」
首を横に振り、鼻水をずるずる言わせていた。こんな泣き顔を見せたくないし、見られたくない。
副会長の腕は、緩むことが無かった。
本当なら、お帰りなさいと言っては抱き付きたい。
俺は背中に感じる副会長の温もりと、俺の身体を抱きしめてくれてる両腕の感触を、ありがたいと思っていた。
その腕を持ち上げては、頬ずりをしていた。
 「コウキ…」
本当なら、もっと抱きしめられたい。もっと温もりを感じていたい。
だけど、俺は言っていた。
 「…短い間だったけど、楽しかったです。」
そう言って、俺は抱きしめてくれてる腕を解いた。
副会長の声がする。
 「俺の方を見て」
俺は首を横に振った。
すると、強めの声で名前を呼んできた。
 「コウキッ」
もう一度、首を横に振った。

 「顔を見せろ!」
くるっと、身体を180度返された。
でも、俺は布団で顔を隠した。が、布団を引き剥がしてくれる。
 「や、やだっ…」
そう言って、俺は枕に顔を押し付けては、枕を抱きしめた。

副会長が溜息をついたのが分かった。
 「それなら、俺の質問に答えろ。どうしてユウを『チビ』」だと言った?」
 「それは…、他に、何て言えば良いのか、思いつかなかったから」
 「なんで?」
 「だって、名前で言えば、あいつ等に名前と顔を覚えられる。俺は、嫌われても良い。そう思ったから、チビだと言ったんだ。ユウは、チビだと言われる事が嫌いなのは知ってたから。
すぐ逃げると…、そう思ってたのに…。中々逃げなくて、チビチビと連呼すれば、怒って行くだろうと、思って…。やっと逃げてくれた・・・。」

俺は泣きながらでも、一気に喋っていた。
 「あいつ等は、俺の名前と顔を覚えた。釈放されると、直ぐに俺を探すだろう。
俺は、もうユウとは遊ばない。俺と一緒に居ると、ユウまで、こんな目に遭う。
こんなのは、俺だけでいい…。
明日、退院したら荷物を取りに行きます。その時が最後です。
もう話したくない…。」

副会長は、一言だけだった。
 「分かった…」
そう言って、俺の前髪を掻きあげて額をだそうとしてるみたいだ。
やだっ…。泣き顔見られるじゃないかっ…。
枕に顔を押し付けては、枕を抱いていた。
暫らくの間、何もしてこないので安心していた。
すると、唇に何かが触れてる感覚がある。これは、枕カバーとは違う。
思わず目を開けてしまった。
え…!

目の前には、意志の強い黒い瞳が、俺を見ていた。
この目は、あの日、俺に告ってきた目と同じ目だ。
俺は、また泣き出していた。
そんな俺に、副会長は唇を離しては、優しく頭を叩いてくれる。
 「本当に、お前は泣き虫の笑い虫だよな…」

その言葉に、俺は、こう返していた。
 「病院のベッドは狭いんだから、入ってこないで…」





☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
検査入院することになったコウキ。

刑事とか、警察関係者からの訪問は、誰でも快く思わないもの。
コウキも例外ではない、という事ですね。
そうしてると、文雄が見舞いを兼ねて病院へ来た。



※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ