BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(76)

恋人は副会長(76)

気が付くと、檻の中に居た。
遠くから、何か聞こえてくる。暫らく経つと、複数の足音が近付いてくる。

 「コウキ。お前には別の仕事をやるっ。」
そう言われ、俺は檻の中から出され銃を右側頭部に押し付けられた。
 「それ以上、近寄るなっ!」

見ると、警察官らしき服を着た人が大勢居た。
 「コウキ。貴様は、こいつらを足止めさせろっ」
そいつは俺の尻を蹴り、前に突き出すと同時に、反対方向に走って行った。

 「させるかっ!」
黒の服を着た人が、そいつにタックルを掛けては手刀を決めては倒した。
(もしかして二刀流の人?いや、でもアイマスクを付けてない。)
そう思ってると、声が聞こえた。
 「さすが悟!さすが文武両道の奴!さすが左腕!」
 「お前の左腕ではない。」

悟と呼ばれた人は、俺に近付いてきた。
 「この背中は…」
その人は、俺の背中を触っては、何か匂いを嗅いてる。
 「タバコか。亘、病院へ。」

亘と呼ばれた人は、俺に手帳を見せてきた。
(え・・・、刑事?)
 「タバコを押し付けられたのか。タチの悪い悪戯をしやがって…。さ、連絡先を教えて。君の家に電話しよう。」
 「亘。そいつの保護者気取りが側に来てる。」
 「へ…、そうなの?」
 「さっき連絡したから。」
亘は、呟いていた。
相変わらず手際の良い奴だな。さすが左腕。


10分前に連絡を貰った。
どうして俺の番号を知ってるんだ?と、言いたかったが、相手は場所を言っただけで切った。
でも、相手が誰なのかは分かった。
テルは、丁度帰宅してきたマサの父親を駐車場の入口で捕まえては、そのまま運転してもらって迎えに行った。
マサの父親であるコウキの担任は、車中で事の経緯をテルとマサから聞いた。
その場所に着くと、コウキは毛布に包まれていた。
 「その子の担任の宮田学園の宮田です。ご迷惑をお掛けしました。」
 「ああ、担任の先生ですか。犯人は逮捕して、既に留置所へ送り付けました。」
手招きを受け、数歩近寄ると小声で言われた。
背中にタバコを押し付けられてます。早めに病院に行かせる様にして下さい。

悟とか、左腕とか言われた人が、何かの包みを広げて見せてくる。
 「君の服かな?」
 「あ…、はい。そうです。」
 「出来るのなら処分した方が良い。警察に証拠品として献上するのを、お勧めするね。」
 「はい、そうします。お願いします。」
 「亘、これ。」
 「おう。それでは、こちらは証拠品として頂戴致します。」

亘と呼ばれた刑事は、俺の頭を優しく叩いてくる。
 「よく頑張ったな。でも、友人だけでなく、自分も逃げようとする気持ちを忘れるなよ。」
その言葉に、涙が出た。
 「亘、警察が一般人を泣かせてどうする…」
亘は、そっちの方を振り向いて言い返してる。
 「悟こそ。それは、何だ?」
 「人間、腹が減ると涙脆くなる。ほら、これは売れ筋No.1のウサギとカメだ。口開けて。」
そう言われ、思わず口を開けてしまった。
ウサギが、口の中に入った。
 「美味しいっ。クリームだ…」
 「うん、笑ったな。次は、カメだ。」
カメも、入れて貰った。
 「餡子だ…」
朝、食べたっきりだったから、嬉しい。


その人は言ってきた。
 「世の中には、色々な人間が居る。自分とは違う生活を送っている人が殆どだ。苦しんでる人も居れば、楽をして生きてる人も居る。今回は危ない目に遭ったが、これを教訓にするんだな。
それと、もう一つ。
自分にとって一番大切な人や物は、どんなに遠く離れても、どんなに年月が経とうとも、変わらないし、色褪せることもない。
君が、君らしくなりたい。そういう思いで生きていけば、自ずと人は寄って来るものだ。
付き合う人間を選ぶんだな。因みに、私の見解では…、最初に逃がした友人は、君とは合わないのではないか、と見て取れたね。」

 「悟。それは、あの男の事か?」
 「当たり前だ。私にとっては一番大切な人だ。お前には一生掛かっても分からんだろうよ。」
 「分かりたいとは思わないね。でも、あいつの頑張り様にはマジで敬服してるよ。」


それを聞いていた担任は、声に出していた。
 「まさか、悟って…、『御』の・・・」
その声に対し、悟は人差し指を唇に当てた。

コウキは、何のことか分からなかった。
 「先生?」
担任は、悟と呼ばれてる人に向かって声を掛けた。
 「私は、宮田学園の宮田一成(みやた かずなり)と申します。
あの方に、宜しくお伝えください。今回は、助けて頂き、ありがとうございました。」



宮田学園の、宮田一成。
その名前を聞いた悟は驚いた。
それは、宮田家の本宅の、唯一の跡取りである人物の名前だからだ。
それ以外の男は、皆が皆、婿養子だ。

そして、アレが選ぶだろう主の名前でもある。




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、無事に保護されたコウキ。
助けてくれたのは、黒服の上下に身を包んだ男性。
でも、アイマスクをしてないので、あの人とは違う。
そう、助けてくれた人は、和菓子屋の店長。


※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ