BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(58)※勝者は次兄!※

恋人は副会長(58)※勝者は次兄!※

 「ほら、寝るぞ。」
副会長が俺を引っ張って行くのだが、本当に良いのか?
 「コウキ?」
 「あ、はい。荷物、持って行きます」
それもそうか…と呟いて副会長は、俺のスーツケースを持って下りて行く。
俺はボストンバッグを肩に担いで、その場に居る皆に挨拶をした。
 「お、おやすみなさい…」
3人の声が重なる。
 「おやすみ。」

地階に下りると、副会長がドアを開けてくれてるので、部屋に入り、俺がドアを閉める。
 「ここが俺の部屋。で、お前はどっちが良い?」
 「どっちって…」
 「ベッドのある部屋。ここと、もう一部屋ある。」
 「もう一部屋の方が良いです。」
即答かよ…、と副会長の呟きが聞こえる。
副会長の後を付いて行っては、もう一部屋のベッドルームへ。
あまり使ってないから掃除しないと、と声が聞こえるので、俺は言った。
 「自分で掃除します。」
 「自分の部屋は壊さんぞ。」
 「そう言う意味ではないですよ。ただ、1ヶ月半暮らすのなら宛がわれた部屋は自分でしようと、そう思っただけです。」
 「それなら…」と言っては、掃除用具一式あるから、と場所を教えてくれた。
そして、ついでに…と前置きして言ってくれた。
 「このドアは風呂で、その隣はトイレだ。」

え、地下に風呂とトイレ?
思わず聞いていた。
 「もしかして、部屋ごとに付いてる?」
とんでもない言葉が返ってきた。
 「1階は風呂とトイレは付いてるけど、2階には付いてない。3階はマサの部屋で、風呂とトイレは付いてるよ。」
 「3階?」
俺の顔を見て、思ったことが分かったのだろう。副会長は言ってくる。
 「地下は、スタジオ作りの為に作られたスペースだ。その時に、シャワーとトイレが付いてあると便利だと思ったのだろう。その時に作られたんだよ。だから、使ってない部屋が3部屋ある。」
 「広っ!」
 「3階はベランダ付きだから、マサだけの部屋なんだ。俺のと同じ位の部屋数だ。」
 「ちなみに、2階は?」
 「ユウの部屋とお父ちゃんの部屋と書斎と、コレクションルーム。コレクションルームと言っても、図書館並みの量の本を置いてるだけだ。」
 「学校の先生だから、本は必要ですよね。」
 「絵本とか童話とか…。楽譜も置いてる。」

楽譜、という言葉に惹かれた。
 「見てみたい。あ、見せて頂けるのなら、ですけど…。」
 「行って見るか?」
 「あ、でも掃除を先にします。」
 「手つ」
 「結構です。」

あっ、やばっ…。
 「掃除は自分でします。その代り、新しいシーツとかカバー等を一式、持って来てもらえますか?どこにあるのか分からないので…。」

 「分かった…。」
 「副会長、あの…きつい言い方してごめんなさい。」
ポンポンと頭を優しく叩いてくれる。
やっぱり弟の様に見られてる。そう思うと悲しくて悔しくて、俺は背伸びしては副会長の…、恋人の頬に唇を当てた。

副会長はビックリしたみたいだ。
一瞬、目を瞠っては、その後、俺を抱きしめてくれた。
 「初めてだね。コウキからしてくれるのは…」
 「だって、さっきの様な言い方して、嫌な気持ちにさせたくない」
それに、俺だってキスしたい時もある。

その呟きが聞こえたのか、副会長は優しく言ってくる。
 「そうだね。俺としては嬉しいよ。でも、言わせてもらうけど、唇の方が良かったな。」
(くっ…、唇って…)
でも、俺は返していた。
 「っ、次は・・そっちの方に、します…」
 「よろしく」

 「あの、さっきは…きつい言い方して、ごめんなさい。」
 「ユウも、コウキみたいに素直なら良かったのにな…」

そう言って、副会長は俺の顎に手を掛け、少し上向かせてくれる。
キスされる。
そう思ったので、俺は目を閉じた。

すぐに、副会長の唇が重なってきた。




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
やっぱり、副会長の部屋で寝泊まりすることに。
嬉しいのだけど、恥ずかしさもあるコウキ。

リニューアルも、一応は終わりました。
ご報告まで。

※※※

ランキングに参加してます。ポチッと押してくださると嬉しいです↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL)ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ