BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(68)※R18!18歳未満&抵抗のある方はスルーして下さい※

恋人は副会長(68)※R18!18歳未満&抵抗のある方はスルーして下さい※

※R18!性描写有ります。抵抗のある方はスルーして下さい※


副会長は、この夏休みは土曜日を除いた残りの日は、朝から夕方までは塾だ。

俺は、ユウと一緒に出掛けては夏休みを満喫していた。
宮田は、高田先輩と一緒に出掛けてる。
先生は、学校だ。

そして、8月。
中旬の10日間は、受験の夏季講座の一環として、集中合宿がある。
副会長は、それに参加するらしい。
その前夜、「やり溜め」と称して、エッチをしあっていた。
 「ん…、ん…」
 「最近はユウと仲が良いんだな」
 「だって、色々と連れて行ってくれるから…、あぅ…、そっ、そこ…」
 「俺だって、エスカレーターだったら、バイクに乗せてやるのに」

 「ん……、あっ、ああっ…」
 「コウ・・キ…」

副会長のモノが、俺の中に入ってくる。
ジワジワ…と。
 「う…、ふ・・ふ…・・・」
 「コウ…、キ… 」
 「ァ!…」

身体が熱い、反応する。
 「ふ…、ふ…、ん……」
 「力抜いて…」

そう言われても、こればかりは…。
初めての時も、こうだった。
こんな異物感は、初めての経験であって「力抜いて」と言われても、分からなかった。
慣れればすんなりといくのだろうけど、まだ慣れない。
それでも、自分の身体の緊張が緩むと、俺の中も力が抜ける。
緩んで力が抜けると、すかさず副会長の一物が、俺の中を擦りながら入ってくる。
 「ん…、んんん……」
 「コウキ…」

こういう時の副会長の声は、色っぽい。
しっかりと奥まで入ったのだろう。
少し待つと声がした。
 「動くぞ」

そう言って、副会長の一物は、俺の身体の中を行ったり来たり…。
時々、横に逸れては俺は声を出してしまう。
 「う……、う… だ…め・・やっ・・! 」
 「コウキ…」

段々と早く、勢いよく、俺の中を動き回る。
 「あ…、あ…」
 「こ…、う…」
 「あ…、だ・め…」
 「ふ……」
 「あぅっ…、ぅ…・」
 「コウキ…」
 「ふ・・み……」

 「コウ… イクッ…」

俺のは、勝手に溢れ出てるし…。
 「あ…、くそっ、中出し、したいっ…」


中出し。
言葉通り、俺の身体の中に出す事。
もっと幸せを感じれるかもしれない。
そう思うと、勝手に締めていた。
副会長の声が、苦しそうだ。
 「くぅっ… 締めるなっ」

先に俺がギブアップした。
 「あ・・・、あああっ!」
身体が仰け反り、肩で息をする。
はあ…、はあ…、はあ……。

副会長も…
 「くっ…」


俺の中に、副会長のが放たれた。
 「あ… 幸せだ…」

 「ん… 気持ちいい…」





☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
夏休みを宮田家で満喫しているコウキ。
リア充ですね・・……(-。-) ボソッ

性描写有ります。
抵抗のある方、18歳未満の方はスルーしてください。


※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ