BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(66)※最終演目は、この曲♪※

恋人は副会長(66)※最終演目は、この曲♪※

生徒会とのコラボとは、七夕祭の最終イベントだ。
軽音部の3グループ目のライブが終わり、関会長が入る。
その関会長のエレキのソロで、コラボの時間は始まる。

リフが凄い。
カッコイイ~♪
しかも、その後のドラムも。向井先輩もカッコイイ!

なんて余裕ぶっこいてる暇もなく、俺の番だ。
打ち合わせ通り、ノリノリの感じの曲をアドリブで弾く。
イントロの間、生徒会長である関会長の声が、マイクを通して話をしていく。
 「さあて、皆様。今回の七夕祭も、終わりに近づいています。」

ドドッドーン……、ドドッドーン…、ドドッドーン・・。

ドラムの音が激しくなる。
ドドドドーン……、ドドドドーン……、ドドドドーン…、ドドドドドドドドッ、ドドドドドドドドッ!

関会長もエレキを弾きながら、弾き語りよろしくMCをしている。
 「それでは、我が宮田学園、付属男子高校のボーカルの登場です。」

ドドッドーン…(シャラララッ)、ドドッドーン…(シャラララッ)……。

 「ボーカル、テルー!」
と叫ぶと同時に、この最後の曲の、本来のイントロが始まった。

オオオォォォー!!
キャーーーッ!!

声援が凄いっ…。
まだ、さっきのライブの声援の方が可愛くて静かだった。
それに、これはカボチャとか庭の石とかの世界ではない。
どう思えばいいんだ…。

高田先輩は学ランを羽織っているみたいだ。
マントみたいに見えるが、俺はピアノにかじりついていて、他の事には目もくれず状態だった。
そりゃそうだよ、俺以外のメンバーは、何回も演ってるんだから余裕だよな。
副会長が、俺の後ろにいる事にも気付いてなかった。

いきなり高音が聞こえた、と思ったら自分とは違う手が鍵盤に触れていた。
後ろを振り向くと、副会長だった。
あれれ?
後ろから俺を包み込んでくる様な感じで、副会長はピアノを弾いてる。
優しい声が聞こえてくる。
 「コウキ、走り過ぎ…」
え?
 「タップだからって、さっきみたいなハードロックっぽいタップは、流石のテルも歌えないよ。」
ほら、落ち着いて…。

少し弾いて貰っては、キリの良い所で交代しては、最後まで弾き終えた。

ソロのアドリブ歌の時は、副会長はリズムに合わせて歌っては、最後の〆の部分も副会長だった。
 (作詞、作曲、編曲:あさみ&宮田雅文)
sing_song.jpg


そして、閉会式。
 「今年の七夕祭も、無事に終える事が出来ました。
皆さん、楽しんでもらえたでしょうか?」

キャーー!!
オオオオォォォォォォ-!!

 「楽しんで頂けたようで、嬉しいです。
では、来年の七夕祭は、隣の西高校です。
西高校の皆さん。来年、よろしくお願い致します。

宮田学園付属男子高校 七夕祭担当の、生徒会副会長、宮田でした。」

一礼して、最後に、もう一言。
 「みんな、お疲れ様でしたー!」




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、いよいよクライマックスの生徒会コラボ!!
果たして、コウキは無事に弾き終えるのか?

そして、3月に書いたホワイトディスペシャルSSにも出てきました、あの歌詞。
タップに乗せて歌っていた、あの歌詞ですね。
あれのオリジナルを、アップしております。
もちろん、この歌詞を考えついたのは私。
著作権は放棄しておりません。
あ、そうそうそうそう…。忘れてはならない、このお方。宮田雅文君のオリジです。でないと、話がおかしくなる(-_-;)


※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ