BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(64)※七夕祭~※

恋人は副会長(64)※七夕祭~※

いよいよ、土曜日だ。
わくわくの、七夕祭の日だ。
男子校に女子高生が入ってくる。
この3月までは共学だったから、久しぶりに女子を見る。
学校の食堂と料理クラブの部室は、午前から大賑わいだ。
家庭科クラブでは女子受けのするネックレスやペンダントを始め、手作りのアクセサリーを売ってる。
他、2校の料理クラブでは、クッキーだったり、パンだったり、手作り弁当を売ってる。

イベントの時間になると、ホールや体育館が賑わう。
最初は吹奏楽だ。
3校同時の一斉合奏から始まり、各学校とも30分間の演奏を楽しませてくれる。

そして、主催校である俺達の学校の軽音部のライブが始まる。
カナタをボーカルとしたグループだ。
ノリノリのロックを歌いきったカナタは嬉しそうだ。
俺は、7人の名前を書いた横断幕を持っては、応援していた。
裏で待ってると、7人が出てきたので俺は声を掛けた。
 「お疲れ様でした。」
 「ありがとう。」と返してくれた7人の目は、キラキラとしている。
その中の1人であるユウに、俺は声を掛けた。
 「ユウ。昼飯行こう。」
 「え…」
 「一緒に、と思ってたんだ。あ、食べに行く予定があるのなら、その人と」
 「ううん、ないよ。行こっ!」
ユウの嬉しそうな顔を見ると、可愛く見えてしまった。

昼飯も食べ終えては、昼の13時半からは、他の2校の軽音部のライブだ。
吹奏楽も良かったが、軽音部のライブも良かった。

そして、いよいよ大詰め。
15時からは、アツヒコグループのライブだ。

なんか緊張してきた。
15時半になると、生徒会役員も、やってきた。
15時55分からは、3グループ目による七夕祭最後のライブ。
宮田副会長が声を掛けてくる。
 「総会と同じつもりでやると良い。」
 「総会より、規模大きいですっ。」
 「なら、掌に『人』の字を3回書いて、そ」
 「そんなので緊張は解けませんっ」
ましてや、皆は2年生で、俺だけ1年生…。

松岡先輩が声を掛けてきた。
 「コウキ、緊張しないまじないをしてあげよう。」
 「もしかして、『人』の字、3回?」
 「あら、ばれちゃった?」
 「そんなのでは、効果ないですよ。」
うーん…と考えていたが、暫くして先輩は手招きしてきた。
 「え、なんですか?」
 「他にもあるよ。」
 「どんなのですか?」
 「ん、俺の心臓」
は?何言ってんだ、この人…。
 「心臓って…」
 「抱きしめてあげるから、俺の心臓の音を聞くと安心できるよ。」

それを聞いて安心した。
 「ああ、そういう意味ね。びっくりした…。」
 「そうだよ。何だと思ったんだい?」


すると、俺と松岡先輩の真ん中辺りに、高田先輩が現れた。
 「コウキ。音出ししようっ!」
 「うわっ…。高田先輩?」
 「生徒会とのコラボのヤツね。フミオは実行委員だから、丸々一曲弾いて貰うからな。」

ふむ…、音出しすると少しは緊張も解けるかな。
そう思い、俺は返した。
 「良いですね。そしたら緊張解れるかも…」
 「え、なに…緊張してるの?」
 「してますよぉ…」
すると、いきなり抱きつかれた。
 「なっ…、高・・」
 「こうやって、ぎゅっ…と抱きしめられてると、安心できるでしょ。」
出来るけど、背中が…なにやら視線が一杯、突き刺さってくる感じがする。

副会長の声が聞こえた。
 「テル、お前何やってるんだっ」
 「可愛い後輩の緊張を解してあげてるの」

松岡先輩の声もする。
 「なに余計な事を…。俺が、それをしようと思ってたのにっ」
 「おや、そう?コウキって、細いね。今夜は、俺ん家、おいで。」
 「え、高田先輩の家?」
 「うん。たらふく食わせてあげるよ。」
にこにこしながら言ってくる高田先輩には他意は見受けられなかった。




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
そして、今回は嬉し楽しの七夕祭。
男子校に女子校生がやってくるっ!!

だが、コウキにはプレッシャーがヒシヒシ・・・
(_ _,)ゞ アタマイター


※※※

ランキングに参加してます。↓↓ポチッと押してね

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ