BL風味の小説

BL風味のオリジナル小説です。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP恋人は副会長(宮田文雄&松井弘毅) ≫ 恋人は副会長(53)※弘毅の母&ユウの絡み※

恋人は副会長(53)※弘毅の母&ユウの絡み※

※ユウ&弘毅の母 視点※


その男の子は、ハルカに良く似ている。
まるで、初めて会った頃のハルカにそっくりでビックリした。
その男の子が声を掛けてきた。
 「あ、あの…、コウキのお母さんですよね?」
 「え…」
お父ちゃんが、口を挟んできた。
 「ユウ。お前知ってるのか?」
 「中学の頃、週2の割合で、家に遊びに行ってたから。」
すると、その女性は驚きの表情から、納得顔になった。
 「ああ…、あの可愛くて利発そうな子ね。」
 「か、可愛くは無いです。」
その人は微笑んでる。
 「高校生ともなると、大人びてくるのね。弘毅とは大違い…」
なんて返せばいいのか分からず、一言だけにした。
 「あ、ありがとうございます。」

ハッと気が付き、俺は言った。
 「あの、お茶を淹れてきます。クッキーを焼いたので、それも持ってきますね。」
そう言ってキッチンに向かった俺に、お父ちゃんの声が聞こえてくる。
 「ユウ。俺は要らないから、2人分な。」
 「はーい」と返事をして、2人分のお茶とクッキーを用意してはリビングに持って来た。

 「どうぞ。」
 「ありがとう。」と言って、遠慮なくクッキーを口にするコウキの母親。
ん、美味しい。と呟きが聞こえてくる。
そう言ってくれると、俺も嬉しかった。

 「では、そろそろ連れてきますね。」
と、お父ちゃんが声を掛けてきた。
コウキの母親は、どの様にしてるのか見たいと言っては、地下にある文兄のスタジオに降りて行った。父親も一緒に。



地下には、ピアノだけでなくドラムもあり、ザウターも置かれていた。
 「こちらにどうぞ」と、担任の声が誘ってくる。
入り口から入ると、音の洪水が、耳に入ってくる。

ああ、気持ちよさそうな歌声。この声の持ち主は、歌うのが凄く好きなんだ、という感じを受ける。
このギターも。とても低音がしっかりと響いては、重厚感を醸し出してる。
『ロック魂』というのを感じる。
ドラムも、リズム感が安定しており、時々アドリブっぽい音を入れてるのが分かる。
どっしりと地に足を付けては、他の楽器の音を殺すことはしない。
電子ピアノは、他の楽器とは違い、音が飛んだりミスったりしている。不安定なのは弘毅が弾いてるのね。

そして、弘毅が副会長と呼んでた男の声が、弘毅に的確なアドバイスをしてる。
 「ピアニスト交代」という言葉が聞こえてきた。
誰と交代したのだろうと思い、小窓から見てると、副会長と呼ばれてる男だ。
その人が出す音は、安定感がある。ロックやパンク系の音なのに、心地よい音だ。

そして、もう1曲。
 「〆の、いくぜー!」という元気のいい声。
すかさず、別の声も聞こえてきた。
 「コウキ。指は止めるなっ。ソロの所、リズムに乗ってればシンプルでも良いんだからなっ。」
 「はいっ!」

 「テル。本番のつもりで歌え。遠慮するなっ!」
 「OK!」

 「マサ。お前も遠慮するなっ!」
 「OK!」

 「シュータ。ラストまで気を抜くなっ。例の16拍、決めろっ!」
 「うしっ!」


先ほどとは違い、ボーカルの声が凄く響いてくる。
なに、この子。高校生とは思えない、この声量に迫力。
この歌声だけでも、ゾクゾクしてくる。

ギターの音も、先ほどとは違う。ギターを変えたみたいだ。
ドラムは、本当に安定している。
バンドを組んで一番大事なのは、ドラムとベースの低音だ。
ベースの音は無いが、まるでベースの音も聞こえてきそうだ。
そして、ピアノ。
まだまだ不安定だけど、他の楽器がフォローしてくれてる感がある。
今までは、ずっとソロだったから精神的な面が出てるのだろう。

そして、各自のアドリブによるソロ演奏に、ソロのアドリブ歌。
そして、ラストのドラムだけの音。
決まったわね。
カッコいい。


ふと見ると、弘毅の母親の隣りで聴いてた男性二人は「オー!」と、小さくガッツしている。




☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
今回は弘毅の母親とユウの絡みの話です。
可愛い、と言われてユウは即答したけど…
やはり、ここは男子の言葉ですね~
(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪


1周年記念SSを書くため、人気キャラ投票を実施しております。
締め切りは、6月5日です。【あと3日】←カウントダウン中w
ご協力お願いします(o*。_。)o







※※※

ランキングに参加してます。ポチッと押してくださると嬉しいです↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL)ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
カテゴリ
ランキング参加してます
↓↓ポチッと押してね にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
Twitter
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ